#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/07/31 視覚的資料? 茶道からキモノ、活版印刷の装飾活字カタログまで

■予報通り日本列島を東から西へと台風の通常ルートを逆行したかと思えば、未だ迷走を続けている台風12号。土曜日は結局お休みをいただくこととなりました。その時間を使って昨日月曜日までに棚上げしていたいくつかの資料の塊を整理できたのですが、復活したPhotoshopはどうも使い勝手がこれまでと違って時間がかかり、結局HPの更新までには至らず。予定より1~2日遅れての更新となりました。

ひとつ大切なお知らせを先に。8月4日(土)は所用のため、18時に閉店させていただきます。何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。

■さて、話は戻って。資料の塊のひとつは、『海』創刊当時の編集長・近藤信行氏が旧蔵していた海外作家とのやりとり=書簡・文書の続きで、主に日本側から発信した文書の控え。先に整理を終えている書簡と突き合わせると、やりとりの内容・経緯が読み解けるものも出てきそうです。但し、近藤氏の文書についてはまだあと少し、特に文学賞に関わるものと見られる一群の整理が残されています。こちらは全体が把握できたところで改めてご紹介できればと思っています。

■そして。残るもうひとつが、江戸後期、茶道を趣味とした人が残した文書で、いわゆる写本に類する一群。「幽素庵」と号する人その他2~3名の筆跡が認められます。
分類してみると大きく『貞要集』巻1~3 (8冊 巻数重複あり)、『伯就翁茶湯間違噺 全』『随筆 秘書』『雑録 秘書』などの読み物、点前に関する作法全般 (和本)、茶室関係文書、茶道具関係資料、免状などその他茶道関係 に分けられます。
茶道については生半可な知識で語ることがこれほど恥ずかしい世界はなく、茶道についてド素人なら写本を解読する知識の持ち合わせもない小店店主、突っ込んで書けることなどひとつもありません。
ただ、このダンボールSサイズ1箱から少々はみ出す量の文書に出てくる図版 - 茶碗・茶杓他茶道具の姿、道具立てのスケッチ、茶室の間取り図と、お手製 ( ! )の起こし絵図まで - が実に丹念に描かれていること、尚かつ うまく描こうとすると出てこなかっただろう素朴な味わいがあり、何とも面白いものであるなあというその一点でもって落札してしまったという次第。とくに間取り図・解説図に弱いもので。これもまた視覚的資料のひとつではあるまいかと言い訳しつつ。
読み物についてはもちろんそのタイトルからして全く知らなかったものばかりですが、序文に「部田横月(=へたのよこつき)」といういかにもな名で序文がある『伯就翁茶湯間違噺』は読めるものならとは思うものの、自動翻訳のクオリティが向上したいま、英語フランス語ドイツ語より難しいのが明治期頃までの我が母国語だったりするものですからええ ……。 


木版によるキモノのデザイン画集とでもいうべきものが『裾野之花』。今回は『春之巻』1冊の入荷です。本来四季=4冊で揃いで扱われたものであり、当巻には奥付が見当たりませんが、キモノのデザイン、木版刷の色調、和綴じ体裁などから見て、明治期につくられたものと見られます。
木版刷の図案集相場はすっかり高止まりの様相を呈しており、仕入れが難しくなる一方の商材のひとつ。端本に至るまで、きちんとした売価がつく時代になった観があります。

■折角Photoshopが復活したのであともう1点。活版印刷の装飾用に販売されていた「花形活字」だけを販売用のカタログにした『花形型録』。大阪と下関に会社を置いていた「青山進行堂活版製造所」の商品カタログです。
「花形活字」とは、「連続して並べたり組み合わせて並べることで、さまざまな表情を作る ことができ」、「アクセントとして単独で使用することもでき」るというもの (嘉瑞工房のサイトより引用)。
今回入荷したカタログはアール・デコの流行初期=明治末~大正初め頃とのものと見られますが、「和」のモチーフをデザイン化したタイプが豊富なのが特徴。ダルマさん、打ち出の小槌、日本髪の鬘、鯉、大入り袋といったところから、三味線を弾く猫、大きな風呂敷包を背負って自転車で急ぐ小僧さんまで、もはや奇想天外。
また、「見出しカット用」「広告用カット」など、複雑なデザインを多数含み、見ていて飽きることがない1冊全150頁となっています。
 






18/07/28 7月28日(土)は台風の影響次第で営業未定・新着品のご案内は週末or週初めに!

■昨日7月27日は市場へと向かう道がやけに涼しく感じられて、ようやく暑さもひと段落かと思いきや、どうやら台風が接近している影響だったようで、その台風というのが、記録が残る1951年以降初めて、本州付近を東から西へ横断する経路をたどると見られており、「台風が通過した後に大雨が降るなど、これまでの経験が通用しない場合がある」と気象庁が注意を呼び掛けている、という状況下、新着情報より明日の店の営業をどうするかが先決ではないか …… というわけで、本日7月28日4日(土)の営業は昼前後の天候次第とさせていただきます。
このため、ご来店をお考えの場合は、小店に向かわれる前に、お電話 03-3400-0327 でご確認いただけますようお願い申し上げます。
また、新着品のご紹介は7月28日(土)または7月30日(月)とさせていただきます。
併せてご了解いただけますようお願い申し上げます。
 日本列島津々浦々、この週末、みなさま、どうかご安全にお過ごし下さい !
尚、画像は古い海外の包帯。それぞれ未使用箱入り。災害除けの御守がわりに。











 

 

18/07/21 1954年 吾妻徳穂アメリカ公演に関する記録ほか

■暑中お見舞い申し上げます。
西日本の豪雨から一転、日本列島隈なく猛暑に見舞われているようですが、みなさまご無事でしょうか。大げさでも何でもなく、安否を尋ねたくなる今夏のこの状況を見るにつけ、1日を大過なく過ごせたことの有難さを思います。
実は今週17日は、体調不良により臨時休業いたしました。早くも夏バテ到来であります。がしかし、一日寝て回復、来週は週3日店番に務めたいと思います。
画像1点目はせめてもの涼をお届できればと、日本茶の商標の入った団扇の木版刷の図案です。
みなさまもどうかくれぐれもご自愛くださいますように ! 

なぜ吾妻徳穂に関するファイルを買ってしまったのか。答えは簡単。武原はんとか井上八千代とかそうした人たちと混同したまま勢いで入札してしまったから、なのでした。
吾妻徳穂が地唄舞のヒトではないと分かっていたら買わなかったのになあー取り返しがつかないよなあーとずしりと持ち重りのするのを持ち帰ってきたのが今週の2点目です。思えばこうした賑々しいファイルの存在自体が、地唄舞的ではなくいかにも「アヅマカブキ」的。
ファイルの内容は、1954年のアメリカ公演への出発時から帰国後まで、渡米に関する私信と書類をまとめたもの。
何しろ吾妻流日本舞踊の家元だけに、高弟による激励の手紙が多いのに閉口しつつも仔細に追っていくと、日本が、戦争によって途絶されていた世界との関係を取り戻すべく活動していた時期ということもあってか、国際文化振興会がロックフェラー夫妻との面会をアレンジしていたり、「アメリカ合衆国のロビイスト」で「日系二世の中では、最も著名な指導者として知られている」マイク・正岡の署名の入ったレターや米重要人物宛ての大映・永田雅一の署名入り英文書類複数他、これを機としてアメリカの中枢と関係を結ぼうとする動きの一端がうかがえます。
また、ラジオシティのマネージャー、そしてロイ・オリヴァー・ディズニーの署名入りレター有力興行師ソル・ヒューロックからの電報ニューヨーク・タイムズの舞踊評論家ジョン・マーティンの署名入りレター等、興行・舞踊関係者の文書が散見される点も興味深いところ。アメリカ滞在中の手紙には、次男・元靖のメッセージが添えられていたり、凱旋帰国の際の祝電には、鏑木清方の名前があったりと、内容的にはそれなりに充実していてひと安心。
一番驚いたのは、帰国後に吾妻が出したアメリカ向けの手紙の控えのなかに、1954年当時、アメリカ副大統領だったリチャード・ニクソンの夫人、そしてホワイトハウスのアイゼンハワー大統領その人宛てのものが残されていること。徳穂も、夫である藤間万三哉もアイゼンハワーの握手が「決して形式的なものではなく、心情溢れるあたたかなものだった」と綴っているのが印象的です。吾妻徳穂、藤間万三哉、アイゼンハワーと握手です。ううむ。
政治的・社会的和解の季節に歌舞音曲が利用されるという点では、いまの北朝鮮のことをちょっと思い出したりもするのでした。 


■このひと月、日本画の下絵を軸装に出そうかどうしようか迷っていたところに出てきたのがこちら表装用の裂地の見本帖 (画像中右端に置いた「国印 笑楽白絣」だけがキモノの生地のサンプル帖)。
『裂地標本』が「松」と「竹」の2点、『表装裂地絹桟見本』が「松」「竹」「梅」に「芳」「佳」の5点。いずれも戦前の古いもので、1点につき12点または24点の生地現物が貼り込まれています。
洒落た地模様を織り込んだシルク地、渋い色の無地の絹布、多彩な縞柄など見ていると、その組み合わせを考えるのはキモノのおしゃれに通じるものがあり、経師屋さんというのは何とも楽しい仕事だろうかと思うのでした。がしかし隣の芝生は多分、とぉーっても青く見えているに違いないのでした。

■店のPCはようやく復旧。来週には、自宅PCのフォトショップも何とか復旧できそうです。それにしても、不具合を抱えて困っているユーザーはどれほどの規模になるのか。にもかかわらず製造元が公に何の情報出していないのというこの状況が何故許されているのか、当国現政府の支持率の高さと並んで とてもとても不思議です。
 




recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...