#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

19/09/07 戦後日本美術のアヴァンギャルド …『ART21』と『アンデパンダン展の解説』

■先週はFacebookではお知らせしたものの、当ページの更新を何の断りもなく休んでしまい失礼いたしました。量に圧倒されるご蔵書の整理、その第一回目の市会出品を恙なく終えたところで腑抜け状態に陥ったような次第です。
バックヤードの整理に多少は汗をかきました、という程度の今週は、真面目にやらないとね。というわけで、今週は真面目にやります。気が付けば9月。何しろ年内更新も残るは十数回となってきました。1年の何と早いことよ!
 
美術関係の資料に焦点をあてて市場を見ていると、戦前のものより敗戦直後から1950年代・1960年代のものの方が残っていないのではないかと思うことが度々あります。とくに紙のペラものや機関紙誌・同人誌などは、さて、これから出てくるものなのか、それとも高度成長期に一拍遅れた時点できれいさっぱり捨てられてしまったものか、そのあたりのことが判明するにはまだ少し時間が必要なようではありますが。今週は、この辺りからピックアップして新着品の更新へとまいります。
さて。というか、そもそも。古本屋の「気づき」などというもの、多くの場合は何かしら実体あるモノと突然出くわすか、まるで針のひと突きのような点を突破口に、古本屋よりずっと深く掘り進めているお客様からもたらされるもの、というのが相場です。
「全日本現代芸術家協議会」という団体の機関誌『ART21』は、当品と市場で出くわす数日前に偶然、お客様から教えられたいくつかのキーワードが頭にあったことで入札する気になり、かつまた落札できたものだと云えます。
入荷した『ART21』は1966年~1967年に発行された第1号から第3号までの3冊
創刊号は協議会と協議会が発行する機関誌の指針、運営、骨子、概要などについてひたすら明文化することに徹した地味な内容ですが、会員名簿に秋山祐徳太子や、近年、反芸術パフォーマンスの流れに位置付けられた小山哲男といった名前があるあたりに、不穏な気配も。
その空気は第2号で早くも細部にまで充満、第2号・3号の記事タイトルの抜き書きだけでも十分に伝わるかと思います。以下、その抜き書きをあげておきます。
第2号 →  ガガ現代美術会「グループ芸術論」、小川哲男ビタミンセンター「ビタミン・アート」、松本百司「通俗物の時代 <カンバン絵画の可能性>」、ゼロ次元 為夫・ド・コバンスキ「中間分子を追放せよ!」、美術集団「残党会議」事務局(秋山祐徳太子他)「風に向かって臨むゲリラ芸術集団」、「あるグループの記録 ROZO群」、「存在解説家 佐々木耕成のPERFECT思想解説」、「ジャック美術館シリーズ完了報告」、「千円札裁判 第一回公判ひらかれる」など。
第3号 → 小山哲男・ちだうい「ディーティングショウ」、福田勝ぽん「1 歩く芸術 ネオ・コミニュケーション 2 くたばれ美術館」、「POP以後の思想と変革-イエスアート論 JACK・ジャックの会キャンペーン」、0次元 加藤好弘「あさいますお遺作追悼儀式典のこと」、0次元出版出版「黒赤金玉袋 堂々創刊迫る 原稿募集!」、「公募 毛穴コンクール」などなど。上記、決して誤打ではなく、印刷されている通りに入力したまでですので、決して誤解のなきよう…。 
なかには田村隆一「詩の実現」、石子順造「美術における近代を撃つために」といった、極めて正攻法(?)な記事もあるにはあるのですが、例えて云えば "ブレーキーの効かないクルマのアクセルを全開にしてアナーキーに突っ込んで行った"とでも云いましょうか、いやはやタダモノではありません。
かくもユニークな存在について、気付かせて下さったお客様にはただただ感謝あるのみです。 

ついてに申し上げておくと、例えばご蔵書の整理の際など、古本屋には買って下さるりとは反対に売って下さるお客様もいらして、そうした旧蔵書から教えられることもたくさんあります。買って下さるお客様、売って下さるお客様、その両方から実にたくさんのことを教えていただける古本屋というのは、思えば商売冥利に尽きる仕事であることよと、改めてそんなことを思っております。
 
■戦後日本の前衛美術を考える上で、「読売アンデパンダン」を避けて通ることができないのは周知の通りであり、第一回分含め、出品目録については何度か扱ってきたことがありましたが、こんな冊子があったとは。現物を手にする機会があって今回初めて知りました。
昭和24(1959)年文学解放社発行、読売新聞社文化部編『アンデパンダン展の解説』の初版本・帯付き。ご覧の通り、わら半紙のような粗悪な紙を使った軽装判と云う典型的な仙花紙本。装丁画は岡本太郎。帯まで残っているのはもはや奇跡に等しいと云っても大げさではないでしょう。
読売アンデパンダンは1959年2月に開幕。当書の発行年月日は開幕日と同じであることから、会場などでも販売されたものではないかと推測します。
読売アンデパンダンと云えば、後にハイ・レッドセンターの高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之の3氏はじめ、ゼロ次元、九州派から吉村益信、篠原有司男、工藤哲己等々、戦後日本の現代美術をけん引した面々が輩出した無審査美術展ですが、そのスタートとなった年に、日本ではほとんど知られていなかった「アンデパンダン展」の意味を解説した当書は、展覧会スタート当時の展覧会出品作家と同じく、荻須高徳、岡鹿之助、宮本三郎、岡本太郎、里見勝蔵など、画壇の有名作家によって執筆されています。
読売新聞社の関係者で唯一、署名原稿を寄せているのが戦前パリのアンデパンダンテン展にも通じていた松尾邦之助。読売アンパンの筆頭仕掛け人とされる海藤日出男の影は、どうやら「読売新聞文化部」と云うカンバンの後ろに隠れておおせているようです。
 
韓国の「たまねぎ男」のことよりアメリカのとうもろこしを何故ああも買わなければいけないのか、配置場所も定まらないイージス・アショアを買ったところでどうするのか、そもそもそれは役に立つのか、表現の不自由展をめぐってその後はどうなっているのか等々、我らがニッポンについて知りたいことがたくさんあるのに、一向に伝わったこないのは何故なのか、本当に不思議でならない2019年の晩夏であります。
 
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66854?page=2&fbclid=IwAR1tuzCQkfj72QK07Sc_9CLSzRozeLlNXyF1sUAQ6FWfQeF952p0aBTSu6k
 
http://tomonken.sakura.ne.jp/tomonken/statement/freedom-of-expression/?fbclid=IwAR28YzJlArvCKe-lfhEvGlKfJHpMxi8Gu1Y9Xp3u3Jf790eXEPOiNf-HG_o
 
http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1074513682.html?fbclid=IwAR2VDFjDOudcm4GUpmhi-2B4Pb3NXHGCWOU6GEV4rkUcGLcN4zJ9vtdZ3kQ
 
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2018112000004.html?fbclid=IwAR1OCkQpgoND9Rwbyn9ELQq8NYQ3muwfWX2EAdBWcopQXEWrir3QoHAtVKo
 
https://dot.asahi.com/aera/2019090300029.html?page=1&fbclid=IwAR0NwhsgmMHDVYyTlriHmZuM6iPMiOgKrhfMFpyIAnyLocqYJ6mWPCg54yk
 
じりじりと、例え1mmずつであっても、より「まし」な方向へと歴史を進めてきた時代は、ここらでいよいよ終わりを迎えるのではないか? …… 日韓朝中米英露その他世界の"首脳"- 首"脳" ですと! - を見ていると、予感はますますそちらへと傾いていきます。世界よどこへ? 明日はどっちだ!?

 

19/08/24 映画万歳! 映画是非!! 初見の映画雑誌群/アンドレ・ブルトンの詩稿複製&イヴ・タンギー オリジナル入限定本 12年ぶり再入荷!

残暑お見舞い申し上げます
 

夏休みが明けてからこちら、一時の猛暑から少しずつ解放されるようになってきました。その分、疲れが出てきたような気もしますが、小店店主の場合は単なる気の緩みもしくは精神の弛緩というやつでね。休み明けと当時にギアをトップにチェンジしてお仕事に励んでおられるみなさまには、どうぞくれぐれもご自愛くださいますように!
 

夏休み明け早々何ですが、来週はお客様の大量のご蔵書をお引き受けする関係で木曜日は臨時休業。来週の店の営業は27日(火)と31日(土)の2日のみとなります。ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご留意いただければ幸いです。
 

■休みが明けると同時に市場も通常化、新着品も着々入荷しております。まとめて入ってくるのは本日土曜日の夕刻でありまして、今週は珍しく1950年代の婦人雑誌・ファッション雑誌、ベトナム戦争に関する日本国内反戦活動関係の孔版印刷物=ビラの類が2口なども入ってくる他、戦前の映画専門雑誌30冊ほどが店に届きます。

今週の新着品、画像1点目は、その映画専門雑誌約30冊の内、マイナー系で尚且つ "表紙がロシア構成主義的だったりモダンだったりするものを厳選してみた図" です。いずれもサイレントからトーキーへと切り替わる前後の時期のもので、態は心をあらわすの謂いよろしく、ソヴエト・ロシア映画の特集号を多数含んでいます。
『映画随筆』『東京映画小劇場』あたりには著名な寄稿者の名前が散見されますが、『映画是非』『映画万歳』になると、ほとんどの執筆者がお名前からして初見。東京麻布・映画是非社発行の『映画是非』昭和5年1月「1930年展望」号と、2月「トーキー特輯号」では松井翠聲、高木俊朗(「モンタアジュ解剖」!「機械主義と資本主義」!?)、小畑敏一らが、名古屋で発行されていた『映画万歳』では徳川夢声の名舞うが僅かに僅かに認められる、といったところ。但し「支那の映画事業」「資本家の陰謀を示した映画」など、気になる見出しが多数あります。
『映画随筆』は衣笠貞之助の「伯林映画通信」の他、清水光の「モホリ・ナギイの絶対形成論」等、ソビエトとドイツを中心とした海外文献の紹介が中心となり、かなり尖がった印象。
これらの中でもひとつ格上と見られる『東京映画小劇場』(昭和54年発行の3冊)ともなると、板垣鷹穂、飯島正、高田博厚などに加えて堀野正雄「小型映画の根本問題」なども出てくる堂々たるもの。表紙がタイポグラフィで構成されているのは、山内光(後の東方社・岡田桑三!)所蔵の"独逸の「フイルム・ウント・フォト」プログラム"によるものとか。もはやモダニズム系の雑誌と云った方が素性がはっきりしそうなラインナップです。
久方ぶりの 初見! 発見!!!の続く雑誌群の入荷。旧蔵者を同じくするものと見られる他の雑誌の内容が大いに気になってきました。 
 

こちらは2007年9月1日にご紹介して以来12年ぶりの入荷となりました。1963年、アメリカで発行された250部限定本『VOLIERE』はアンドレ・ブルトンとイヴ・タンギーの共著ブルトンの詩を手稿通りに複製したプレートと、イヴ・タンギーによるリトグラフ&コラージュ、手彩画など未綴じのプレートをポートフォリに収めたもので、スリップケースと函のついた完本です。
この本最大の特徴は、視覚詩的なブルトンの詩を忠実に再現することに始まり、リトグラフで刷って切り抜いて貼り付けて…と、徹頭徹尾凝りに凝った造本の面白さにあるかと思いますが、それがどれほどのものだったかのか、ということについて2007年に続いて2度同じことを書く労を惜しんで、前回の記事のアドレスを貼っておきますので、どうかそちらをご参照下さいますよう伏してお願い申し上げます。
http://www.nichigetu-do.com/navi/info/detail.php?id=147
これがまあねちねちとくどいほど掻いてりまして。2007年当時、思えば小店店主まだ40代半ば。当時のような熱量や集中力は一体どこに行ってしまったのやら、いまとなってはかけらも残っておりません。やれやれ。
 

■高校時代、大学受験準備で通った代々木ゼミナールの日本史の講座には白井明と云う名物講師が居て、私はこの講座で日本の近現代史を教わりました。細かな記憶は残っていませんが、講義が毎度毎度とても面白かったことと、あとひとつ、いまでも忘れられない白井先生の言葉があります。
「あの大戦で何があったのか、何を考えていたのか、昭和天皇には話す義務がある。」
古本屋になってからというもの、さまざまな記録に接する度に、どこからかこの言葉が聞こえてくる気がします。
第二次世界大戦の敗戦日と前後して、今年もNHKが渾身のドキュメンタリー番組を見せてくれました。なかでも「昭和天皇 「拝謁記」」は、とても印象深いものでした。戦後、第2代宮内府長官、初代宮内庁長官を歴任し、昭和天皇とのやりとりを詳細に記録した田島道治。半世紀以上の長きにわたりその記録を保管し、公開を決めたご遺族。白井先生にとってはまだ充分な回答とは云えないのかも知れませんが、いまこの時に、この番組をつくり放送したことはとても意義あることだったと思います。
NHK「拝謁記」については下記のアドレスに。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/emperor-showa/?tab=1&diary=1

今週は映画でこんな話題も。
https://webronza.asahi.com/culture/articles/2014072300010.html?fbclid=IwAR18bxKw0jJlBPs1V_rl7qb86f09QpngOi2B9CqCKiXKQM9HecjoDRSwb5g

「基本的人権」に関係する諸機関から警告とか勧告とか次々受けるようになってしまった我らがニッポンですが、今週はこんなのも届いてるそうです。
https://www.amnesty.or.jp/news/2019/0821_8271.html?utm_source=BenchmarkEmail&utm_campaign=MM_20190822&utm_medium=email&fbclid=IwAR2b4yXPD4zeX4LC-kn8ReVMMX9E6BxiokIs3DdkWOmThv9SNjqKlb2aCXY

次に届く報せといったら、この度のガイコウでいくらバラまかれてしまったのかという金額あたりでしょうか。増税したところで焼け石に水。いや、水は水であれもこれも問題発生中で……。 

 

19/08/10 夏休みのお知らせと戦争の表現・戦間期の混迷にまつわるものたち


暑中お見舞い申し上げます
 
命の危険を感じるのは台風や豪雨だけじゃあないというのを実感する暑さが続いております。
そもそも普段より気力充実とは縁遠い小店店主、この暑さでできることなら仕事を放棄したいと申すものですから、8月11日(日)より19日(月)まで夏季休業いたします。
遠出の予定があるでもなく、できることなら数日は店のバックヤードの整理に手を付けたい等々、その日の気分で動くことになりそうです。
ご用の方はFacebookの「古書 日月堂」からメッセージをいただければご返信できるかとは存じますが、先ずはみなさまお元気で佳き夏季休暇をお過ごし下さいますように!
 
画像1点目と2点目は、1冊のスクラップ帖から、カテゴリーに分けて画像処理してみたものです。いずれも1938年頃から1940年前後に制作されたもので、戦前の丸善のウィンドーディスプレイや装丁のデザインに関わった人が自身でつくったデザイン原画と、自分の作品を記録した写真と見られます。
中に1篇残されていた自筆原稿『日展所感』の署名から、多摩帝国美術大学に在籍していたことのある武田弘と云う人の旧蔵品だった可能性があります。
画像1点目の丸善に関係したデザイン原画は水彩で11点。 

画像2点目のウィンドーディスプレイにそのまま使われているものが数点あることから、ディスプレイ・デザインの原案が多いのではないかと思います。
デザインはモダン。特徴は戦時色という時代性。これが一貫したデザインの基調となっています。
アテナインキの場合は、「出せ慰問文」「書け!慰問文」「文字の慰問袋を」「前線へ慰問文を送れ!」「兵隊さんへお手紙を出そう」「無敵鮮色!アテナインキ」など、戦地への慰問袋を一大商機(唯一の商機?)と見ての力の入れようです。
同じ手によって丸善出版物のためにつくられたと見られる装丁原画16点が残されています。
 
■画像2点目は丸善のウィンドー・ディスプレイを撮影した写真37点。全点真正面から紙焼きのサイズピッタリに撮影された記録用の写真です。
デザイン原画と比べて一層洗練された仕上がりとなっていますが、「国産愛用」「足に新制」(意味不明)から「進め増産」「防空即生活」「護れ国土」「万歳 シンガポール陥落」まで、戦時体制色一色といった感あり、下から押し上げるような国民の側からの圧力が、戦時体制や挙国一致を支えていたことが伺えます。
 
専用ファイルと添付の冊子の表紙に『NOTGELD(ノートゲルト) 1914-1924』とタイトルが印刷されているのは、ドイツやオーストリアで発行された補完通貨のコレクションです。
ドイツやオーストリアでは20世紀初頭から紙幣、コインとも、補完通貨が発行されていましたが、このコレクションは、第一次世界大戦時の戦費負担によって起きたインフレを改善するために発行された補完紙幣(1914年)から、戦間期にも進行したインフレに対抗して自治体や商店から出され、やがてコレクターズ・アイテムや投機目的となった紙幣までを集めたもの。1924年という区切りは、ワイマール共和国で起こったハイパーインフレによって、あれよあれよという間に価値を失っていくノートゲートを回収、新たに発行したレンテンマルクへの交換が終わった年=ルートゲルトが終焉を迎えた1924年までを意味しているようです。 
第一次世界大戦後のドイツの経済的な疲弊がヒトラーとその独裁政権を呼んだというのは周知の通り。第一次大戦を第二次世界大戦へとつなげてしまった紙モノたちだと云えるのかも知れません。

夥しい種類・量のノートゲルトは、レンテンマルクへの切り替えによって古紙回収業者によって引き取られるという運命をたどったと云われますが、一方で、どうやらそのなかでも何かしら目をひくものを集めて販売しようと考えた御仁が居たらしく、このファイルはこうした目ざとい商人が商材として整え、販売したものと見られます。
点数は639点。いずれも両面印刷で多くは両面ともカラー刷の美麗なもの多数。発行当時からコレクターズ・アイテムとなっていたというのもむべなるかな。紙モノ好きの方にとっては一見の価値あり。です。

「表現の不自由展」聞いて、小店店主が先ず頭に思い浮かべたのは、赤瀬川原平が千円札裁判に際して仲間の芸術家や支援者とともに開催した展覧会のことでした。
あの時と決定的に異なるのは、例えば週刊文春のアンケートで、「平和の少女像の展示に反対」する人が74%にのぼるなど、国民の側が自ら進んで、芸術への権力の介入、つまりは検閲を容認するかのような空気がいまは確かにある、ということではないかと思います。
国民が自ら進んで検閲を支持・後押しするような国というのを(少なくとも民主主義国家において)私は他に知りません。
今週は色々読みましたが、これはと思ったものをメモしておきます。

「表現の不自由展」について最も読んでおく意味があると思ったのが。展示中止前に見てきた方のこのコラム。
https://note.mu/segawashin/n/nd000935e7c61?fbclid=IwAR0RXoeEp71pmU8tnOlVZ60ehEC80M-t1hBqdm2L6tq2OLfrDMRKsfozQoE
3.11後、作家として表現を通して異議申し立てをするということの覚悟。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2326022497518241&set=a.1813834892070340&type=3&theater
ドイツの若者は映画「主戦場」をどう観たか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000002-yonnana-soci&p=5&fbclid=IwAR2pBXD5d30SbCk-ono0G249n85nG4ydeQbZwrFoEqgOtnhVO6SUy_1WEMw
日韓相互理解のための補助線とそのありか。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66356?page=2&fbclid=IwAR07hQa7AYgFb_Gs9ozUUairPLoqbIHPl1F6zARuonTABzCuO5UQmfoPuL
少し古いコラムですが、世界から見た従軍慰安婦問題と国際社会における日本への視線。
https://note.mu/hiroshiono/n/n4a5033c08337?fbclid=IwAR05h9uvzSA66G_ErdEh4euqmuy0rILEJ6jZqPy20CihZOGhKQ1i_Wa2DOA

以上、どれも非常に冷静です。あと、既述した週刊文春のアンケートについては念のためはこちらへ。
https://bunshun.jp/articles/-/13292

戦後、国際展としてカッセルでスタートしたドクメンタは、ナチスによる「退廃美術展」に対抗して開始されたのだと聞きました。とすれば、官憲の介入を断固拒否してこそ国際展の正嫡だと云えるでしょう。
さて、愛知トリエンナーレは ?
 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...