#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

20/05/09 休業期間延長のお知らせと 未紹介商品から … 秋山祐徳太子「浮遊する天心」(ブリキの他36歌仙!) 他

■前回の更新から約3週間が経ってしまいました。
みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。
久しぶりの更新となりましたが、先ずはお知らせを。
前回、店の再開は最短で5月9日とお伝えしましたが、緊急事態宣言の延長と、これに伴う古書の取引市場の休止延長をうけ、小店も引き続き休業することといたしました
今月末をひとつの目途とし、国や都の要請解除、感染状況の変化などを見ながら対応を決めていくことになるかと思います。
営業再開の折には、店内の換気や消毒、マスクの着用など、可能な限りのウイルス対策を講じますが、お客様にご協力をお願いすることも出てくるかと存じます。
詳細につきましては営業再開の目途が立ち次第、当HPやFacebookなどでお知らせいたしますので、いま暫くお待ちいただけますようお願い申し上げます。
感染者数は落ち着いてきたかのように見えますが、その数値単体では評価が難しいようです。
どうかみなさまくれぐれもご無事で、近いうちにまた店でお目にかかれますように!

折角の更新ですので、思い立って新着品でまだご紹介していなかったものから2点を選んでみました。但し、いまのところ価格は未定です。大変申し訳ありませんが、営業再開後の販売とさせていただきます。
1点目は秋山祐徳太子の平面作品でタイトルは「浮遊する天心」。ブリキを支持体とするミクストメディアで35×30cmほどのサイズ。裏面に油性マジックで署名とタイトルの他、日付(1999.10.24)とノンブル(24/36)の書き込みがあります。
このノンブルの意味は? と云うことになるわけですが、添付されている秋山祐徳太子の書状によれば、「浮遊する天心」は1999年、上野の森美術館で開催された「Hack the Future!」展の出品作品であり、佐竹本三十六歌仙絵巻(!)ならぬ「ブリキの36歌仙」として36枚に断裁、"天心の魂を来世紀にも見守りたいと思い、皆様にその気持ちをご理解いただき、ここに謹んで贈呈させ"するとあります。結構おしつけがましい贈呈品だったのではないかという疑義も生じてきそうですが、ともあれ当品はこうして配られた36点の内の24番である、ということがはっきりしました。
書状には続きがあり、秋山さんは2001年には36点を一堂に集め、"天心の心を一つにしたい"という野望を抱いていたのですが、これが実現したかどうかについては寡聞にして知らず、ただそれはちょっと難しかったのではないかと想像しております。
秋山祐徳太子と云えば都知事選に立候補しては落選した泡沫候補としてご存知の方も多いかと思いますが、前衛芸術家という本職(?)、しかも代表作が「ダリコ」であるといったことと相俟って、若い頃の私は胡散臭いおじさんだとばかり思っておりました。後年、『泡沫桀人列伝』などの著書を通じてまさか大いにお世話なにろうとは……。
著書『秋山祐徳太子の母』が話題になったことも記憶に新しく、まだまだ元気な印象があったのですが、ついひと月ほど前、4月3日に逝去。この人が語り、この人について語られた思いのほか多くの情報がいま、デジタル空間に残されていて、秋山祐徳太子という人の人となりを物語っているように思います。

■2点目は、秋山祐徳太子の『泡沫桀人列伝』に、風倉匠、桜井孝身、イトカン、篠原有司男といった、いまは錚々たる人たちとともに名を連ねている存在演劇家・蒲生和臣の『存在演劇NO.1 何もしないで来ているとき』のパンフレットです。
『存在演劇NO.1』それ自体は原宿にあるイベントスペースで行われた、何も行われなかったパフォーマンス・アート(実際には観客にお茶とお煎餅を配ったそうです)で、人を喰ったかのような蒲生氏の人となりともども、詳しくは是非、『泡沫桀人列伝』をお読みいただくとして、パンフレットは蒲生が構想したパフォーマンス・アートのイメージ、「存在演劇NO.1」のコンセプトや狙いを詳細に言語化したもの。
厚手の表紙と共紙を採用、片面起こしの頁には同じ図版をあしらった全5枚・40P。薄黄色の上質紙に印刷された蒲生の「ご挨拶」と、パフォーマンス・スタート時間以降の過ごし方に関する指示書がはさまれています。
蒲生によれば「何もしない ことを 公演すること。」というこの試みに関しては、調べてみると石子順造による『蒲生和臣の「存在演劇」--演劇の無化へ向けて』もあるようで、単に色物と片付けられないものがあることをうかがわせます。

■文字数の関係もあり身辺些事を少し。
自宅とその周辺だけで過ごしたこのひと月。古本屋開業以来24年間で初めての、思いがけない「長いお休み」となりました。引きこもりは全く苦にならないはずが、外出しないこと、人に会わないことが、なかなかの苦行であることを思い知らされています。
何より驚いているのが、物欲というものが憑き物でも落ちたようになくなったこと。物心ついた頃から何だか物欲まみれだった私であります。たぶんこんなこと人生初めて。
思えば古本屋というもの、売るあてもないままお客さまから買わせていただいたり市場で競り落としたり。仕事の半ば、或いは半ば以上を「買い物」が占めています。とくに市場など誰に頼まれたわけでもなく連日買い物する人たちが犇めく場。冷静に考えると、あそこに足しげく通う人というのは買い物が楽しくて仕方ない依存症かギャンブラーか、少なくともそれとそう違いのない人たちに違いありません。古本屋としての私に味方していたのは物欲だったという厳粛なる事実! 市場が再開されたとして、物欲がすっかり失せた私には果たして何かを買えるのだろーか。まずいぞ。
なんて笑ってますが。アベノマスクだの4日間様子見ろとは云ってないだのやっぱり1円単位まで端折らず振り込みますだのボロボロのこの国で、目下の懸案はウイルスのみならず、休業延長によってギリギリと搾り取られるばかりの経済事情とおそらくは多くの人たちからも失せ果てたと見られる物欲。いつ終わるとも知れない世界的な人とモノとの移動の制限。アメリカでは昨日、戦後最悪の失業率を記録。真面目なお話しどちらを向いても決して笑ってはいられない問題山積のコロナウイルス禍であります。
生き延びるために。来週からは熟考しつつリハビリに努める心積もりです。 

 

20/04/16 新型コロナウイルスの影響により 引き続き休業させていただきます。

■お変わりなくお過ごしであることを心からお祈りしつつ、営業に関するお知らせを申し上げます。
小店では4月7日より休業に入っておりましたが、店舗・通信販売とも継続して休業させていただくことといたしました。
今日になって緊急事態宣言を全国に拡大する動きも出てくるなど、営業再開の目途はいまだたっておりませんが、どんなに早くても5月9日以降となりそうです。
どうかご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

休業中、お急ぎの件等ありましたら、メールまたはMessenger経由でご連絡下さい。
この間にも大変有難いことに、ご蔵書の整理に関するお問合せなども頂戴いたしておりますが、現在活動を停止している都内の古書取引市場が再開してから改めてご相談させていただければと存じます。
ご不便をおかけいたしますが、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。
 
■自宅近所のスーパーマーケットではソーシャル・ディスタンスのラインが引かれ、レジの方とは透明ビニール越しでのやりとりとなりました。東京都ではPCRセンター設置検討が始まり、区によっては熱外来を設けるところも出てきたようです。
いまはただただ、あたりまえの「普段」が一日も早く戻ってくることを願うばかりです。
また表参道でお目にかかれますように みなさまどうかお元気で !
 
【画像】長期休業に備え店内を片付けておこうと、先週11日に出かけた際の帰途・夜11時頃に写した表参道駅の様子。改札内にマスクをつけた警備員二人が立っているほかはほとんど人が居ないゴーストタウンとなり果てていました。 

 

 

20/04/09 新型コロナウイルスと古本屋と日本初の映画専用館と。

■またまたHPの更新がとまっていたことで、少々ご心配をおかけしてしまったようで大変申し訳ございませんでした。
お陰さまで店主、ぴんぴんしております。それどころか、仕事の負荷が減った結果、いつもより元気だったりしております。太りはじめる始末の悪さであります。これはではもうお恥ずかしいばかりであります。
それはさておき。
更新が遅れたのは、新型コロナウイルスの影響を、店としていつ、どのようなかたちで受け止めるのが良いのか、いくら考えてもさっぱり方針がたたなかったからであります。
緊急事態宣言と云うお上のお達しを待つしかなかろう。と思ってみていたそれがまた魔訶不思議なもので。「不要不急な外出を控えよ」と号令かける一方で、理髪店もホームセンターも百貨店も日常生活に必要なものとして営業自粛を求めないとしています。
小店の場合、店で仕事をすることは生活の糧を得るために「必要」なので前者の条件にはあてはまらず、「古本だって古紙だって、日常生活に必要なものである。」とキッパリ言い切ってしまいさえすれば、ニチゲツドーも営業を続けたところで何の問題もないということですね。
残る問題は、社会構成員のひとりとしてのワタクシの道義的責任です。
私もまた「感染」を運んでしまう可能性がある。今回のウイルスは、無症状の感染者が多いと云われることから考えて、店と自宅を往復する交通機関や店頭で「うつる」可能性も「うつす」可能性も到底ゼロとは言い切れません。
年齢に関係なく、病状の重篤化が急激に進むと聞く今回のウイルス。ことは人命にかかわります。店をもつ者として、一番に考えなければならないのは、この点だと思います。
「うつす」可能性が限りなくゼロでない限り開けるべきではないだろうと。
結果、
期限をきめず、しばらくの間、店の営業は休止する、ということに決めました。
補助金を忌避しようという魂胆丸見えの「自粛という名の自己責任」。いまの政府には、この程度の自粛要請がどのような結果に結びつくのか、想像力が決定的に欠けている上に、海外各都市の経過などから得られるはずの多くの知見にも政府はまるで無関心のようです。これでは感染拡大を止められるとは思えません。もちろん、医療崩壊も。
2020年4月8日、この日判明した東京の感染者は144名。1日あたりで過去最多を記録しました。
さて、明日は? どうなる!?
 
画像は1961年8月13日以降、まだ日の浅いうちに発行されたとみられる『ベルリン』というタイトルの西側プロパガンダ誌。ですが、2020年新型コロナウイルス・ヴァージョンへと文字部分をさしかえてみたものです。1961年の8月、そこに暮らす人たちとその生活までまるごと、東と西とに隔てることになった有刺鉄線の出現から59年後の今年。彼の国では東側世界出身の女性首相のスピーチが、ドイツはもとより世界中の人の心に深く刻まれることになりました。 今回の更新でこの雑誌を選んだのには、そんな理由もありました。
いまはウイルスによって一度は隔たれた世界中の人たちが、再び握手を交わせる日の遠からぬことを! 

■画像2点目は1903(明治36)年、日本初の映画専用館として浅草で開場した『電気館』創業10周年の記念パンフレット。1枚ものを折りたたんだ形状で、片面に関係各社の広告と上映予告、片面に10年間に起こった主な出来事・記録などを写真多数とともに双六風に配したもの。写真は門前に人がひしめく外観写3点、「月世界旅行」などの当たり狂言のカット他、館内、観客など多数
『電気館』に関係する独立した印刷物を扱うのは小店これが初めてのこと。珍しいものだと思います。
『電気館』以前も以後も、映画館は長らく演劇や舞踊・ショウなどの舞台を兼ねる娯楽施設でした。『電気館』から始まる日本における映画館の歴史も120年近くの歳月を重ねてきたわけですが、今回の新型コロナウイルスのあおりで苦境に陥っている館も東京で1館や2館ではないと聞きます。
美術館・博物館から劇場・ギャラリーまで、休業続く文化施設を安心して訪ねることのできる日はいつになるのでしょうか…。
 
新型コロナウイルスに関する日本の政治を見るたびに、この国で働きこの国に税金を納めなければならいことを悔やむ日々。もっとも、アベノマスク2枚配布のご宣託があったのと同じ日、国民年金1年分の振込用紙が届いた時点で、とっくに私の心はポキリと折れちゃってました。
今週はつっこみどころが多すぎて。以下、氷山の一角。

安倍氏の答弁にみる自粛要請先の不思議
https://www.ryutsuu.biz/government/m040841.html?fbclid=IwAR0pF5tHBruq-CACSg6ilUTGXOvL6508gGE5HmAFen-5r4lrRxwEx1RGRR0
「経済対策108兆円」という欺瞞
https://lite-ra.com/2020/04/post-5359.html?fbclid=IwAR2B8INCAU6UkwbbPAZRgSqw_j-M_pnu_mqha2JCTWqxAgeyw6iTKL_tka8
世界と比べてみたい時には
 
今月下旬から店は暫く事務所として使いながら、再開の日を待ちたいと思います。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 

 

recent catalogue C by image