#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/08/25 昨年、イタリアから。昨日、堀口捨己の旧蔵書より。

■夏休みが終わって日月堂もいつも通りの営業に戻りました。休み中、何をやっていたかと云いますと、年をまたいで行った自宅の片づけのその続き。これは重要である、というヤマ勘一点を根拠に落札した後、自宅に積み置いたまんまでいた有象無象をいま少し詳しく点検してみました。
してみると、例えば南満医学堂の椎野銬太郎宛絵葉書数百枚(医療関係者多数)、おそらくあの「佐竹本三十六歌仙絵巻」の売り立てを企画した佐竹家家令大綱久雄の娘と見られる大縄久子宛絵葉書がこちらも数百枚(住所は"佐竹様邸内"! 在パリ・山内禎子自筆分十数通ほか女学生の文通ハガキ多数!!!)、山本鼎による美術教育書『描かざる図案』(実は副題がすごく長い…)、未使用の水貼シールファイル1冊だとか、甘粕正彦の名前がある乗船名簿他の一括、何故か巻物仕立てにされていた明治初期・韓国中国方面旅行日記などなと、確かにややこしいことこのうえなく思わず放置したくなる品物ばかり ……
ですが、これらについても11月入稿の合同目録に掲載する方向で道筋がつきました。
*但し 店に運び入れるのは9月上旬とまだ少し先のことになります。この点、ご注意いただければ幸いです。
こうした次第で休み明け早々ですが何だかもうヨレヨレしておりましてまずいゾこれは…。

今週の1点目はかくして眠っていた品物のなかから、昨年のイタリア旅行で仕入れたほとんど"唯一の"と云える古書を。昨年10月、帰国するなり生じたドタバタ劇もあってこれまた買ったままになっていました。
かなりの大判で『SCUOLA di TESSITURA (織物学校) 1926-1927』のvol.1~2に、織物生地現物とその設計図にあたる図版をまとめたバラのプレートが厚さにして約5cmほど。実は上製本のように見える2冊もプレートもいずれも全編手書きのノートで、生地現物の貼り込みは『vol.1』『vol.2』にも多数認められます。微細な枡の目をベースとして糸の運びを設計図風に書き留めた図解から、そこに添えられているテキストに至るまで、どのページもとても美しいのに驚嘆します。この他、織機の構造やしくみに関する精緻な図解も多数。精魂こめてまとめられた実用的な記録が、いまはそのまま見事な美術書の体を備えるようになったとでも云えばお分かりやすいでしょうか。

表紙には他に「ISTITUTO INDUSTRIALE di GALLARATE」とあり、ガララート産業研究所といった意味合いかと思われます。ここに顔を出す「ガララート」というのはイタリア北西部の都市の名前。調べてみると、19世紀から20世紀にかけてイタリアの繊維産業の重要拠点だったとのこと。21世紀の今日はハイテク産業で知られているようで、ここに書き留められた技術もいまはもうす捨てられていると思われます。実用の時代を超えて生き残ったこれらは、しかし世界に1冊しかないとても美しい書物となって、いまも存在してくれています。

■休み明け早々の市場に出てきたのは堀口捨己の旧蔵書でした。堀口の蔵書印のある書物は落札できなかったために、根拠は小店店主の言しかないのが心細い限りですが、堀口の旧蔵書と出どころを同じくするものを3口ほど落札。続く2点はそのなかから。
最初はご存知『建築工芸 アイシーオール』。15冊の入荷です。これだけまとまって出てくるのはとくに近年珍しくなってきています。
川喜多煉七郎という奇才 (だと思う)が「責任構成」に携わったこの雑誌、“戦前期の建築・デザイン関係雑誌のなかでも、そのアヴァンギャルディズムにおいて尖端をなすもののひとつ”と云われるなど、非常に面白い雑誌です。
*“”の内引用元は下記。当誌の性格・位置づけ等詳細について下記のサイトを是非ご参照下さい。
http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336058331/#memo4
建築から芸術各分野、商店や教育に至るまで、内容が多岐にわたるのも当誌の特徴で、例えば今回画像をとった5冊にしても、映画の特集号、ソ連演劇界からメイエルホリドに注目した号、グラフィックデザインの特集号など、対象の広さが伺えるかと思います。
川喜多の著作には一体どこから画像をとってきたのか分からないものがつきものですが、『アイシーオール』でしか見たことのない図版の引用も多く、実に興味の尽きない雑誌です。

■続いてこちらの2点…といきたいところではありますが、かなり眠たくなってきました。今日のところは画像だけアップして、詳細は近日中に! こちらも堀口旧蔵書!! いま少しお待ち下さいますように悪しからずお願い申し上げます。

はい! 続き、いきます。こちらも堀口捨己の旧蔵書より。2冊ともファサードのデザインとショーウィンドーの優秀プランを紹介したもの。モダニズムとは、都市の風景が商業主義によって生み出される流行によって次々と姿を変えていく時代のはじまりでもありました。堀口のような建築家がこうした情報を必要としていた所以ではないかと思います。
『店頭及陳列棚意匠集』は大正15(1926)年に洪洋社が発行。ちなみにポートフォリオのグレーの部分には、よく見ると「1925巴博覧」の文字がデザイン化されていて洒落のめしてます。50プレート全て1925年のパリ万博=アール・デコ博の“仏国西側各商店の長い棟割陳列館”やパリの百貨店のパビリオン内外の写真。後に朝香宮邸=現・東京都庭園美術館設計にも加わることになったアンリ・ラパンをはじめ、アンリ・ソヴァージュなどによるアール・デコのオンパレード。「漆喰」「木製・彫刻設色」「模造革張り・アルミニューム適用」など、実際に使われた素材までクレジットしているところが当品の特徴。この手の情報は珍しいと思います。
さらにもう1冊、『素人に出来る商店窓飾標準図案』は装飾部分のデザイン画と優秀例の写真とで構成されたお手本集。渡邊素舟が編者をつとめました。プレート欠けはあるものの、ポートフォリオと扉は木版多色刷、収録された作品もなかなかです。現品では確認できず、書誌データにあたってみたところ、昭和2(1927)年の発行。こちらもまた、アール・デコの影響著しいデザイン集です。





18/08/11 万博や冒険旅行の誘いをヨコに夏休み!

残暑お見舞い申し上げます。
 
晴れて今日からお休みと云う方も多いのではないかと思います。
猛暑に加えて天候不順の続く今夏ですが、北へ南へ東へ西へと思い思いにお出掛けになる方にも、普段とそう変わらず過ごす方にも、より佳き休暇を、安全にお過ごいただけますように 祈念申し上げます。
小店も12日(日)より20日(月)までお休みをいただきます。と云ったところでどこへ出かけるでもなく、残念ながら所用と野暮用とに追われる予定。せめてPCの前に座る時間を限りなくゼロに減らしたい - タブレットは別にして - と思うこの夏であります。
 
残暑お見舞いに添えた今週の画像1点目は木版刷の図案集『浴衣合』昭和2(1927)年に稀書複製会より500部限定で発行された非売品です。16×11cmの小さな和綴じ本で、色は茶色の濃淡のみ、それに白の空刷りを組み合わせ、なおかつ全て同じ構図で配置した禁欲的な図版36図を所収。画像ではお伝えするのが難しい白の空刷り部分はとくに見事です。余計なことを一切しなかった結果なのか、とても「ゆかた」のものとは思えない品良く格調高い図案集となっています。 

■ここのところ、この度の東京オリンピックの猛暑対策に2時間時計を早めるサマータイムの導入が検討されているとの報道を目にするようになりました。「へ?」と思いました。猛暑はむしろ日本選手に有利だとか云っていた方たちはどこへ行ってしまったんでしょうか(苦笑)
昭和15年=1940年、東京を中心に日本でオリンピックと万博が開催される予定だったというのは有名な話ですが、おそらく2018年現在私がとっさに感じた「へ?」と同じように「へ?」と思い浮かべた人たちが世界中にいて、開催決定の経緯とその後の日本のふるまいを知る毎に「へ?」の字面を上書きしていった結果、開催決定の2年後には「へ?」が太く大きく膨らんでしまいフツーの頭では支えられなくなっていったのが、幻に終わった1940年のオリンピックと万博だったのではないのか …… なんて。夜中に思いつくことはロクなもんじゃないと最近、指摘されたばかりなのですが、いやはやそれ、当たっているような気がしてきました。
それはさておき。これは確かに云えることですが、いまと同じように、オリンピック(と万博)を機として、外国から日本へ多くの人に来てもらおうと宣伝に相努めることになるわけですが、1940年版のそのひとつが昭和12(1937)年に鉄道省国際観光協会が発行した『JAPAN PICTORIAL』。2000年代には何度も扱った商品なので、古くからのお客様にはすでにお馴染みかと思いますが、対外宣伝誌として本文、写真キャプション等全て英仏独三か国語表記。表紙のタイトルも図版でご覧の通り三か国語で記されています。
サイズは25.5×22cmとやや小ぶりながら72P全アート紙グラビア印刷。
何しろオリンピック、万博、鉄道省が後ろについているだけあって、デザインは原弘、写真には木村伊兵衛、渡辺義雄、小石清、光墨弘、堀野正雄など錚々たるメンバーが揃いました。その後の戦中対外宣伝における総力戦の、このあたりがスタートラインだったのかも知れないなと、ふとそんなことを思いました。
 
珍しさ、という点で注目したいのは、むしろ一緒に出てきたペラものの方で、こちらは小店初入荷。『GRAND INTERNATIONAL EXPOSITION OF JAPAN』24×32.5cmの両面印刷で英語とフランス語で片面ずつ使っています。日本万博の意義と万博全体のアウトラインを紹介したもので、東京から横浜にかけての全体構想、開催期間、27館に及ぶホールとパヴィリオンの仮名称(=内容)と面積、会期中のイヴェントなどを記載。当時有楽町にあった万博事務局の発行で、刊期の記載はありませんが、会場について「東京と横浜をカヴァーする約3,300,000平方メートル」(後に1,600,000平方メートルに変更→ 参考 https://yomimono.seikyusha.co.jp/maboroshi/maboroshi02.html)としていることから、早い時期に用意されていたものと見られます。 

幻の万博に関する資料としては事務局が発行していた『万博』が有名ですが、常に用意していたはずの対外出展誘致の専用印刷物が出て来ることは、不思議なことにむしろ稀だと思われます。
 
戦前の双六10点が入荷しました。その内の1点。雑誌『日本少年』の大正2(1913)年1月1日発行新年号の附録で「冒険小説双六」「日本少年編輯局考案」の「筋書」をもとに川端龍子が絵を担当しています。主人公である清クンと猛クンが絶壁を乗り越え、丸木橋を渡り、狼やに狙われたり大鷲に攫われたり、山賊に出会ったり、暴風雨に見舞われながら救助され、飛行機から爆弾を投げて山賊を退治してあがり。なかなかに雑駁な筋書ですが、コマ割りすることなく一幅の絵に仕立ててしまえる龍子の画力はさすがです。
私も昔の人の顰に倣って、せめて双六で冒険旅行あるいは世界一周にでも…?
 
今週はこの他、戦意高揚スローガン入りのものばかり集めた映画館週報の一束大正~昭和初期のキモノ生地の見本帖6冊織物・染物関係の古いタグ・商標が靴箱1箱分ほど、菓子屋・パン屋中心に古い包装紙・上掛紙等1束が明日店に入ってくる他、左上の粋でご紹介しております洒落のめしていて贅沢三昧な和の雑貨類を店頭に出せればと思っています。
 
■ひさしぶりに、今週の斜め読みから。ひとつはオリンピック、もうひとつは先の戦争について。私はこちら側に居ます。8月とはもの思いにふける日の増える月であります。
8月5日の西日本新聞より。同意!
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/reading_oblique/article/438770/
8月8日のBusiness Insider Japanより。御意!
https://www.businessinsider.jp/post-172709
休み明け、当ページには8月25日に戻ってまいります!
 
 


18/08/05 昭和16年頃の広東を活写した写真アルバムと明治の木版刷図案集『新美術海』 ともに久々の入荷です

■暑い !  どうしてこんなに暑いんだ !! と云ったところで涼しくなるわけもなく、兎に角さっさと用件へとまいりましょう。
あ ! その前にひとつ。夏季休業については、このページ左上「営業日案内」の画像をクリックするか、下記のアドレスしでご確認下さい。
http://www.nichigetu-do.com/navi/info/detail.php?id=1271
お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。
なお、来週は火・木・土曜日それぞれ12時より20時で営業いたします。

今週の新着品1点目は久々に個人旧蔵の写真アルバムです。戦中の広東市の風景と風俗を集めていることから、仮に『広東風俗写真帖』としておきます。
金属製の小さなゼロ戦をはめ込んだ表紙をめくると、遊び紙に「昭和16(1941)年4月15日」の日付で、広東市の地勢と歴史・来歴が万年筆で書かれています。
写真は11.4×15cmの紙焼が31点。やはり万年筆で31点全点にタイトルと、ものによっては詳しい解説が書き込まれており、大きく伸ばされた写真のサイズ、年代、場所、モチーフが全点はっきりしている点等、優れた記録写真としての要件を満たしているものと思います。
12点の裏面に「広東迅報社・南支日報社」の社印が押してあることから、当該メディアあるいはその周辺の関係者の旧蔵品と見られますが - 今日までのところ画像検索で簡単に確認した範囲ではあるものの- 絵葉書になっているものなどなく、ほとんどが現段階で流布しているのとは異なる画像と見られます。
撮影されているのは広東市中心部とその周囲にある特徴的な事象。孫文を記念した「中山紀念堂」に始まり、古い城門が残る「中央市場通り」、足元に人力車が行き交う「愛群ホテル」、南支日報屋上からの「広東市眺望」、いまではその人口が激減したと云われる「珠江上の蛋民(たんみん=水上生活者)」と「蛋民船」や「屋根舟」、そして「広東名物女床屋」や子どもの姿をとらえた「路上のピンポン」、“日本の奥さんが見て”いるところを撮った「古着屋」、“誰かが時価三千円もする金の仏像を掘出した”と云う「ドロ市風景」からモダンな洋装姿の「広東の女学生」など。

盧溝橋事件を日中戦争開始と位置付ければ日中開戦から4年後、加えて太平洋戦争まであと半年ちょっとという 昭和16(1941)年4月当時の広東は、どこにも戦争色を感じさせないどこか牧歌的とでも云うべき佇まいを見せています。果たしてこれが実相だったのか、或いは見たくないものには目をつむった結果なのか、興味は尽きません。

古谷紅麟を著書として、京都の芸艸堂が発行した明治の木版刷図案集『新美術海』の二十四号(明治37=1904年8月1日発行)と三十号(明治38=1905年1月1日発行)の2冊が入荷しました。
神坂雪佳に学び、雪佳の後継者・琳派図案の継承者と見られながら、明治43(1910)年、35才で早世した紅麟の作品は雪佳よりもアヴァンギャルドで琳派をよりモダンにした作風。この不思議な魅力をもつ作品を毎月各号20図つくり出していたというのは驚くべき才能だと思います。
『新美術海』についてはオフセット印刷ながらいまも図案集が発行されている他、商用利用を除けば無料ダウンロードできるサイトもあるようですが、木版ならではの表情豊かな風合など、やはりオリジナルに勝るものはない ! というのが単に古本屋の売り文句に過ぎないのかどうかについては、是非現物でご確認下さい。

今週、火・木・土曜日の各日12時~20時で営業すると、12日(日)より20日(月)まで夏季休暇に入ります。尋常ならざる暑さに見舞われている今夏、ただもうみなさまのご自愛を願ってやみません。





 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...