#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

19/01/25 1920年代パリのモードを伝える女性誌と専門誌と

■松屋銀座で開催された「第35回 銀座 古書の市」も21日に無事打ち上げることができました。会期中はご常連のみなさまから初めての方まで、たくさんの方々にお目にかかることができ、改めて “外に出ていく意味” を噛みしめた6日間でした。前回1回パスしたため、2年ぶりにお目にかかる方たちも多く、がしかし、ゆっくりご挨拶もできないままとなってしまったことを申し訳なく思っております。どうかご海容を賜りますようお詫びかたがたお願い申し上げます。
外売りは年に一度、銀座だけ。残り11ケ月はまた店に戻っての商いとなります。
「古書の市」同様のご愛顧を賜りますように、何卒よろしくお願い申し上げます。

店は本日1月26日(土)より、通常営業 - 火曜・木曜・土曜日の各日12時~20時 - に戻ります。とお知らせし、つい昨日まではそのつもりでいたのですが。そう思っていたのにも関わらず。25日夕方から風邪の諸症状に見舞われておりまして、即売会から戻ってきた商品を片付け、店内を復旧するのに思っていたより時間がかかりそうなこともあって、店の営業再開は1月29日(火)からとさせていただきます。どうか悪しからず、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。
 

■というわけで、通常営業への復帰は、店より当ページの更新が先になりましたが、体調不安を抱えてのこと、駆け足でご紹介できるものを選びました。
画像1点目は1923年~1927年に発行されたフランスの女性誌『Femina』。ご覧の通りアンドレ・マルティ、ルパプなど、旧蔵者は表紙のイラストで集めていたのではないかと思うラインナップです。
この時代のフランスの女性誌と云えば『VOGUE』『Harper's Bazaar』が真っ先に思い起こされるかと思いますが、これら2誌のラグジュアリーには及びませんが、内容を仔細にたどればブジュロン、ルイ・ヴィトン、パキャン、コダック、プジョー、ルノー、ボン・マルシェの広告あり、サカロフ夫人の写真ありと、広告主の顔ぶれと教養主義的内容は、先述の2誌とそう遜色ないようにも思われます。
1920年代の『VOGUE』『Harper's Bazaar』がいつのまにかマーケットから消えていったように、戦前の『Femina』もまた、いまがぎりぎりではないかと思う、久方ぶりの入荷となりました。

画像2点目は女性ファッションという一点に焦点を合わせた出版物。雑誌というよりカタログとか見本帖といった意味合いの強い出版物です。
パリのモードの洋服をクローズアップして紹介した『Les Elegances Parisiennes』はアシェット社の発行。
これまで絶対にあったはずなのに出会えずにきた女性の帽子の専門誌『Les Chapeaux de la Femme Chic』
いずれも1923年の発行で、雑誌=挿画入りテキストの他に未綴じ、手彩色のファッションプレートが入るスタイルも共通。
『Femina』もそうですが、同年代のファッション誌がすでにオフセット印刷だったのに対し、色味を含めた忠実な再現を必要とする専門誌ではまだまだ手彩色=手仕事に頼っていたことが分かります。
今週の2点の画像、女性総合誌とファッション専門誌との対照を見せると同時に、結果として、印刷手法並走の時代ならではの対照をも見せてくれるものとなりました。 

 

19/01/12 2019年、いだてんで始まる!

寒中お見舞い申し上げます。
 
新しい年を迎えてはや十数日。今年は年賀状も例年の三割程度しかお出しできずに放棄(本当に失礼いたしました)、野暮用と所用とであれよあれよと一週間が過ぎ、今週7日からは連日店で即売会の準備作業に明け暮れております。
さて、今年の更新1回目は、その即売会のご案内です。
 
「第35回 銀座古書の市」
2019年1月16日(水)より1月21日(月) 10時~20時(最終日17時閉場)
松屋銀座8階イベントスクエア
 
今年は新しいメンバー2店を迎えた総勢16店が参加。浮世絵・和本から書画・自筆もの、古書と古い印刷物はもちろん、記録写真、スクラップ帖などまで、バラエティに富んだ商品とともにお客様をお迎えいたします。
詳細並びに参加各店の情報については下記の松屋さんのウェブサイトをご覧いただければ幸いです。
http://www.matsuya.com/m_ginza/event/details/20190116_kosho_8es.html
 
若手の古本屋さんたちの活躍目覚ましいユニークな即売会です。
合同目録掲載品だけでなく、会場で販売するために各店が用意している商品などについては、参加店が随時投稿している下記のブログで是非ご覧下さい。
http://ginzakosho.hatenablog.com/
 
もはやロートルの域にある不肖・日月堂も会期中は連日会場で仕事に励む所存。
みなさま是非ご来場のほど、心よりお願い申し上げます! 


この即売会への参加により、店の営業は13日(日)より25日(金)までお休みをいただきます。この間のご連絡は日月堂(佐藤)の携帯電話または会場 03-3567-1211 までお願いいたします。
携帯電話の番号については、店の電話 03-3400-0327 の留守番メッセージでご確認下さい。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
尚、1月26日(土)より、店は通常営業に戻ります。
 
■2019年は小店も「いだてん」で始まりました。NHKと並んだぞ。というのは冗談ですが。流行りもの・有名どころとはとんと縁なくやる気もない小店としては入荷することが珍しい筋。
古い写真アルバム4冊の内、1冊の表紙に手書きで「駅伝」と記された記録写真です。旧蔵者の書き込みに走者の名前があったり、履物が足袋ではなく運動靴だったり、残されている情報を拾って調べてみたところ、駅伝の記録写真は昭和8(1933)年1月7日~8日に行われた「箱根駅伝 第14回大会」に参加した東京文理科大学の選手の健闘ぶりを追いかけたものであること、旧蔵者は駅伝選手と同じ陸上部に所属していた人物であることが分かってきました。
この当時、カメラの性能が動的な対象にも対応できるようになっていたにせよ、がしかし、走るランナーと追うバイク、さらにそれらを追いかけ前に出たり横に並んだり、撮影したカメラ担当者には相当の苦労があったものと思われます。
大河ドラマでの金栗四三の爆走よりひとあしさきに、昭和8年の いだてんたちの力走を、早速松屋銀座の即売会会場にてお目にいれます。
 
次回更新は25日の予定。それまでの間、ひとりでも多くの方にお目にかかれますよう、松屋銀座でお待ちいたしております!
 
 

 

18/12/22 20世紀初めの日本を覗いてみる 双眼写真&ステレオスコープ/短い楽譜も添えられた武満徹署名本

■いやはや何と! 2018年も残すところ10日を切りました。「平成最後」と称されるお正月も目前です。
来週も市場は続きますが、新着品のご案内は年内これで打ち止めとさせていただくかと思います。
なので。先ずは年末年始の営業のご案内を。
年内の営業は来週25日(火)・27日(木)のそれぞれ12時~20時、29日(土)の12時~17時までとさせていただきます。
年明けはイレギュラーながら7日(月)に開店、8日(火)、10日(木)、12日(土)の各日12時より20時で営業いたします。
1月13日からの週は月曜日から松屋銀座で開催される「第35回 銀座 古書の市」の運送・陳列・会期スタートというスケジュールで、実質年明けすぐに即売会体制となります。
ご来店の方にはご不便をおかけいたしますが、店、即売会ともども何卒よろしくお願い申し上げます。

と。ここでようやく今週の新着品のご案内。
1点目は 双眼写真とかステレオ写真、立体写真などと呼ばれる左右に同じ画像がプリントされた写真種51点と、この写真を装填して覗くと、写真が浮き出て立体的に見える非常にシンプル、がしかしとてもよく出来た専用の覗き眼鏡・ステレオスコープとのセットです。
この簡単な仕掛けで写真が何故立体的に見えるのかと云うと「わずかに異なるアングルから撮影した2枚の写真を左右の目で別々に見ることによって、立体感と奥行きを伴ったイリュージョンが得られる」(「アートワード」より)ということだそうで、詳しくは引用元の「アートワード」など専門のサイトに掲載されている解説をご参照いただくのが良さそうです。
ステレオスコープは、木製のものが多いようですが、今回入荷したものは一見双眼鏡を思わせる鉄製
このセット、双眼写真は3社の製品からなるものですが、驚いたのはどの社のものも、立体感が素晴らしいこと、そしてモチーフが絶妙で面白いこと。覗いて見ると、とくに桐生の最新かつ大規模な絹織物工場やロシア戦争の戦地に送るビスケットの包装をしている女工さんの仕事風景などは、写真自体が遠近法を強調した撮り方をしているせいか、どこまでも果てしなく続くように見えて眩暈を覚えるほど。まるで精巧につくられたジオラマを見ているような、不思議な感覚に襲われます。 

写真には他に、浅草観音、京都の目抜き通り、箱根で荷物を担ぐ人、履物屋、大阪の旅館、横浜の歌舞伎劇場、神戸の海岸通り、伊香保の温泉街、金閣寺、大根を運ぶ農夫、猿回しの少女と猿、アイヌの人と家屋、芸者ガール、花札遊び等々があり、いずれも明治初期から明治末頃までのものと見られます。
覗けば19世紀末~20世紀の日本が立ち上がってくる。
ちょっとした感動を覚えずには居られません。

■こちらはおそらく3度目になる入荷。ですが、今回は、武満徹の献呈署名と短いながらも楽譜が自筆でそえられているのが肝。さらに、何故だか図形楽譜2枚1組もついています。
武満徹の初の随筆集で、1964年に草月アートセンターから自費出版した『武満徹 ← 1930………∞』限定500部の内の73番。
画像には入れませんでしたが函付きの完本です。
昨日の市場には武満のハガキも出品されていましたが、志賀直哉のハガキを凌駕する価格に。もちろん私は不首尾に終わり。武満の自筆原稿を落札したのは一体何年前のことだったか、あれをいまもっていればという後悔しきりの年末です。

この他、こんな忙しい時に何故またこんなにでかいものを買ってしまったのかと、思い出すと途端にピタっと思考停止状態に陥るカッサンドルの巨大ポスター1額を落札。リプリントですがリトグラフ。それにしても、そもそも店に入るサイズなのだろーか。あれは。それはさておき。
第一次世界大戦をまたいでフランスで発行されていた高級婦人誌、ご存知『ガゼット・デュ・ボントン』より、バルビエのファッション・プレート(ポショワール」も1額落札。こちらは手軽なサイズで額もなかなかよろしいかと。
赤瀬川原平がビジュアル部分を担当した『犯罪者解放紙兇徒』、イタリアの未来派のマニフェストから始まる紙モノ・冊子・雑誌の忠実なレプリカ集、1980年代のものではありますがフルクサス関係の冊子・印刷物5点などが、来週木曜日に店に入ります(入るのか!?カッサンドル…)。

■順当にいけばこれで年内の更新もお仕舞い。今年もまた、HPをご覧下さいまして本当に有難うございました。新しい年も尚一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
そして。ちょっと早い気もいたしますが。
みなさまどうぞよいお年をお迎え下さい!

 

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...