#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

16/12/17 2016年12月17日現在の年内の営業案内と洋雑誌新入荷のお知らせです。

 ■更新は年内あと1度くらいかな、と云っていたのですが、ややや!来週は火曜日も営業できないかも!と云うのに気付いて慌てている現在が2016年12月 17日0:18。今年も残すところあと2週間ばかり、不定期この上ない年内の店の営業日だけでもお知らせせねばと、慌ててPCに向かいました。
年内、12時より20時で店を開けているのは 12月22日(木)、24日(土)、27日(火)の3日。あと3日だけです。残っている作業もろもろ考えると、20日(火)は夕方より、19日(月)・ 21日(水)・26日(月)のどこかの時間と、あくまで「ひょっとすると」ですし「あてにならない」ところではありますが28日(水)と29日(木)あたりも店で仕事をしている可能性はあります。
いずれにいたしましても、確実に営業している(はず)の3日以外、年内のご来店は店主在席を数日前~当日に一度ご確認いただいた上でお越しいただければ幸甚に存じます。
あと1回の更新で、また改めて、もう少しは確実性の高い営業予定をお知らせいたしますが、ともあれ先ずは確かな3日間でのご来店を、よろしくお願い申し上げます。

今月はこれまでのところ五反田の入札会が最も小店向き、フランスの19世紀末空20世紀前半を中心に蒐集された洋雑誌の口が出品されていて、久々に買う気にスイッチが入りました。
画像は落札品のなかから、現在店に収まっている『LA BAIONNETTE』1915年~1919年発行号内59冊、『Wiener Magazin』1928年~1934年発行内40冊のそのまた一部。

 『ラ・バイオネット』はご存知の通り、第一次世界大戦中の戦意高揚を意図して出版されたフランスの週刊誌。薄冊で、しかも新聞紙のようなどちらかと云うと 粗悪な紙を用いながら、カラー印刷を多用。何より、ポール・イリブ、セム、スタンラン、ヴェーゲナー、イカールなど、往時の人気イラストレーター多数が作品を寄せた結果、戦時の世相・風刺を描きながら、時代を超えて評価される雑誌となったものです。入荷したのは創刊年である1915年より終刊年である 1919年までに発行された全234号の内の59冊。保存の難しい性格の雑誌ですが、旧蔵者のお陰か全体に良好な状態が保たれています。

■こちらも同じ口。『ウィンナー・マガジン』はその名の通りウィーンで発行されていた月刊誌。
挿絵入りの読み物と美人モチーフのグラビアが目を惹く男性向けのカルチャー・マガジンといった印象の雑誌ですが、戦意高揚を意図しても表現に明るさのある同時代のフランスの雑誌とは対照的に、こちらはどこか退廃的かつ影をたたえた陰の印象。なかでも当時のモードに身を包んだ美人女性のグラビアには、退廃の色濃いものを多く見受けます。
実はこの雑誌、私は初見での落札でした。
「何度フラれようと市場には通わないといけません!」
20年前に初めて通うことになった五反田の入札会に、またしても喝を入れられた気分です。
惜しまず励め。残すところ2週間にして、初心に戻る年の瀬です。

この他、『The Illustrated London News』1920~1930年代発行内25冊、『The Architectural Review』1950~1951年発行内16冊、『BOXING NEWS』1967~1969年発行内10冊、さらに印刷用の商標等の版木 ダンボール小1箱分などが入荷しました。
年内あと1度は更新の予定です。しばしお待ちを…。

 

16/12/03 年内更新はあと1回 先ずは目前の仕事を片付けることに専念します。


■仕事の遅れをいいことに、先週はとうとう何のお断わりもせずに更新をサボるという、自分で自分の首を絞めるところにまで至った日月堂です。こんばんは。おひさしぶりです。
年明け1月18日から1月23日まで、松屋銀座店で開催される「第33回 銀座 古書の市」にまた参加させていただくにあたり、初めての幹事役が小店にまわってまいりました。こういう時に限ってこれまでにないモンダイが発生したり、そ の余波で目録のページ数を急遽増やしたり、共通ページの校正をしたり目録部数を決定したり、目録発送用名簿の提出をお願いしたり、昨年の会場プランを白紙にして参加店の希望台数分の什器のレイアウトを考えたり … ややや。こんなにやることがあったとは。と云う日々が続いております。
しかも12月は大きな市場が続きます。来週が資料会大市と南部支部入札会、20日が洋書会歳末市、23日クリスマス大市。その間に「銀座 古書の市」の会場用商品の仕込みもしないといけません。もうほとんど綱渡りの日々。
しかし何より、「市場で全然愉しめていない私。」と云うのが大問題でありまして、自分で愉しめないものをどうしていかにも面白そうにご紹介できましょうか!--- そうです。新着品更新が滞る最大の原因は、こうした店主の煮詰まり具合にあるのでした。いやもう完璧なスランプ。
実際に、作業が錯綜を極めそうな状況と、かくなる心境とにより、年内、新着品のご紹介はできてあと1度くらいでしょうかねえ。残りの時間はとりあえず目の前の仕事を片付け、気持ちを立て直すことにあてさせていただきます。悪しからずご容赦下さい。

まだいつになるかは予定がたちませんが、2016年内、あと1度の更新まで(1度はやります。できるだけ…)、また少しお時間をいただけますようお願い申し上げる次第です。
尚、年内の営業については左上「営業日案内」とFacebookでお知らせいたします。こちらは随時チェックをよろしくお願いいたします。

画像1点目は目録ページ数を増やすに際し、当ページでのご紹介をすっ飛ばして目録掲載に直行した商品のうちのひとつ『ばっくしーと』No.1~3。日本ラヂエーターの広報用小冊子なのですが、画像中にクレジットした名前でお分かりの通り「グラフィック集団」の面々が好き勝手をやった成果とでも云うべきものであります。体裁としてはあくまで小さな冊子はありますが、とてもPR誌とは思えない内容は、ひとえに剛毅なクライアントあってのものだったかと思われます。
折角なのでもうひとつ。やはり目録増ページにあたり塩蔵していた在庫品という名の地層から発掘しました。裏面の書き込みから1960年5月、都市センター ホールで開催された「舞台実験室展 No.4」に出品された野心的前衛作品と見られる写真。舞台上、配電図のような理数学的図面上に張られた糸を舞台背景に控えるデューク・エリントンが手 繰っているように見える、その名も「デューク・エリントン」という作品。舞台実験室については小店でも一度ご紹介したことがありますが(こちら →http://www.nichigetu-do.com/navi/info/detail.php?id=584) その際には落ちていた「河原温」が名を連ね、かつまた北園克衛などとともに河原も寄稿している「特集 舞台実験室」を掲載した『演劇雑誌 四季 4』(1958年8月 劇団四季発行)とともに出現。なかなかいかした「デューク・エリントン」が一体誰による作品なのか、「舞台実験室展 No.4」がどんなものだったのか、依然全く手がかりが得られぬまま、従って目録掲載どころか値段をつけることもできず、またしても塩蔵へと舞い戻ることになりそうな難物であります。

 

16/11/19 「更新はしばらく棚上げ。」のお知らせ。やれやれ。

 ■も、もうしわけございません。先週は体調不良により何のお断わりもないまま1回お休みをいただいた挙句の新着品のご案内、先週の余波はいよいよ切迫の度 合を高め、期日に区切りのある仕事にまで支障が生じるに至りました。よって仕事の手が追いつくまでの間、あと1~2回ばかり、こちらのページの更新はお休みさせていただきます。
店は例によって例の如く、週三日、火・木・土曜日に営業の予定。ですが、突発的な用件発生などによっては数時間店を空けたり、早じまいするなど予定外の営 業となる可能性が出てきております。このため、ご来店の折には、事前にお電話で在席をご確認いただくか、Facebookでご確認いただければと存じます。ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。
画像はその、遅れている目録追加ページに入れることにした商品。見る方が見ればすぐに何だか分かるものなので何もいまさらの感もあり、目録掲載の対象から最初の段階ではずしていたのを復活させました。いきつもどりつ余白を埋めるのもまた仕事。

といっても新着品はあり。コロタイプ印刷も見事な1910年代欧州主要都市の写真帖、木版刷りでお菓子の意匠を紹介するページを毎月3~4P綴じ込んだ昭和初期のお菓子専門誌『菓宝』軍事郵便(エンタイヤ)、戦前戦後・宝塚歌劇団で脚本・演出 を務めた高崎邦祐旧蔵原稿類(売り込み原稿、予科・本科・研究生への試験プリント等含む)、こんな時代にもう視覚詩の大衆化が始まりつつあったのかと驚い た関根九雀なる人による『絵詩集(かいししゅう)』などなど、店に入っております。視覚詩の大衆化の初期段階と思われる(浅学ゆえ、この認識が間違っている可能性も大いにあり、あくまで私見である点、ご容赦下さい) 『絵詩集』は、自己満足のレベルとしか見えない作品を自費出版しただけでは満足せず、岩波茂から長谷川巳之吉、横山大観や柳宗悦、武者小路実篤、室生犀星、果ては板垣鷹穂、恩地孝四郎、瀧口修造等大御所及び新進気鋭の文化人多数に献本したと著者が挨拶状で胸を張る全九分冊函入本。いずれ機会を見てご 紹介したい何とも珍妙な代物ではあります。
はいっ! こちらはここまで。では早速、あちらの仕事に戻りますかねえ。

 ■11/19付記 : 画像がその『絵詩集』。昭和14(1939)年の発行とあって、翌年に控えていた日本国帝国の一大プロパガンダが予定されていた「紀元2600年祭」を強力に打ち出しています。肝心の「絵詩」というのが、分冊各表紙にも使われているひょろひょろとした線描画。詞書のないこのような線描画を延々と見せられるという次第。小店入荷の一冊には「拝呈 国際文化振興会 御中 著者」とありますが、さてこれを手にしたお歴々、果たして何と思われたことやら。










 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...