#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

17/03/04 詳しくは … 後日=3月4日になってやっと更新 !

■さて。先週の土曜早朝に、詳細後日とお知らせしながら放置していた2点について、今週も手を入れぬままと情けないことになっておりました。
3月4日、本日は改めて詳細を書き加え、ついでに1点追加して更新いたします。
お約束を反故にする週が続いておりますが、どうか懲りずにお付き合い下さい。なにとぞよろしくお願いもうしあげます…。

1点目は「製作 日本工房」とクレジットされているソニーのPR冊子2冊
常ながら頼りにするWikipediaによれば、ソニーの創立当時の社名は東京通信工業株式会社。1955年には全ての製品に「SONY」マークを入れることにし、1958年、社名をソニー株式会社に改称。今回落札したPR冊子2冊はまさにその過渡期、SONYがSONYとなりつつあった1957年と SONYがSONYとなった最初期・1959年のもの、力が入って当然といえましょうか。
製作を請け負った日本工房はと云えば、この当時すでに名取洋之助は手をひき、内藤初穂が引き継いでおり、1959年発行分には「製作 日本工房」という記載の横に「(責任者内藤初穂)」の文字が並びます。がしかし、この2冊、名取が1950年から取り組んでいた『岩波写真文庫』に揃えたかのような判型と紙質を採用、紙面もビジュアル=写真中心の構成で、1957年版は名取のもとで『岩波写真文庫』の写真部員を務めたのちフリーとなっていた長野重一が、1959年版は名取が手掛けた国鉄の写真集『JNR』で撮影を担当した薗部澄・細井三平が写真を担当。また、1959年版は 早くから海外市場を射程に入れていたソニーらしく、テキストは和英併記のスタイルがとられていますが、端正なレイアウトや書体など日本工房の仕事を代表する『Nippon』を思わせるところ多し。
この2冊、「“名取洋之助の” 日本工房」からは表立っては離れつつも、その実、日本工房の血を濃くひく正嫡。この後、創業メンバーの意思の通り、世界に羽ばたいていくことになるSONYのスタートにとてもふさわしいPR誌だと思います。

ちなみに内藤初穂はご存知『星の王子様』の翻訳で名高い内藤濯の息子。最近では、実験工房による「バレエ実験劇場」で構成を担当した川路明が川路柳虹の息子だとか、舞踊評論家の中川鋭之助の父親が中川一政だとかと云うのを知るにつけ、つくづく戦後の文化的豊かさは、戦前の豊かさが背景にあって初めてもたらされたものなのだといまさらながらに思い知らされています。而して貧しい戦中・焼け跡派の子女たる我らが世代のことを考えると …… 「ごめんなさい。」としか言葉が見つからないのでありました。

『HICK HACK HOCK』。木箱入りの豆本。表紙は石でできています。1995年にロンドンの「サークル・プレス」と云うところから出版されました。タイトルを検索窓に入れて画像検索すると、 当然と云えば当然ですが、表紙にあたる石の部分はひとつひとつ違っていて、これまた当然と云えば当然ですが、それを収めるための木箱は1点1点、石のかたちに合わせて刳り抜かれていることが分かります。
本文は蛇腹折りで12P。1Pに1点、鋏の形を型押し、1Pにひとつの単語を置いています。
何部つくられたのかは記載されていませんが、どう見てもそうたくさん作られたとは思えません。
最近は、「これ欲しい。」と云う欲求が薄れる一方、果敢に入札に向かおうという気持ちを失いつつある小店あるじが、少しばかり物欲を刺激されたと云う1冊です。

 買うべきか。見送るべきか。悩んだ末に入札。こういう場合に限って落札。しかも上札。と云う古本屋にありがちな展開で入荷となりました。
『武満徹 ← 1930 …… ∞』。1964年、武満徹発行の自費出版・限定500部の内の1冊。画像でご覧の通り、カバーと函付き、本体含め状態がなかなかよろしいのです。
がしかし、どうしても気になったのは中に挟まれていた1枚のハガキで、これは初見でした。
武満の本ができたことと本の姿かたち等を案内し、瀧口修造(序文より)と一柳慧の推薦文が刷り入れられ、「批判をあおぎたいと思います。」との言葉で結ばれる武満の短文と批評を書き込む欄が設けられた往復ハガキでありまして、書籍購入の申し込み先、そして武満が求めた批評の返送先ともに、はっきりと「草月アートセンター」と刷り込まれています。武満の当時の活動等から見て当然の、とは云え、こうしてはっきり姿を現わすのを見ると、ちょっと感動に似た感覚が沸いてきます。少し縦に長いハ ガキ2枚を縦につなげ、文字と罫線だけで構成されたデザインも洒落ています。
装丁はじめ書誌についてはさまざまなサイトが直ちに詳細教えてくれますので端折ります--なんてものは買わない方針のはずなんですが。まさかそれが1枚のハガキによってひっくり返されることになろうとは。しかも、それが高くつことになろうとは。エフェメラおそるべし。

■既読記録 20170301-0304 : 「家庭教育支援法」成立目指す自民 「伝統的家族」なる幻想  家族の絆弱まり、家庭の教育力低下--!?  「共謀罪」の創設に反対する緊急統一署名  【安倍晋三記念小学校】やっぱり大量のゴミはなさそうだ 航空写真で検証 小池晃氏「質問は必ず裏取る」森友学園“爆弾メモ”  テロ準備罪に「テロ」表記なし 「共謀罪」創設の改正案を全文入手 etc.
なごみ系をお求めの方はこちらをどうぞ。マーブル紙製造過程には目が釘付けです。
→ https://www.facebook.com/Vintage.et.Industrial/?hc_ref=NEWSFEED&fref=nf






17/02/18 朝香宮鳩彦王へのメッセージ63葉他

 ■今週はつべこべ云わずに新着品のご紹介にまいります。
すでに落手はお知らせしておりましたが、詳細不明で棚上げにしてきた「朝香宮鳩彦宛 絵葉書63枚」について、ようやく目鼻がつきました。
絵葉書は明治末頃のものを中心に、最も新しいもので1933年5月25日付のパリからの葉書。全て切手・消印のない状態で、何も書かれていない数葉を除き比較的短いメッセージと宛名、差出人名(但し略称)が書き込まれています。
朝香宮の東京の邸宅は、現在「東京都庭園美術館」となっていることはご存知の通り。いまの目黒駅を挟んで反対側には「元競馬場」なる地名が残っていますが、残された葉書には「競馬場に来たついでに御機嫌伺い…」といった内容の数葉があることから、投函されたのではなく留守と聞いて伝言を届けたものか、パリからの葉書にも切手・消印のないことから皇室関係者には葉書の場合でも封書が必定とされていたのか、ここまで揃っていると何らかの理由があってしかるべきもの考えてはおりますが理由は確定できず。
宛名は「朝香宮様」「鳩彦様」「鳩様」と明らかに朝香宮鳩彦その人に宛てている他に、「鶴様」「靏様」と書かれたものが多く、これはさて、朝香宮鳩彦に宛てたものかというのが一番の疑問でした。鳩ではなく鶴もしくは靏とはこれ如何に?
よく見ると、同一差出人が「朝香宮」と書いたり「靏様」と書いていることから後者も朝香宮宛てで間違いないように思われますが、いま少し論拠となりそうなことはいまのところたったひとつ。
鍋島直泰に降嫁した朝香宮鳩彦の長女持参のひな人形について記したサイトがそれ。
http://www.nabeshima.or.jp/main/156.html
「背面の紙縒より、男雛は紀久子(花印)、女雛は紀久子の父朝香宮鳩彦王(鶴印)所用のため、現在は一対として伝わるが」云々。念のため申し添えておくと 「云々」はでんでん ではなく うんぬん。それはさておき、ここで朝香宮と「鶴印」が初めて結ばれました。

 差出人はというと、「杉より」「杉印」「桐」「桐印」などと書く人もいて、こちらもまたやんごとなき方々かと思われますが、最も面白いのが先にも挙げた パリからの1通。鳩彦王のフランス滞在が長期化し、夫人が渡仏。夫婦ともにパリ万博に通った挙句、アール・デコ様式の本格的な洋館を日本で建てることになるきっかけとなったのがフランスでの交通事故。これはよく知られたことですが、この葉書には事故の際に救護と看護にあたった人たちの近況とサイン、担当医師の近況などが書かれています。差出人の「齋藤眞」なる人の素性は詳らかにできませんでしたが、朝香宮宛とするにこれ以上はない内容と云えましょう。価格はこれから検討します。

松屋銀座での即売会はここ数年、砥部焼とアンティーク・ウォッチの三つ巴での開催で、時計の業者さんたちから資料はないかと尋ねられるのが吉例となって います。がしかし。これが案外むつかしい。なのに。その催事が終わったばかりのこのタイミングで市場に出てきたのを落札。時計関係のカタログ・パンフレッ ト等冊子9冊。明治30年代か大正10年頃までのものと見られます。
『時計定価一覧表』国産懐中時計の量産に成功した日本橋区本銀町・田中時計本舗の明治22年の商品一覧(図版入)
見開きの図版頁は池之端仲町通の大正11年の『吉田時計店定価表』。タバン、プランケン、チソット、オリスター等輸入時計商。
下段右から3点は大阪の時計商のパンフレット。高級感と云う点では、今回入手した東京の小店のものに優り、『ISHIHARA SHOHO』の女性飛行機乗りの腕に時計を描いている表紙などにはモードへの目配りも見られます。
下段左端、『大勝堂商品案内』は銀座通尾張町にあた大勝堂時計商会のカタログで、「欧米各国直輸入 銀時計美術商品」を図入りで紹介しています。
腕時計についてはまだまだデザインも単調ですが、商品ラインナップや価格帯等、資料として見るには面白そうです。

■ここ最近の斜め読みから。武器購入「米国の雇用にも貢献」安倍首相が答弁 <トランプ大統領>会見で独演会一貫性欠く持論まくし立て 種子法廃止食料主権に逆行の危険 サソリ型自走式ロボ16日初投入福島第1原発2号機の調査 マイナンバー1992人分流出制度開始以来最大規模 「愛国心」と「天皇国日本」が教育理念 「9割引」で国有地を買った小学校、名誉校長はあの人 安倍晋三小学校 総統閣下は大統領への貢物に年金を持っていくつもりです 安倍晋三首相「私は朝日新聞に勝った」 トランプ大統領「俺も勝った!」 ゴルフ会談で日米同盟はより強固になるか?… 斜め読みしたうちのごく一部ですがタイトル並べただけでええそれはもうはい ………。

 

17/02/11 やっとの更新は内容とデザインの揃った珠玉の「紙モノ」で !

 ■2017年もはやひと月が過ぎながら、年明けて以来、きちんとした新着品のご紹介はこれが初回とは。深夜から早朝に及ぶこの作業、相当に負荷を 感じるようになってきているのですが、しかし、これがあるから店が如何に売れなかろうが市場に通い、ざっと見るにおもしろそうなものがないように思える時でも市場の隅をつついて買うべきものと見つけようと努力してきたわけでありまして、気が付くと、このページがある種の「つっかえ棒」の役割を果たしているのでした。そう簡単にはずしてしまうわけにはいくまい。と云うわけで、新着品ご案内も再開と相成りました。
依然、文字化けの問題を抱え、直接入力に頼るため、お見苦しい部分などもあろうかと存じますが、ご容赦下さい。
…と云って2月6日更新をお約束したのを反故にして、ようやくの更新となりました。再三の延期でご心配下さった方もいらっしゃって、恐縮の至りです。大変申し訳ございませんでした。少なくとも店主は元気でおりますので、どうかご心配ご無用に!

古い紙モノを扱っていて、いつも答えに窮するのが印刷技術に関する質問です。ほぼ間違いなく分かるのは木版くらい、石版とシルクスクリーンについては概ね判別できるがけれども少々あやしくなり、現在最も一般的に用いられているオフセット印刷以外の印刷技法となると全然覚束ない …… これが実情でありまして、誠にもって情けない次第。とりわけ古い印刷物のなかには、平気で複数の印刷技法を組み合わせてつくられているものなどもあり、手元に常備している戦前の印刷技術の書籍に綴じ込まれているサンプルと比較して見てもお手上げというケースも珍しくありません。これも偏に小店店主の勉強不足ゆえ。とはいえそれにしても、印刷技術については複雑怪奇の感があります。
市場で『Half-tone』と題された、この小さな冊子を見て思ったのは、「これで印刷技術のかなりの部分が分かるかも」と云うことでした。
約12cm角・24Pの冊子は、いまも印刷屋さんが集まる東五軒町(牛込区→新宿区)にあった「平和写真製版所」が発行した自社製品に関するパンフレット。網目の粗密を横並びにして解説を付すなど、同社が製作する印刷物に関して必ず図版と技術解説とのセットで紹介したもので、実に懇切丁寧。
で。一読氷解かと云うと、どのような化学反応を応用したものかなど、ひとつひとつの工程に至るまであまりに詳し過ぎ、まわりくどいテキストが、むしろ理解を妨げることになり、結果、やっぱりよく分からない。
ですが、写真製版で得られる凸版の種類、同一技術を用いながら精度の幅がどの程度あるのかなど、アタマを整理し、或いは印刷物と比較検討するのにはかなりの情報量をもつのは確か。昭和11年の当パンフレット発行当時の先端印刷技術を知る上での貴重な材料になるかと思います。

 もう1冊、『白蘭社サーキュラー』は同社の高度なリトカラー印刷を写真印刷4図で伝えようとしたもので、宣伝文句のみでテキストはありませんが、精度の高い図版を小さいながらも端正な冊子にまとめた佳作。
2冊とも、そのデザイン含め、とても好ましい印刷物です。

■珍品および好ましい印刷物が続きます。いずれも発行は昭和10年前後とみられます。
『ラ・ルーナ美爪液 色ノ選ビ方 及ビ 其色見本』はマニキュアの色見本帖。全10色のサンプルを貼り込み、主な用途・相応しいシーンを紹介。随分長く紙モノを扱ってきましたが、マニキュアの色見本は小店初めてです。
『1936 A SPRING SAMPLE』は銀座の紳士服店マツムラのワイシャツの柄見本帖。20点の生地現物が貼られています。価格記載有。
『mannequins Shimazu-Kyoto』は島津マネキンの商品カタログ。A4・8Pに洋服用、和服用、帽子用、靴台などのマネキン写真と特徴を記載。価格表付き。
『IMPERIAL HOTEL』はライト館当時の帝国ホテル英文パンフレット。わずか4面ながら館内写真3点他を掲載。表紙の図版も見事です。
久しぶりに粒の揃った紙モノたち。本日店のキャビネットに並べてご覧に入れる予定。

彼の地のインフラ整備と雇用促進のために何故か自国の年金を手土産に亜米利加へと渡った人が、豪華リゾート地でゴルフとは。批判精神まで失ってしまった日には世も末。
その彼の地では、こんな抵抗の仕方もあったかと、その鮮やかなやり口に感心するばかりです。→ ニューヨーク・タイムズ 2月3日付。

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...