#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

20/01/18 2019年お仕舞いの落札品と2020年お初の落札品より

■ようやく2020年の店の営業が始動いたしました。大切な商品についてはほぼほぼ店内のしかるべきところ、と云うのはキャビネットの引き出しなり箱の中なりに放りこんで、店での日常業務を取り戻すまでにあと一歩といったところにこぎつけました。
来週より暫く店は火・木・土曜日の各日12時~20時で営業いたします。
かくしてニチゲツドーにも新しい年がやってまいりました。
今年も「居住者以外立ち入り禁止」の表示をものともせずご来店のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

今年は1月4日に即売会がスタートしたため、この年末年始はまともに新着品のご案内もできませんでした。そこで、今週は2019年最後の市場での落札品と2020年最初の市場での落札品から1点ずつをピックアップしました。
先ずは2019年の市場から。
「竜田牛歩編」「牛歩編」とも記された『ワタシノエホン』3冊
竜田牛歩なんて全く知らない名前でしたが、明らかに手書きのタイトルに目がとまってページを繰れば素人ならざる達者な絵が。タッチや色彩感覚も小店好みです。
いや、そんなことより!! 3冊それぞれ半分近くのページに仕掛けが施されているではありませんか!!! そうでなくとも壊れやすい仕掛けのほとんどが、いまもしっかり支障なく動くことにも驚きました。
竜田牛歩は龍田精三の名前で多少は知られた明治時代の浮世絵師だそうで、田口米作の門人だったとか。その田口は小林清親の門人だったので、牛歩は清親の孫弟子ということになりましょうか。それはさておき、師の田口は雑誌『小国民』の挿絵も描いていたと云いますから、牛歩のこの絵本も田口の門人らしい仕事と云えそうです。牛歩はまた、東京美術学校の西洋画科卒のエリートでもあり、私なんぞが見ても達者な絵だとすぐわかるのも当然と云えば当然なのでした。
このあたりのことは全てwikiから簡単に引っ張ってくることができるのですが、1876年生まれとされる竜田牛歩こと龍田精三の没年は不詳。
『ワタシノエホン』では例えば子どもたち、とくに男子が国民服を着ていること、描かれている自動車のデザインなどから見て、市場で入札する時から、日中戦争~太平洋戦争の時代に描かれたものと見ていましたが、改めて全ページ確認していたところ、「紀元二千六百歳式典 舞楽 昭和楽」と記された絵が出てきました。これによって、竜田は少なくとも昭和15(1940)年までは存命だったと見られます。 

肝心の仕掛けについて云えば、高波を越えて航行するヨット、糸と腕が動く凧揚げ、70cmの長さで続く高架橋上を走る列車、弧を描いて飛ぶ玩具のプロペラ飛行機、桜の満開の中を飛ぶ鳥の群れ、餅つきをする月の兎、延々180cmに及んで移り変わる車窓の風景が描かれた「十國峠のドライブ」等々、多彩なアイディアとギミックとに注がれた情熱に驚嘆するばかり。
さてこれは、挙国一致に傾く国情に同調したものか、暗い時代が迫りくる予感のなかで自己の満足になぐさめを見出そうとしたものか、そのあたりの評価は分かれるところかと思います。

■こちらは今年最初の市場で落札した『MUSASHINO』=「千九百二十八年十二月十四日 武蔵野館新築落成開館記念」のパンフレット
A4をひとまわり小さくした8Pの薄い冊子で、他に「映画劇場武蔵野館新築工事概要」2Pが綴じ込まれています。
冊子本体には「新武蔵野館案内」「武蔵野館新築落成記念開館式」の番組(アレキサンドル・ペトロフ独奏! 徳川夢声他による「街の天使」!他)、新宿と所縁の深い設計者・明石信道の寄稿(武蔵野館は明石の処女作)、ペトロフ氏について、などの他、「"武蔵野ヴォードビル"の計画に就て」(=長文)といった記事も。
また、「工事概要」では規模、施設、設備、工事関係者等詳細が記録されている他、裏表紙には平面設計図の写真図版が、中面には館内・外観の一部を写した写真図版が収められています。
新宿武蔵野館は大正時代に誕生、関東大震災で被災した後、1928(昭和3)年に移転してロードショー館に転向。このパンフレットはこの時のものですが、ロードショー館への転向以外に、"「武蔵野ヴォードビル」なる華麗絢爛たるショーを上場する計画"があったことが分かる貴重な資料。
「う。ここまで来たか…」という落札価格ゆえ、決してお安いものではありませんが、正直、再度探せと云われたところで見つかるようなものでないことだけは保証付き。と云っておきながらアレですが、表紙のデザインがまさにツボで買ってしまったために、一体どのような方がこれを必要とするのか…いまのところさっぱり分かっておりません。はっはっはぁ~あ。

■かくして2020年もなかなか厄介なところからの船出となりました。今年もたくさんのご教示とご厚情を賜りますように、改めてお願い申し上げる次第です。 

 

20/01/11 本年もよろしくお願い申し上げます!

■2020年に入り早くも10日が過ぎました。松屋銀座での「第38回 銀座 古書の市」が小店今年の初売りとなりましたが、年頭早々から大変多くのみなさまに会場にお運びいただき、またたくさんのご注文を賜り、参加17店全店、お陰さまで大変良いスタートを切ることができました。
改めて心より感謝申し上げる次第です。本当に有難うございました。
1月10日には早くも初市に参戦、成果も手にいたしておりますが、ご注文品の発送作業や店の復旧などまだまた山なす残務の関係で、今年最初の新着品ご案内は1回休んで来週からとさせていただきます。
また、店の営業は1月11日(土)の午後1時~20時、来週は16日(木)・18日(土)の12時~20時とし、12日(日)~15日(水)はお休みさせていただきます。
年頭早々よりご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦のほど、また16日以降のご来店をお願い申し上げる次第です。
2020年もたぶん、ではなく、間違いなく、誠に勝手な営業が続くかと存じますが、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 

 

 

19/12/21 2020は「第36回 銀座 古書の市」でスタート! よいお年をお迎え下さい!!!

■2019年も残すは10日ばかり。今週初めには、新春1月4日にスタートする「第36回 銀座 古書の市」の目録もお客様のお手元に届きはじめ、店もほぼ "古書の市体制"となってきました。
準備作業が続いていること、目録掲載品の最終点検作業などの関係で、店の通常営業は本日21日(土)までとさせていただきます。
来週のご来店については、目録掲載品の確認ご希望のお客様のみ、26日(木)に限り承ります。すでに多くの時間が埋まってきておりますので、ご希望のお客様はお早めにご連絡いただければ幸甚に存じます。
多大なご不便をおかけし心苦しい限りですが、何分にも搬入~会期~撤収通じ店主一人で務める小店のこと、ご理解賜れば幸甚に存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。
尚、目録掲載品のご注文の締切は12月30日(月)で、ご注文重複分についてはこの日に抽選となります。お目に留まるものなどございましたら、お早めにお申し込み下さい。
 
また、HPの更新は年内はこれで打ち上げとさせていただきます。2019年もご愛読(?)、本当に有難うございました。
だがしかし。目録受注状況に不安を抱えて、これからも引き続き発作的かつ間欠的にFacebook「古書 日月堂」、Instagram「日月堂」のページを使って会場出品商品についてご案内させていただいておりますので、どうか是非、ググって御覧いただけますようお願い申し上げます。
 
2020年の小店は、1月4日(土)午前10時より、松屋銀座8階イベントスクエアでの「第36回 銀座 古書の市」から始動いたします。
画像1点目は会場での販売商品のひとつ。2020年にちなみ、長年寝かせた書道用の和紙ひと〆(40枚前後~)2,020円で販売いたします。紙の種類もまちまちなら、枚数についても多少の多寡あり、運試しにも似たこちらの商品は数量に限りあり、会場で早い者勝ちとさせていただきます。
この他、エフェメラ専門店として和から洋まで会場には多種多様な紙モノを投入いたします。
お正月には会場でお目にかかれますように、そして、2020年もよろしくお願いいたします。 

さて、ここからは少し「第36回 銀座 古書の市」小店目録部分に関するお話し。当HPと目録とをご覧の方にはお分かりいただけるかと思いますが、目録掲載品の多くは当HP(あるいは店頭)などでご紹介したことのあるものです。がしかし、一度もご案内しないまま、この目録に直行したものというのもありまして、画像2点目などは何故これをHPでご紹介しなかったのか? 自分を疑いたくなるような内容をもつ長谷川潔の自筆書簡。内容については以下、目録の原稿に多少手を加えて写します。
 
58.長谷川潔自筆書簡  岡鹿之助宛 1951年 4枚・6面 封筒付
岡鹿之助への返信と自作12点の春陽会出品依頼/返信(2枚3面)=自分が大戦勃発以来、日本で長らく忘れられた存在となってしまったこと、フランス画壇でも敗戦国民は精神的・物質的に大打撃を被り生活に困窮していること、岡からの手紙を機に春陽会への出品を決めたこと、出品にあたっての注意(展示時の光線詳細指示等)と第17回以降の春陽会カタログと会員名簿の送付を依頼など/出品に関する指示書(2枚3面)=画題・制作年・版画技法・価格調整り場合の考え方(価格上下調整を思わせる印鉛筆書込有)、版画を扱う際の注意や“額装に入る前に成る可く他の人に見せられぬ様”など、非常に細かい注文が記される/額装と台紙(1枚1面)=額物の幅、形状、材質、塗装、作品毎の台紙の切り抜き方・切り抜き寸法・台紙中央切抜寸法等指示は詳細を極め、作家が理想とした作品展示の姿が具体的に浮かび上がってくる。
 
細かく几帳面に一文字一文字彫琢するかのようにつづられた書簡には、長谷川の執念的ともいえるこだわりがこめられいます。
天上天下唯一無二のこの書簡、さて、売れるかどうか。
ここから先はお客様の腹ひとつ、古本屋はじっと待つのみであります。
 
目録掲載品で、やはりHPでご紹介しなかった主な商品を挙げておきます。ご興味をお持ちの方はお問合せいただければ幸いです。
No.9 勝川春草「乱菊」順序刷   No.11 茶室起こし絵図(附篇すき屋之沿革) No.15 日英博覧会賞状  No.21岡本東洋オリジナル写真9点一括  No.30フタバ会懸賞図案集(大丸呉服店)  No.42 富士製紙創業25年記念製品見本 No.47 Aoi Weekly(村山知義)2点一括  No.56 新京・哈爾浜鉄道・ホテル他会計伝票45点一括  No.70 慶應義塾バレエ研究会会員旧蔵写真アルバム  No.83 武満徹音楽(クレジット入)劇団四季初期公演印刷物9点一括 No.90 ジョン・ケージ著述翻訳 海藤日出男宛献呈署名識語入 No.95 ロカビリー画家篠原有司男初個展DM 海藤日出男旧蔵ドローイング入 No.98 大島辰雄筆「赤瀬川原平(克彦)意見陳述」 No.100 千円札裁判第一回公判法廷見取図 No.101 "千円札裁判へ"  No.103 PIERRE6 松沢宥表紙及び寄稿 No.105 赤瀬川原平「あいまいな海」  109.今泉省彦ドローイング(1950年代) … など
 
今年も更新毎に寸鉄的リンクを貼ってまいりましたが、情けないことに挙げていけばきりもなく、とりあえず2019年の締めくくりはこれでしょうか。
https://forbesjapan.com/articles/detail/31357
伊藤詩織さんの民事裁判の判決には久しぶりに司法の矜持を見ることができて、今年の救いはこの裁判と「いだてん」に尽きたように思います。
2020年はさて? 古書の市はさて???
ともあれ みなさまよいお年をお迎え下さい! 

 

recent catalogue C by image

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...

al0802-3.jpg

仏)MALEVITCH マレビッチ...