#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

17/12/02 カッサンドル風の南満州鉄道会社と マティスとピカソと川島理一郎

 ■12月が始まりました。もう12月だなんて。今年はちゃんと12ヵ月あったんだろーか?もしかして何か月か飛ばしちゃったんじゃないのだろーか? とか、どうしても疑いたくなるような速さで2017年が過ぎていくことになりそうです。
このページの更新も年内はあと2回になるのか3回いけるのか、なにしろまだ年末年始のスケジュールを決めかねており、さらに資料会、洋書会、明治古典会と大きな市場が今月中に3つ控えているなど、現段階では年内まだまだ読めておりません。
と云うわけで、年末年始のスケジュールについてはまた改めてお知らせすることとして、例によって例のごとく今週の新着品からのご案内です。

1点目は昭和10(1935)年版の『北鮮線案内』「南満州鉄道株式会社 北鮮鉄道管理局」が発行したパンフレットで東京、大阪、下関にあった満鉄鮮満案内所で配布されていたようです。
全面展開してひろげると54×38cmのビッグタイズ。表紙の側はフルカラー印刷で交通図(路線図)と観光地の写真を、裏面は細かな活字でびっしりと「北鮮鉄道線概要」を所収。「概要」には主要駅の地勢・産業、古跡・名所や名物の他、旅館やカフェーなどの情報が要を得て簡とばかりに並びんでいます。
北鮮鉄道管理局は大正14(1925)年より朝鮮総督府直営だった朝鮮総督府鉄道の事業の内、清津以北を昭和8年満鉄に委託した際に設置された組織で、満州事変以降活発化した日満間の移動を担い優秀列車も多数走らせていたもよう。
まるでカッサンドルを思わせる瀟洒な表紙のデザインは、組織としての勢い、或いは世界と伍していくのだという鉄道会社のプライドを表すものだったのかも知れません。
本来、ほぼ同時代のフランスのノールエクスプレスの雑誌と一緒に並べたかったのですが、こちらについてはできれば次回のご案内で。しばしお待ち下さい。


 ■画家・川島理一郎。パリのアカデミー・ジュリアンで学び、日本人として初めてサロン・ドートンヌに入選。ピカソ、レジェ、ザッキンなどと交友、藤田嗣治とは寝食を共にし、第一次世界大戦では赤十字の活動に参加。帰国時には資生堂で個展を開催、以後、資生堂嘱託としてパリ情報を伝えたり化粧品パッケージなどデザインの仕事を手掛けたり、国画会にも参加したり。昭和2(1927)年にはマチスを訪問。戦時中は陸軍嘱託として北支や南方に派遣。戦後は日本芸術院会員に …… と、さまざまな方面から接続されてもよさそうな要素をこれほどまでに持ちながら、何故か売れない川上理一郎。先週のインテリアのプレート集の比ではないくらいに売れない。市場では落札した途端に美術と自筆もので定評のある古本屋さんに「川島理一郎買ったのぉ !? 売れないよぉ!!!」と云われてしまうし。それは私も骨身に沁みて分かっております。み-んな売れないのが分かっている川島理一郎。買いました。この写真と原稿を見るとですね、入札したくもなるでしょうと云うのが今週の2点目。
昭和30(1955)年、川島理一郎が渡欧し、戦後初めて再会を果たしたマティスとピカソに関する随筆の自筆原稿(それぞれ200字×8枚)と、マティスが鋏をもって切り紙をしている写真2点、ピカソと川島が並んだ写真1枚。ピカソは気軽な様子でアトリエを案内すると「お前も60才なら椅子が必要だろうと」笑いながら椅子を勧めたと云い、マチスは切紙絵の話しになるとその場で紙を切って見せ、「これをお前にあげる」と云ってまるで遠方から来た孫にでも対するように手渡したと云います。1955年の原稿と写真には、第二次世界大戦をはさんで彼らの上に流れた時間と歴史とを感じさせて胸を打つものがあります。
落札品は実はマティスとピカソの原稿と写真だけでなく、以下に主なものを列挙していくと …… パリの風景スケッチ肉筆4点、中国風の庭園を描いた手彩色銅版画1点、「日本写真会々報」肉筆表紙1点、絵自筆原稿3点(「戦後のパリ」「パリの二千年祭」「パリの街頭(服飾)」各400字4枚~8枚)、「世界的日光」と題されたペン画(軸装)1点などなど。
売れてくれさえすればどう転んでも損はしないはずのこの一口。なのですがしかし動いてくれなければ話しは始まらないわけで。我が店の年末年始のスケジュールや、10月以来やっぱり続くことになってしまったワタクシごと同様、まったく全然先ゆきが読めないのでありました。まいったまいった。

 

17/11/25 1929年 パリのアール・デコ / 1939年 国際報道工芸のあまり知られていない本の仕事

 ■気がつけば11月も最後の更新、来週はもう12月です。この1年の過ぎ行く速さと云ったら …… (絶句)。
明年1月の松屋さんでの「銀座 古書の市」を1回休まざるを得なくなった余波はまだ続いており、店内は一向に片付かないしメールのご返信は滞るしで、醜態をさらし続けておりますが、どうかご寛恕の上、年内引き続きよろしくお願いいたします。
かつてなく次から次へとモンダイをつき付けられたこの11か月でしたが、「残りひと月はせめて安穏に、できるだけ機嫌よく過ごしたい」 と云うのが我が店主のささやかな願いであるとのことですが。さあてねえ。どうなりますことやら。

海外のプレートもの、しかもアール・デコ関係とくればすぐに売れてくれそうなものなのに、これまですんなり売れた記憶がないのがインテリア関係のそれであります。これは落札したらしたで苦戦するだろうなあと思いながら、がしかし、小店の性格上 (どんな性格だ?) 買わざるを得まいと手を出したら案の定落札できちゃったのが今週の1点目『INTERIEURS AU SALON DES ARTISTES DECORATEURS 1929』
大判、上製のポートフォリオ入りのプレート集で、序文・目次と全48葉の揃い。48葉の内、42葉が写真で6葉は手彩色の施されたカラープレートになっています。
で。これまで随分多くのこの手の刊行物を扱ってきたけれど、もしかしたら自分はずっと見落としていたのではないか!? と慌てることになったのですが、当書のカラープレートは実は写真プレートと対になっているのを発見。モノクロ写真だけでは分からないカラーコーディネートを手彩色のプレートで伝え、手彩色のプレートでは伝わってこない家具調度の質感・奥行きなどを写真プレートで確認できるという、相互補完的な優れもの。こういうの、本当にこれまで他になかったんだろーか …… とただいま現在自分自身に対する疑念が消せずにいるわけであります。
それはさておき。画像にとった2組は、「まさかピンクの花柄とは !」 というのと「ここで黄色ですか!? 」というのと、意外性の高かったものから選んでいます。
いまは東京都庭園美術館となっている本邦アール・デコ建築の秀作・朝香宮邸のインテリアとも関係のあるフランシス・ジョルダンやピエール・シャローなど、目次に並ぶインテリア・デザイナーはアール・デコ時代の代表選手たち。
一世を風靡した様式であるだけに、彼のパリの地でも完全なかたちで残されたものは少ないとされるアール・デコ。往時を詳しく知るには絶好の1冊です。

 ■巻頭に「昭和14年9月9日 朝香宮鳩彦王殿下台臨」の写真が飾られていることから、強引に朝香宮つながりと云うことで今週の2点目。『日本人造繊維株式会社 五周年記念』と題された所謂“配り本”。ですが。この判型でこの写真とレイアウト。タダモノではありませんでした。
奥付を見ると、大きな文字で「製作 国際報道工芸株式会社」のクレジットあり。思えばこの判型からして、「日本工房=国際報道工芸」的です。
「日本人造繊維」は昭和9年、木村徳兵衛が創設。当書はこの会社の創立5周年を記念して昭和14 (1939)年に発行したもので、グラビア約30Pとテキストおよび24P他からなる布装上製本です。
奥付に戻って仔細に見ていくと、先ず、「プロデユスイングマネージメント」として小林善雄の名前が出てきます。
小林は詩人で「新領土」同人、後に東方社の職員になったことが「空席通信」というサイト(必見!)に書かれており、戦時中を対外広報誌の周辺で過ごしたことがうかがえます。
(空席通信  http://www.sakuramo.to/kuuseki/aisatu.html )
撮影」には相澤敬一。当書発行の前年に、土門拳、藤本四八、濱谷浩、林忠彦、光墨弘等とともに、「青年報道写真研究会」の創立メンバーとなっています。「青年報道写真研究会」についてwikiには“新進の報道写真系統の写真家が集まることにより、当時すでに地位を確立して有力な同系統の写真家であった木村伊兵衛、堀野正雄、名取洋之助、渡辺義雄らに対抗するという意味合いがあった”とありますが、両者は早くも1941年には「日本報道写真協会」に集約され、国策に取り込まれていくことになりました。
構成・装丁」は前年に日本工房に入社、当書製作当時まだ24歳だったはずの亀倉雄策
編集後記によれば、従業員がいかに生活を楽しんでいるか、設備と製造工程を正確に示す、単によく撮れた写真を集める、この3点を総合することを基本方針としたと云います。
その編集後記は「国際報道工芸株式会社の諸氏の数週間に亘る御努力を得たことを茲に深く感謝する次第です。」と結ばれています。若手スタッフの布陣による時間と手間とをかけた仕事。隅々まで端正な仕上がりを見せるこの本の背景には、そうした要因があったのかも知れません。
日本工房=国際報道工芸の未だよく知られていない仕事の一端であることには間違いなさそうです。

 

17/11/18 ジョン・ケージと桜沢如一。再びの『REUNION』と『YOMIGAERI』について。

 ■“1968年2月、マルセル・デュシャンはカナダのトロントで行われた「レユニオン」(音楽的「再会」)で、ジョン・ケージを相手に、音響装置付きのチェス盤を使った対戦を行います。その準備と対戦の様子を写真に収めていたのが久保田成子。久保田は1960年にニューヨークへ渡り、1964年から同地でフルクサスに参加、後にナム・ジュン・パイクと結婚することになるビデオ・アーティストですが、1968年10月にデュシャンが亡くなったのを受け、「レユニオン」で撮影した久保田の写真にジョン・ケージのテキストを添え、音盤(ソノシート)を付して出版したのが『REUNION』です”と書いたのは2015年4月4日の新着品ご案内でのこと。当書に関する詳細については、ご面倒かとは存じますが、この時の記述を当項末尾のアドレスよりご参照いただくとして、以来今日まで約2年半。
この間には、ソノシートと函のない1冊を扱い、さらにここに来てソノシートと透明フィルムカバーと函のついた完本が入荷いたしました。
しかも何と2冊! 別々の市場に出品されたのをそれぞれ落札して。何しろ久保田成子の私家版と云ってよいレアな本で、実際、500部の限定出版なのですが。こんなこともあるんですね。
とはいえそこは古書。1冊毎に状態が異なります。以下、AとBとに分けて詳解すると ……

A) 扉に久保田成子の自筆で 「115/500 Mr & Mrs Toshio Matsumoto with love Shigeko Kubota 22nd April 72 in N.Y.C」と書かれており、あの松本俊夫の旧蔵品 !と見られるもの。函の小口側に退色、透明フィルムカバーの一ヶ所欠け、そして本文4ページ(2枚)に折跡があるのが非常に惜しまれる1冊。ちなみに記番のあるのはこれが初めて。
B) 当書刊行当時、美術雑誌の編集者だった人宛の謹呈箋付きで、函に焼け、透明フィルムカバーに大きな裂け、ソノシートの袋の上辺に焼けのある1冊。

 コンティションと旧蔵者の名前から、価格には「 A > B 」で差をつける予定(ただいま検討中)。
これまで小店に入荷した『REUNION』は500部のうち4冊。どうやらご縁のある本だと云えそうですが、この数字、さて、どこまで伸ばせるでしょうか。
尚、当書に関する詳細記事は下記ご参照下さい。
15/04/04 土 1968年。最晩年のマルセル・デュシャンとその周辺の人 彼らが行ったこと 出版された本。→ http://www.nichigetu-do.com/navi/info/detail.php?id=953

ジョン・ケージと云えば鈴木大拙とキノコとマクロビ。今週の2点目は『REUNION』とマクロビオテックつながる『YOMIGAERI』、洋雑誌ではなくローマ字で書かれた『よみがえり』という日本の雑誌です。
『YOMIGAERI』は後にマクロビオティックの提唱者となる桜沢如一、海外ではジョー・オオサワとしてその名の知られるその人がまだ20代半ばだった大正8(1919)年に創刊したローマ字雑誌です。1巻1号より大正11(1922)年の4巻12号まで揃い29冊が合本3冊の姿で入荷しました。
wikiによれば、桜沢は同誌を通じて「大和言葉のよみがえりを提唱し」たとされ、ローデンバックの詩の翻訳なども掲載されていますが、1冊約15~25Pとそれほど厚さのない雑誌でありながら、木版画がふんだんに使われているのも大きな特徴。
創刊号より木版の挿絵を提供していた諏訪兼紀を主力として、深澤索一、北村今三等による表現主義、象徴主義風の作品を多数所収しています。
創刊当時は活版組版と同じ刷面に組み込まれ、両面刷りされていた作品が、4巻では片面刷へと昇格するなど、誌面上での重要度を増して行った様子がうかがる他、大正11年の創刊当時には「1m YOMIGAERI NO IE BIZUTU-TENRANKAI」として諏訪、深澤、北村に、春村ただを、川上澄夫らを加えて展覧会を開くなど(合本3冊目の巻末に展覧会目録所収有)、スタート時より美術、とくに木版画を通じた表現を重要視していたものと見られます。
『YOMIGAERI』創刊2年前には貿易会社の支配人として羽二重を輸出、欧米にも渡るようになったという桜沢の審美眼によるものか、表紙や広告にまで挿入される木版画をペースとした装飾。挿絵に至るまで、どれもなかなかしゃれたものばかり。画像に採りきれなかった図版については、店頭で。是非。

■今週は店内に積んだままになっていた主にアメリカの洋雑誌を少しずつ店内に出し始めている他、明日より木版刷りの着物図案のプレートを徐々に店頭に出していく予定です。
あ。画像左斜め上の『DIE WOCHE』も新たにキャビネット上に顔を並べています。

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...