#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

20/08/08 前線、銃後、指導、総力 …… 戦争をめぐる諸相

■今年もはや8月二週目目前。春の内にもう充分お休みをいただいた気もしますが、猛暑到来にマスクの着用、そして何よりとどまるところをしらない新型コロナウイルス感染拡大状況から、予定通り8月9日より17日まで夏季休業させていただくことにしました。
帰郷をあきらめ外出を控え、気が休まることのない夏を送っている方も多いことと存じますが、健やかで穏やかなお休みになりますようにお祈り申し上げます。

沖縄のアメリカ軍基地での新型コロナウイルス感染拡大のニュースと何かしらの関連があるのではないかと思っているのですが、ここ数週間、店の近くのスターズ&ストライプスに向かってヘリコプターがひっきりなしに飛来するようになりました。基地に向けて高度を下げて小店上空を通過していくヘリコプターの爆音を耳にする度に、沖縄のことを思います。戦後75年を経てなお、これが、いや、これ以上のことが沖縄の日常なのかと胸を突かれます。
今年もまた、敗戦記念日が近づいてきました。
今週の1点目は先の戦争がらみの1冊『浙贛(せっかん)作戦』中支派遣祭7379部隊報道班編輯、発行人・名取洋之助、国際報道中華総局による昭和18(1943)年発行の初版。横開きの大判で、写真自体のクオリティが高いのはもちろん、切り抜きやフォトモンタージュ、角版断ち落としなど多彩なテクニックを駆使した写真表現からテキストのレイアウトまで、日本工房らしい完成度の高い仕事です。
巻末に、「わが戦ひの譜」「わが戦いの姿」とだけ印刷された白紙の頁があるのが少々奇異に見えたのですが、『名取洋之助と日本工房 1931-45』図録によれば、「現地の兵士に注文をとって出来上がりを郷土に送るシステム」だったとのこと。なるほど腑に落ちました。
浙贛(せっかん)作戦とは昭和17(1942)年4月、アメリカ軍による名古屋・東京空襲を受け、敵の飛行場となることが見込まれる中国の飛行場を壊滅せよという作戦。この年の4月末から8月にかけて杭州、紹興、寧波を侵攻、衢州を占領しています。
新着品から少し話が逸れますが、この作戦では第二次世界大戦でも悪名高い石井部隊60名が出動、細菌戦を展開したと云われています。同年6~7月浙江省金華付近を中心に、コレラ、チフス、ペスト、赤痢を撒布。極秘作戦であり、細菌戦について知らされていなかった一般の日本軍兵士1万人がコレラ・赤痢・ペストに感染し、1,200人以上の兵士が死亡したと云われます。
細菌戦について詳しくは下記のサイトでご確認下さい。
http://www.oshietegensan.com/war-history/war-history_k/8637/
http://www.matsumoto-toshiko.jp/archives/6557 

この細菌戦やインパール作戦等南方戦線など戦場では自国の兵士の命を軽んじ、都市への空襲拡大や沖縄戦、広島・長崎への原爆投下等々そこまで追い込まれてようやく敗戦を認めた軍人・政治家の市民の生活と生命に対する責任のあまりの軽さ …… 国民の命をどこまでも軽んじた日本の為政者の姿勢は、拡大するコロナ禍にあっても医療の最前線を知る医師の求めに応じず、一方的に国民に犠牲を強いる現政権にまでしっかり受け継がれているように思います。

ついでながら戦争というもののリアルについて。沖縄戦をめぐる下記のブログが多くのことを教えてくれます。
https://battle-of-okinawa.hatenablog.com/entry/2020/03/03/150731?fbclid=IwAR0kQgS6wcY1GXSQGhM-wB6hHRfyZol0ShujPxy-Q2mYUWfP2TPt88GqKs0

■原節子、丸山定男主演映画、と云うより、蒸気機関車=鉄道マニアの間で有名らしい昭和16(1941)年公開映画「指導物語」のためにつくられたと見られる楽曲の楽譜(歌詞・譜面入)3点が今週の2点目。『スメラ民(みたみ)の歌』『スメラ民の歌 大詔奉戴の歌』『スメラ民の歌 わが友よ』の3種で、それぞれ昭和17年9月発行の普及版です。
発行時期が映画上映時期から遅れているので、映画との関係については断言できないところはあるものの、映画「指導物語」の冒頭で歌われるという「スメラ民の歌」1曲は、少なくともこの映画のためにつくられたものと推測します。
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2015/11/post-2bd9.html?optimized=0&fbclid=IwAR1IByOm7kpYCPFUAmowAtgaoZlUjrVEyl5mQt1Dod3d9ptfPRNBqoUNMQI

発行は3点とも「スメル音楽研究所」であり、発行者は同研究所の川添紫郎、発売所は西銀座・世界創造社とありますが、作詞・作曲者名については記載なし。
川添紫郎と聞けばピンとくる方も多いと思いますが、またの名を川添浩史。後藤象二郎伯爵の孫で、若くしてパリに遊学、ピアニスト・原智恵子と結婚。第二次世界大戦勃発で帰国してからは "いとこにあたる小島威彦が創設した「スメラ学塾」にかかわり、妻の原智恵子、オペラ歌手の三浦環、パリ時代の友人で建築家の坂倉準三らと" 「クラブシュメール」をつくり、戦後はミュージカル『ヘアー』招聘など興行界で活躍。1960年には麻布にレストラン「キャンティ」を開店、各界の著名人が集まり…という辺りはご存知の通り。
あのキャンティの川添さん、戦前は「国際文化振興会」で嘱託として働きながら、国粋主義団体「スメル学塾」に関わり、フランス留学を経験した芸術家の集まりで"日本文化を先進的なシュメール文化とつながるものとして、その高揚発展を唱えた"「クラブシュメール」のメンバー、しかも「スメル音楽研究所」を主宰…という、何と表現するべきかちょっと分からないがしかしすでに大物感いっぱいです。ちなみにクラブシュメールは昭和15(1940)年、坂倉が開いたばかりの赤坂の事務所の2階におかれ、メンバーには坂倉夫人・ユリ(父は西村伊作)、川添夫人・原智恵子、三浦環、坂倉準三、仲小路彰、小島威彦、深尾重光などが居ました。 

新着品の奥付にある赤坂区檜町の住所はおそらく坂倉の事務所2階にあったという「クラブシュメール」の住所ではないかと思います。
「スメル学塾」と「クラブシュメール」に関わった人物と活動、そしてその"とんでも"っぷり、と途轍なく広がりを見せる人・組織との関係詳細は、何といっても下記のブログにあたっていただくのが何より確かであります。
神保町系オタオタ日記-自称「人間グーグル」
「情報官鈴木庫三とクラブシュメールの謎」(その1)~
https://jyunku.hatenablog.com/entry/20060415/p1
数か月にわたって連載された力作で、「人間グーグル」とおっしゃるのは自称どころか誰が見ても納得できる博覧強記にただただ脱帽いたしました。引用等お赦し下さい。有難うございました。

実は、もう数年前、何かの関係で坂倉準三について調べていた時に「スメラ学塾」が出てきて気になってはいたのですが、それに連なる印刷物=こんな楽譜が手にできるとは思っていませんでした。しかも、原節子の映画とも関係するとは。驚くべきエフェメラ! ではありますが、しかし一体誰がどういう動機で欲しいと思うものなのか…くだくだしい説明に延々時間をかけながら、いまもってさっぱり分かりません。
余談になりますが、コルビュジエのもとで学んだモダニスト・坂倉とスメラ学塾の組合せは、建築が政治と深く結びついているとはいえ、実に不可解。坂倉の義父にあたる西村伊作さんについて云えば、この当時の坂倉の構想(妄想?)について苦々しく思っていたとみられる記述が残されているとのこと。
ナチスと神智学はじめ、どうやら全体主義とオカルトとはとても親和性が高いようで、いまだ学術的に実証された歴史より神話的な歴史を言挙げする方たちが権力中枢とコミットしている今日、あながち過去のことだとばかり云っていられない気がします。

その坂倉準三が展覧会常任理事となり、会場設計を手掛けた『復興アジア レオナルド・ダ・ヴィンチ展』の解説冊子、出品目録、絵葉書袋付8枚が夏季休業前のトリ。展覧会の開催は昭和17(1942)年で上野池之端の産業会館で開催されたもの。
主催者としてクレジットされている「日本世界文化復興会」は「スメル学塾」の立役者・小島威彦や「クラブシュメール」の仲小路彰らの働きかけで結成されたエリート交流クラブ。展覧会では「学塾」にも関係が赤い末次信正海軍大将を会長に、錚々たる政治経済界・軍関係者の名前が並んでおり、つまりこの企画、「スメル学塾」ありきの企画のようです。
それにしても何故アジア復興でダ・ヴィンチなのか? というあたりは解説冊子の随所に、"ダ・ヴィンチの万能=日本の軍事力"による"ダ・ヴィンチが憧れたアジアの回復=アジア復興"という無理のある小理屈が記述されていて非常に奇妙かつ面白くもあるのですが、本日ヨレヨレのためここまでとさせていただきます。夏の朝5時はもう完全に立派な朝です。やれやれ。
みなさまにおかれましてはどうかご無事で よき夏休みをお過ごし下さい!
 

20/08/01 夏季休業のお知らせです。新着品のご案内は来週改めて!

■誠に恐縮ながらHPの更新は来週にさせていただきます。
店は来週火木土曜日の13時-19時で営業いたします。夏季休業は8月9日より17日までの予定ですが、変更する場合は随時お知らせいたします。


■画像は新着品から1点。
いまからちょうど100年ほど前の中国・上海租界風景写真。古びた額の裏側に残っていたシールがミソ。ノース・シーチュアン・ロード(北四川路)にあった額と家具の専門店「泰新美術鏡架木器店」とありました。
裏面シールについてはFacebookの「古書 日月堂」でご覧下さい。
  https://www.facebook.com/%E5%8F%A4%E6%9B%B8-%E6%97%A5%E6%9C%88%E5%A0%82-283455908403652/

■東京ばかりか全国でコロナ感染が止まらなくなってきました。みなさまどうかご無事で!

 






 







 

 

 

20/07/18 戦後日本美術のアヴァンギャルド、初めての と 再びの と 。

■東京都の新型コロナウイルス感染者数が昨日17日は293人と過去最多となった他、緊急事態宣言解除後最多のレコードを更新する自治体が相次ぐ事態となっています。
表参道という都心に店を構えてはおりますが、根津美術館が9月上旬まで休館していることもあり、小店のあるあたりは自粛期間とそう変わらず、とても静かな日々が続いています。
交通機関が込み合う時間帯を考慮し、営業時間は13時より19時までと短縮しておりますが、当面はこれまで通り火・木・土曜日の週3日は店を開ける予定でおります。
マスクの着用と店頭での手指の消毒については、引き続きお客さまにご協力をお願いいたします。
お探しのものがあれば、店頭でお申し出でいただくか、メールでお問合せいただければお答えできるものもあろうかと存じます。
こうした状況だからこそ、店は、お客さまと店の者とのコミュニケーションを通じて買い物をより楽しく少しでも充実したものにしていただく場、或いは関心や興味のありかを新たに発見するための装置でありたいと念じております。
いつ終わるとも知れない困難な状況が続きますが、小店の流儀を変えるつもりはありません。
時代から遅れをとった古本屋ですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

久しぶりに"買い逃したら一生後悔するだろうな"と思えるものが市場に出現しました。関係する他の出品のいくつかが「止め札」で落札されていなかったこともあり、やきもきさせられましたが幸い落札できたのが今週の1点目。
以下、『ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡展』(2014年 渋谷区立松濤美術館)図録P173より。
→ 件名:「表現の不自由」展/発生日時:1967年8月17日-22日/発生現場:村松画廊 草月会館ホール/事実:千円札裁判の第一審の有罪判決を受け、控訴審に向けての資金作りを兼ねて、千円札事件懇談会が企画した展覧会。(中略)展覧会最終日(略)には、「芸術の不自由」展シンポジウムが開催された。(後略)
入荷したのはこの図録のP173に掲載されているのと同じ8月22日午後6時~の「表現の不自由」展シンポジウムの「会員券」と「入場券」各1点。画像中では、荷札が2点ありますが、これは同じ荷札の表と裏をお見せするための加工です。
名刺大の会員券には手書きの会員番号と「赤瀬川」の朱印が認められます。
市販の「鐡道荷札」(戦前のデッドストック?)を利用して「おぎくぼ画廊内 千円札懇談会」を「荷送人」に「草月会館ホール」を「届先」としているのが入場券で、入荷した1枚には「招待」の文字と「石子」の朱印が認められることから、千円札事件裁判では証人として法廷にも立った石子順造から関係者に送られたものと見られます。裏面には、2部構成のシンポジウムの内容が孔版で印刷されています。
エフェメラの中でも昨今と表現が大きく異なるのがチケットの類です。チケットの流通・販売がチケットエージェンシーに委ねられるようになって発券が機械化されるとともに、チケットからはデザインや、「千円札裁判」のように荷札を流用するといった遊びの要素が剥ぎとられてきました。挙句、いまやEチケットが主流と味も素っ気もありませんが、それ以前、とくに1960~1970年代の前衛芸術については、粟津潔や杉浦康平など有名デザイナーがチケットまで手掛けたり、日本のフルクサスがハプニングの参観券に国鉄の硬券を使うなど、チケットひとつとっても見落としがたいものがあります。使ってしまえば用済みとあって、残っているのが少ないのもチケットというもののもつ宿命。
千円札裁判関係のエフェメラは種類も多く大判の印刷物についてはまだ入手機会もあるように思いますが、おそらくは最も残っている数が少ないと目される「会員券」と「入場券(招待券)」が手に入ったのは小店としては望外の成果だと思います。
問題は経験知として「望外は売りにくい」ということで。はて。さて。やれやれ。

■ちょうど1年前の7月20日以来、1年ぶりの入荷となった『アーティスト・ユニオン・シンポジウム'76』関係のエフェメラ。今回は①「参加・出品目録」②DM ③チケット半券 の3点が再入荷いたしました(③は今回が初)。以下、昨年入荷時の説明をコピペすると…
「アーティスト・ユニオン」とは、ジャンルや地域といった旧来からの垣根を超えて、芸術家の自律的な同盟組織を目指して結成した組織であり、「アーティスト・ユニオン・シンポジウム」はその結成第一回展にあたります。
作品出品に参加したアーティストは約180人。吉村益信、嶋本昭三、松沢宥、工藤哲己、池田龍雄、桜井孝身、水上旬、小杉武久、マッド・アマノ、田部光子、山崎つる子、ヨシダ・ヨシエ、針生一郎など。
他に日替わりの企画で、フイルム・シンポジウム(松本俊夫、石崎浩一郎他)、ミュージックシンポジウム(小杉武久、タジマハール旅行団他)など…
と加筆することはほとんどないのですが、ひとつだけ、DMの宛名面に「マッド・アマノ」のスタンプ(住所・電話番号入)があるのはちょっとうれしい。ちなみにマッド氏の自称した肩書は「BLACK JOKE PARODIST」。他に、小松章三、加藤好弘、たべ・けんぞう、桜井孝身、山田疆一、斉藤寧などの名前に〇印の書き込みがあるのも気になります。
旧蔵者は文藝春秋社の編集者で中国との交流でも活躍した金子勝昭。PC上、調べられる範囲からは、〇印がどういった意味を示すものかは分かりませんでした。
1950年代後半から1980年代に及ぶプログラム、パンフレット類ダンボール2箱分のなかから出てきたものですが、新劇系の芝居にまじって、瀬木慎一企画・岡本太郎・鴨井羊子などが舞台に上がった「月岡芳年祭」DM「若松孝二のヤング・ドロップ・アウト・シネマ」のチラシ、津野海太郎演出・岸田森・悠木千帆(樹木希林)等出演「劇団六月劇場第一回公演 魂へキックオフ」冊子他、草月会館ホール「傀儡戀江戸染」チラシ、清水邦夫作・蜷川幸雄演出「鴉よ、おれたちは弾丸をこめる」プログラム・半券、堂本正樹作・四谷シモン アートディレクション・東郷健主演「奇劇 回転ドアの向こうの海」チラシ・半券、川久保玲が衣裳を担当した「一時間の恋」チラシなど雑然と、しかし面白いものが散見されて、今後少しずつ分類・整理していく予定です。

■現状どこをどうたたけば あーした考えが出てくるのかさっぱり分からない今週の斜め読みから。
自分のことは他人の方が冷静に評価できるもので。しかも他者には正直に話せたりもし。「ロイター通信」他の報道のまともなおまとめ。
https://courrier.jp/news/archives/205638/?fbclid=IwAR2m_xWRyimAf893Izyf9MlZbJ19MiRP1BtL_jRAnKmj9cBr43QVV-vIpGU&ate_cookie=1595004715
場合によっては全国紙が書けないことを女性週刊誌が書いたていたり。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f882f410932d22a6d2cb50ab51a2fbc2063a644?page=3&fbclid=IwAR3k19Xmez-aqdyIwNeiCaLNLZBkuvPDkh1uOR4l0KwcHf7zxthW9pHFYUE
アメリカでは核実験を大統領が称賛するもポチが抗議するとも思えず。
https://this.kiji.is/656672620042667105?c=39546741839462401&fbclid=IwAR2sp1qOoKSQDOgbsA97s-kFK6JHNFb3_-ljkr6c2Ch-alQZei6JKGp-1d8
そして共同通信 7/17 21:14 (JST)updated
「JR東海は17日、東海道新幹線の20代の女性車内販売員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。」
来週には Go To トラブ もとい ごーとー もとい Go To Travel キャンペーンが始まるらしい(但し東京だけ除く)。ブラジルのこともトランプのことも金輪際笑えない日本だ。どーだ。やれやれ。

 

recent catalogue C by image