#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

19/09/28 木版刷印刷物に見る明治~昭和・日本のデザイン

■更新を1回休んで、さて久々の更新を…という今日がもう9月28日!ではないかと。 来週は10月だぞと。しかも資料会大市があるぞと。
というわけで、またまた来週、営業日程に変更があります。
来週、店の営業は10月1日(火)と10月5日(土)の2日のみとさせていただきます。
ご来店をお考えの方はご留意下さいますようお願い申し上げます。
また、10月1日より小店も消費税10%をお預かりすることになりますが、9月末までに値段をつけて店に出した商品については、一部予め価格を改定記載した商品を除き、価格を据え置く予定でおります。
見返しや函、値札などに書かれている価格は全て内税扱いとなっておりますので、これまでと変わらずご利用いだければ幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。
 
久しぶりに芸艸堂の木版刷美術出版物が入荷しました。宗達筆 波濤明治43(1910)年の発行とありますので、いまからおよそ110年前の発行ということになります。芸艸堂の刊行物は長年、気を付けて見てきたつもりですが、この図案集は小店初見。芸艸堂ものの中では珍しいものではないかと思います。画像左下・茶色縞の和紙に題箋が貼られているのは筒状の袋で、完本と見て間違いなさそうです。 

波の意匠以外にあるのは扉の「観濤 鐵齋」の文字と奥付だけなので、あくまでタイトルから推察するばかりではありますが、俵屋宗達の作品から波濤を描いた部分を抽出選定、それを図案化して1冊の本にまとめたものと見られます。奥付の著者名に「故人 俵屋宗達」と記載されているのが何だかかわいい。
波濤図は全20図。全て直径27cmのなかに収められ、また、使われている色は濃淡グレーと銀色との3色だけという、非常に禁欲的なルールのもとでまとめられており、左右余白をぎりぎりまで切り詰めたバランス感覚ともあいまって、古典的というよりも現代的な印象が強い仕上がりとなっています。
とてもモダン。そして、そればかりでなく- 白い和紙の中央、中空に浮かんだような球体は地球にも似て、なるほどこれは水の惑星を描いたものではないのかと、その昔の芸艸堂アート・ディレクター氏のたくらみに脱帽しました。
 
■こちらも久しぶり、しかも7~8年越しか? という本当に久々の入荷となりました。お菓子の意匠と意匠名を木版刷の書籍にまとめたもの。『製菓美術 国菓図鑑』というタイトルで、著者は大日本大阪製菓研究所長・寺田一夫昭和12(1937)年、西宮本町にあった菓"製美術書出版"西宮書院より限定500が発行されました。
図版は36頁で全て木版多色刷。それぞれの対向頁に菓子銘とレシピが記載されています。
いまと大きく異なるのは、節句や慶事・不祝儀などの際に、向附と左右の前盛の菓子3点の組み合わせで供する様式。例えば画像中央下の「春霞」は向附に桜の羊羹、右前盛に水をかたどった練切、左前盛に藤の花の羊羹を配することで、銘を表現するといった具合。日常とは少し離れたハレやケの場で、和菓子がいかに重用されていたのかが分かります。
それももはや遠い昔のお話し。かつてはどんなに小さな駅でも駅前商店街に1軒はあった和菓子屋が姿を消したいま、和菓子の意匠の本を求める人とはさて、どこに?
 
今週はもう1点。少女趣味的という点で小店らしからぬ大正時代~昭和初期木版刷の絵封筒です。アール・ヌーヴォーやアール・デコ、或いは夢二風のデザインが目をひくイラストの中には「TOS」のサインが刷り込まれたものがあり、これは小林かいち、高橋春佳などと同時代に絵封筒で活躍した伊藤としをによるもの。 

10月の声が聞こえると、年明け1月4日(何と次回はお正月開催!)からの「銀座 古書の市」の目録作成に入ります。
これからしばらく、小店らしからぬ商品が入荷した場合は、こちらの目録用に慌てて用意したものである可能性大。
2019年もこの調子で矢のように過ぎて行きそうです。やれやれ。
 
■「表現の不自由展」のこれまでの経緯と文化庁の決定を見るにつけ、少なくとも文化・芸術の分野でつきあってくれるアーティストは国外に居なくなるだろうと思わせるに十分なものがあります。憲法によって権力の側が犯してはならないとされてきた「市民の言論の自由」は、これをもって閉ざされたものと考えます。市民の側が、進んで権力による言論の圧殺、検閲を望む先進国というのを私は他に知りません。
 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d8c8f8ae4b0ac3cdda3c528?ncid=other_facebook_eucluwzme5k&utm_campaign=share_facebook&fbclid=IwAR3WdOAt4946d40kDCBfqnbRpcOodzFW-7Inywy4AAPcapT6gPZmfN-LNH0

法に照らして正しいか正しくないのかをジャッジする裁判所は、三権分立の原理が貫かれるべきところ、政権が長期にわたった結果、現在の最高裁判所の判事15名は全員、現首相の指名した裁判官に入れ替わったと云います。先日の東京電力の刑事訴訟のあの理解に苦しむ判決はどこから? 三権分立の原理原則は本当に守られているのか? 疑念ばかりが頭に浮かびます。
https://djosaru.exblog.jp/239400854/?fbclid=IwAR38-F2wTaCp40qOHXvPpLv8d7Sh7_YyPPfrAxeDyfJOcHCPderPaI0IkN4

この国でいま通用するのは法でも理でも知恵でも知識でもなく、問題の本質から目をそらし、ただたた情緒に流れ人のあげ足をとり、相も変らぬ精神論をかざす、近代以前の野蛮なふるまい。ただそれだけ。
私はせめて、この人くらい、腹の中には怒りをもちながら、でもしかし芸のある文章によって笑い飛ばす、そんなヒトになりたいと思います。
https://djosaru.exblog.jp/239400854/?fbclid=IwAR38-F2wTaCp40qOHXvPpLv8d7Sh7_YyPPfrAxeDyfJOcHCPderPaI0IkN4 

19/09/14 武満徹デビュー! 実験工房の電子音楽!! ジョン・ケージ・ショック!!!

■台風一過。しかしまだ停電や片付けや修理などで汗をながされている方が多いと聞きます。
被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げますとともに、一時も早い復旧をお祈りいたしております。

さて、今週もまたまたお知らせから。来週は都合により店の営業を17日(火)と21日(土)の2日とさせていただきます。また、HPの更新は一回お休みをいただくことになりそうです。19日(木)は臨時休業となりますのでご注意下さい。HPの更新については次回は28日(土)を予定いたしております。
どうか悪しからず、ご容赦いただければ幸いに存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

今年は武満徹とのご縁に恵まれているようで、画像1点目はいずれも武満がらみのエフェメラです。
先ずは画像中向かって左下にご注目下さい。
質素な紙に日英併記の文字組のみ。しかも二つに折っただけ。この至ってそっけない紙ペラが、武満徹の作曲家としての正式デビューを飾るものだったとは!
昭和25(1950)年12月に開催されたコンサート『新作曲派 第7回作品発表会』のプログラムには武満の師匠にあたる清瀬保二、清瀬とともに「新作曲派」を立ち上げた早坂文雄らの若手作曲家の名前とその作品名、演奏者の使命が並んでおり、なかに「2. 武満徹 二つのレント(1950)」等の記載が認められます。これが武満の正式デビュー。
この年、武満は20歳。瀧口修造と出会ったり、山根銀二の酷評に落ち込んだり、コンサート前後のことについては、『武満徹 Visions in Times』の年譜が詳しく教えてくれるはず。ご興味あればご参照下さい。
このプログラムには今後そう出会えそうにありません。質素なものであればあるほど、二度目の入荷は望みにくい。これだけは嫌と云うほど教えられてきたはずの小店店主、そのようなことを申しております。それだけに発見の嬉しさも大きいそうで。ですがしかし。喜ぶのは売れてしてからにしてくれと、どなたか教えてやって下さい。

■画像中向かって右は、いまや名高き実験工房主催の『ミュージック・コンクレート/電子音楽オーディション』のパンフレット約15cm四方と小さい"なり"はしておりますが、巻頭にははっきり「実験工房」名による一文と、「新鮮なおどろくのない芸術なんて、無意味だ。」と始まる岡本太郎の文章を置き、武満、鈴木博義、芥川也寸志、黛敏郎、柴田南雄という参加作家それぞれに1Pをあてた全8P写真入り山口勝弘の作品の写真を使った表紙はじめ、ご覧の通りなかなか瀟洒な印刷物となっています。
タイトルに「オーディション」とありますが、今日われわれが思い浮かべるそれとは異なり、当日までにラジオでオンエアされたテープ音楽を中心としたコンサート、というのがその実態だったそうです。
詳しくは、展覧会図録『実験工房展 戦後芸術を切り拓く』の136Pに記載あり。説明責任をどうするつもりだと云われそうですが(汗)、「実験工房の活動の中でも特に影響力の強いものであった」と云うその内容については(実験工房と岡本太郎、芥川・黛らの関りにいても)そちらのテキストをご参照いただくのが最も的確かつ手っ取り早いかと存じます。
こちらの2点、いずれも美品。

画像2点目も音楽関係で。瀧口、武満とも関係の深い草月アートセンターの活動から。
随分昔のことになりますが、一度、チケットだけを扱ったことのある1962年『ジョン・ケージ デーヴィド・テュードァ 演奏会』関係の紙もの、今回はプログラムとチケット2日分がまとまって入荷いたしました。
黒と白の2色刷のなか、小さな活字で組まれたケージの欧文氏名の一ヶ所だけに赤を使ったクールなデザインは杉浦康平と神田昭夫の手によるもの。こちらの詳細については『草月とその時代』P220をご参照いただくのがよさそうです。
チケットは2点ともに使用済みながら美品。プログラムに書き込みと折れがあるのが残念ではあります。
それにしても、図録というのはやはり活用価値が高いものだとつくづく感心した今週の新着品でした。

武満徹に関してはこれだけではなく、劇団四季創立初期のチラシ・パンフレット等も多種も入荷。次回の更新でおめに入れられればと思います。

 

表現の不自由展のその後について。いまのこの国で、しぶとさと執拗であることはとても重要になってきている気がします。
 

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d7700bde4b07521023198f9?fbclid=IwAR1IQsM7hBV-2Gqxki-ySHWXIdRx8-dbHoc36MR88P3sr0WCV2bXamOHI-o

そして、今週一番も面白かったのがこちら。不愉快を愉快にかえる芸と能を備えた文章

https://note.mu/satonao310/n/nc03db0ff64fc?fbclid=IwAR3Tgk1ISVNXUf_Oopx8D6eI9gEjxdEwQXzYnoaSQN-GcZTCGYY7SOyt_TI

そういえば、「いつの時代も危機を救ってきたのは楽観ではなく悲観だ」という言葉もありましたっけ。さて、この言葉は一体どこで読んだものか … ??? 

 

19/09/07 戦後日本美術のアヴァンギャルド …『ART21』と『アンデパンダン展の解説』

■先週はFacebookではお知らせしたものの、当ページの更新を何の断りもなく休んでしまい失礼いたしました。量に圧倒されるご蔵書の整理、その第一回目の市会出品を恙なく終えたところで腑抜け状態に陥ったような次第です。
バックヤードの整理に多少は汗をかきました、という程度の今週は、真面目にやらないとね。というわけで、今週は真面目にやります。気が付けば9月。何しろ年内更新も残るは十数回となってきました。1年の何と早いことよ!
 
美術関係の資料に焦点をあてて市場を見ていると、戦前のものより敗戦直後から1950年代・1960年代のものの方が残っていないのではないかと思うことが度々あります。とくに紙のペラものや機関紙誌・同人誌などは、さて、これから出てくるものなのか、それとも高度成長期に一拍遅れた時点できれいさっぱり捨てられてしまったものか、そのあたりのことが判明するにはまだ少し時間が必要なようではありますが。今週は、この辺りからピックアップして新着品の更新へとまいります。
さて。というか、そもそも。古本屋の「気づき」などというもの、多くの場合は何かしら実体あるモノと突然出くわすか、まるで針のひと突きのような点を突破口に、古本屋よりずっと深く掘り進めているお客様からもたらされるもの、というのが相場です。
「全日本現代芸術家協議会」という団体の機関誌『ART21』は、当品と市場で出くわす数日前に偶然、お客様から教えられたいくつかのキーワードが頭にあったことで入札する気になり、かつまた落札できたものだと云えます。
入荷した『ART21』は1966年~1967年に発行された第1号から第3号までの3冊
創刊号は協議会と協議会が発行する機関誌の指針、運営、骨子、概要などについてひたすら明文化することに徹した地味な内容ですが、会員名簿に秋山祐徳太子や、近年、反芸術パフォーマンスの流れに位置付けられた小山哲男といった名前があるあたりに、不穏な気配も。
その空気は第2号で早くも細部にまで充満、第2号・3号の記事タイトルの抜き書きだけでも十分に伝わるかと思います。以下、その抜き書きをあげておきます。
第2号 →  ガガ現代美術会「グループ芸術論」、小川哲男ビタミンセンター「ビタミン・アート」、松本百司「通俗物の時代 <カンバン絵画の可能性>」、ゼロ次元 為夫・ド・コバンスキ「中間分子を追放せよ!」、美術集団「残党会議」事務局(秋山祐徳太子他)「風に向かって臨むゲリラ芸術集団」、「あるグループの記録 ROZO群」、「存在解説家 佐々木耕成のPERFECT思想解説」、「ジャック美術館シリーズ完了報告」、「千円札裁判 第一回公判ひらかれる」など。
第3号 → 小山哲男・ちだうい「ディーティングショウ」、福田勝ぽん「1 歩く芸術 ネオ・コミニュケーション 2 くたばれ美術館」、「POP以後の思想と変革-イエスアート論 JACK・ジャックの会キャンペーン」、0次元 加藤好弘「あさいますお遺作追悼儀式典のこと」、0次元出版出版「黒赤金玉袋 堂々創刊迫る 原稿募集!」、「公募 毛穴コンクール」などなど。上記、決して誤打ではなく、印刷されている通りに入力したまでですので、決して誤解のなきよう…。 
なかには田村隆一「詩の実現」、石子順造「美術における近代を撃つために」といった、極めて正攻法(?)な記事もあるにはあるのですが、例えて云えば "ブレーキーの効かないクルマのアクセルを全開にしてアナーキーに突っ込んで行った"とでも云いましょうか、いやはやタダモノではありません。
かくもユニークな存在について、気付かせて下さったお客様にはただただ感謝あるのみです。 

ついてに申し上げておくと、例えばご蔵書の整理の際など、古本屋には買って下さるりとは反対に売って下さるお客様もいらして、そうした旧蔵書から教えられることもたくさんあります。買って下さるお客様、売って下さるお客様、その両方から実にたくさんのことを教えていただける古本屋というのは、思えば商売冥利に尽きる仕事であることよと、改めてそんなことを思っております。
 
■戦後日本の前衛美術を考える上で、「読売アンデパンダン」を避けて通ることができないのは周知の通りであり、第一回分含め、出品目録については何度か扱ってきたことがありましたが、こんな冊子があったとは。現物を手にする機会があって今回初めて知りました。
昭和24(1959)年文学解放社発行、読売新聞社文化部編『アンデパンダン展の解説』の初版本・帯付き。ご覧の通り、わら半紙のような粗悪な紙を使った軽装判と云う典型的な仙花紙本。装丁画は岡本太郎。帯まで残っているのはもはや奇跡に等しいと云っても大げさではないでしょう。
読売アンデパンダンは1959年2月に開幕。当書の発行年月日は開幕日と同じであることから、会場などでも販売されたものではないかと推測します。
読売アンデパンダンと云えば、後にハイ・レッドセンターの高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之の3氏はじめ、ゼロ次元、九州派から吉村益信、篠原有司男、工藤哲己等々、戦後日本の現代美術をけん引した面々が輩出した無審査美術展ですが、そのスタートとなった年に、日本ではほとんど知られていなかった「アンデパンダン展」の意味を解説した当書は、展覧会スタート当時の展覧会出品作家と同じく、荻須高徳、岡鹿之助、宮本三郎、岡本太郎、里見勝蔵など、画壇の有名作家によって執筆されています。
読売新聞社の関係者で唯一、署名原稿を寄せているのが戦前パリのアンデパンダンテン展にも通じていた松尾邦之助。読売アンパンの筆頭仕掛け人とされる海藤日出男の影は、どうやら「読売新聞文化部」と云うカンバンの後ろに隠れておおせているようです。
 
韓国の「たまねぎ男」のことよりアメリカのとうもろこしを何故ああも買わなければいけないのか、配置場所も定まらないイージス・アショアを買ったところでどうするのか、そもそもそれは役に立つのか、表現の不自由展をめぐってその後はどうなっているのか等々、我らがニッポンについて知りたいことがたくさんあるのに、一向に伝わったこないのは何故なのか、本当に不思議でならない2019年の晩夏であります。
 
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66854?page=2&fbclid=IwAR1tuzCQkfj72QK07Sc_9CLSzRozeLlNXyF1sUAQ6FWfQeF952p0aBTSu6k
 
http://tomonken.sakura.ne.jp/tomonken/statement/freedom-of-expression/?fbclid=IwAR28YzJlArvCKe-lfhEvGlKfJHpMxi8Gu1Y9Xp3u3Jf790eXEPOiNf-HG_o
 
http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1074513682.html?fbclid=IwAR2VDFjDOudcm4GUpmhi-2B4Pb3NXHGCWOU6GEV4rkUcGLcN4zJ9vtdZ3kQ
 
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2018112000004.html?fbclid=IwAR1OCkQpgoND9Rwbyn9ELQq8NYQ3muwfWX2EAdBWcopQXEWrir3QoHAtVKo
 
https://dot.asahi.com/aera/2019090300029.html?page=1&fbclid=IwAR0NwhsgmMHDVYyTlriHmZuM6iPMiOgKrhfMFpyIAnyLocqYJ6mWPCg54yk
 
じりじりと、例え1mmずつであっても、より「まし」な方向へと歴史を進めてきた時代は、ここらでいよいよ終わりを迎えるのではないか? …… 日韓朝中米英露その他世界の"首脳"- 首"脳" ですと! - を見ていると、予感はますますそちらへと傾いていきます。世界よどこへ? 明日はどっちだ!?

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...