#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

21/03/13 1975-1976 タデウシュ・カントルとナム・ジュン・パイクのポスター

■「75年の初演を僕は見ているんですけど、色々とショッキングな、感動というか、ほとんどの人が訳の分からないものを見たという感じだったと思います。今でこそ僕は冷静に、これはこうで、旧約聖書で、とか言っていますけれど、ほとんど分別不可能な音と、しかもこのクシシュトフォリという地下室では埃のようなものが充満していました。カントルはわざと古い、本当に着古した衣服とか古いものを使うので、息苦しいくらいのところでした。そんな状況で、何が何だかよくわからない状態で見ているんです」

-京都市立芸術大学特別授業「『私と絵画と演劇の三角関係』あるいはタデウシュ・カントル 入門」(2014年6月30日) より
講師:関口時正(翻訳家・東京外国語大学名誉教授)
司会:加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)
https://gallery.kcua.ac.jp/uploads//2020/06/2e9843fc622029eaccfea1d7ec61892c.pdf

20世紀を代表する舞台芸術作品のひとつであり、1976年には『ニューズウィーク』が「世界で最高の演劇」と評したタデウシュ・カントル「死の教室」のポスターが入荷しました。
「THE DEAD CLASS」と英文でタイトルが記され、図版の下にフランス語風に表記された「cricot2」(=クリコ2)はカントルが1955年に結成した劇団名、さらにその下に「FIRST NIGHT: 15 NOVEMBER 1975 KRAKOW - POLAND」とあり、クラクフでの「死の教室」初演を告知するポスターであることが分かります。
ポーランドの専門サイト「演劇百科」では、この作品に関するたいへん詳しい解説を読むことができるのですが、そちらに掲示されているポスターは図版と言語(=ポーランド語)が異なる別ヴァージョン。英文ポスターはより珍しい可能性もありそうです。
当初、アイロンをかけてシワや折れを直し、ビン痕も目立たないように少し手を入れる気でいたのですが、眺めているうちに、このポスターの価値は、クラクフの街か劇場のどこかに実際に貼り出されていたことを示す痕跡にこそあるように思えてきて、あえて手を入れないことにしました。従って、ここにご紹介する状態で販売するものとお考え下さい。 

この優れた舞台作品の存在を知ったのはいまから35年ほど前、P社同期の友人の慧眼と熱弁を通してのことでした。小店店主がその重要性について気が付くことになるのはもっとずっとあと、古本屋になってだいぶ経ってからのことで、まさか日本でその作品の初演のポスターを手にする日が来るとは、何より自分が古本屋になっていようなどとは、いずれも露ほども想像していなかった頃のお話しです。
カントルの作品にはバウハウスや構成主義など、戦前のアヴァンギャルドの影響も指摘されます。作品についてはいまや簡単に動画で観ることのできる時代になりました。自宅に居ながらいつでも好きな時に鑑賞できる! 35年というのはつまり、それくらい驚天動地のことだって起こる時間なのでした。

今週はポスターが続きます。1976年から77年にかけてケルン・アート・アソシエーションで開催されたナム・ジュン・パイク(白南準)のビデオ・インスタレーションの展示を知らせるポスター
ケルン・アート・アソシエーションは、現代アートを扱うスペースとして、ヨーロッパで最も有名な会場のひとつ (なのだそうです。知らなかった…)。
いたずら書きのような吹き出しのなかには、「for 宮 san」と贈り先の方のお名前が。この「宮さん」というのがミソで、お相手はパイクのパートナー・久保田成子とともにマルセル・デュシャンとジョン・ケージによるチェス対戦をおさめた私家版『REUNION』を作った宮澤壮佳さんのこと。ナム・ジュン・パイクの署名もあり。また、ポスターが宮さんに贈られた経緯の書かれたハガキ付きです。
モノクロという手法も、時代もほぼ同じ「死の教室」とパイクのポスターを並べてみた時に感じる感覚的なこのひらきがどこから来るのか。小店店主のおつむでは、あてずっぽうのヨタ話程度しか浮かんでまいりませんので控えます。
左上の画像もナム・ジュン・パイクで同時に「宮さん」に贈られたもの。その辺りの経緯もハガキに書かれています。こちらのポスターも署名入り。バラ売りの予定です。

■あの日から10年が経ちました。
日本は結局何も変わらなかった。そればかりか、被災地をいいように利用する政治だけがはびこっている気がしてなりません。
天災と云う名の人災もまた、一向に改まらいままです。。
いまだ日常を取り戻せない方たち、癒やしようのない傷を抱えた方たちのことを思いながら、あの日のことを、あの日からのことを、まだまだ考え続けなければいけないのだと思っています。
 

 

21/03/06 1920年代・70年代 芸術の前衛より - 『エポック』と『精神生理学研究所』

■初めて見つけた時の市場ではどのあたりに並べられていたか、誰が落札するのかを告げる発声が聞こえるまでどんなにドキドキしたことか、いまも昨日のことのように鮮明に覚えているのですが、あれは一体いつのことか…とHPで確認すると2008年8月2日付けの投稿が出てきました。
もう13年近く前のお話し。以来今日まで、市場で私が気付いたのは一度だけでその時は落札できず、相当にくやしい思いをしました。この時の悔しさも、誰に、いくらで負けたかも、昨日のことのように覚えています。
捲土重来。3度目の今回はパドルを使った振り市に出品されたのを幸いに、とにかく相手が降りるまでひかないと決めました。覚悟していた腹積もりにはわずかに届かず落札できたのはラッキーだったと思うことにしています。
かくして、『精神生理学研究所』(1970年 東京精神生理学研究所発行)が再入荷となりました。
さて、「精神生理学研究所」とは何ぞや、ということになるわけですが、扉にあたるリーフの記載を転記しておくと…
私達は 各地の参加研究所がそれぞれ個々の取り得る位置で 規定された時空間において同時多発に行為あるいは無行為をもって参加する不可視的美術館 精神生理学研究所を設立しました。/この研究所は 直接的なかかわりを拒否した個人の行為あるいは無行為の記録を 集合 離散させるものです。
つまり、参加した美術家が指定された日時にそれぞれ自分の居る場所で何をしたか/しなかったか で成立するみえない美術館が精神生理学研究所であり、そのようにして一瞬立ち現れた美術館を記録したのがこのリーフ集だということになるでしょうか。集合と離散というのは、各人の行為・無行為が紙の上に記録され、一度は集合してひとまとまりの印刷物となるものの、すぐに作品集として再び各地各所へと散っていく、この記録=作品集のありようを表わす言葉と読むことができます。
いまこうしてみると、いかにデジタル的なありようか (みえない美術館!)、あるいはコロナの時代的な試みであるか (直接的なかかわりを拒否!)と驚くばかりです。
前衛の面白さは、無意識下に時代を先取りしてしまう・先取りしているように読み取れる ところにあるのだと思うのですが - そして迂闊にも、最初に扱った2008年当時は単なるイロモノとしかみていなかったのですが - A4片面刷のリーフ77枚から成る『精神生理学研究所』は、堂々たる前衛に位置付けられるものだと今回すっかり目がさめました。松沢宥も東野芳明も、前田常作、堀川紀夫も、居並ぶ参加名は決してダテではありません。こうなると糸井貫二の太陽の塔の下全裸疾走も堂々たる前衛です。
2008年当時との違いといえば、あの当時はほとんど手掛かりのなかった電子空間に、いまや「精神生理学研究所」を研究テーマとする論文がいくつか見つかって、同研究所ついてはそちらをご覧いだくのが手っ取り早いかと思います。
例えばこちら。
https://www.iamas.ac.jp/iamasbooks/wp-content/uploads/2019/03/Journal_of_IAMAS_Vol.9.pdf 

ついでに2008年最初に扱った時の小店HPのページはこちら。
http://www.nichigetu-do.com/navi/info/detail.php?id=200
それにしても、ですよ。どのプレートもカッコイイというのに。たまたま選んだはずのプレートが2008年と同じだったとは ……
好みばかりはそう簡単に変わらないようで。
成長していないだけか。

こちらは大正期の堂々たる前衛。「日本画家」である玉村善之助=玉村方久斗を中心とする前衛芸術誌『エポック』の創刊号(大正11=1922年 エポツク社発行)が入荷しました。日本画界隈にも前衛あり、というのがいかにも大正時代らしい。
未来派風の表紙画は玉村その人の手になるもので、雑誌としてはA4とB5のちょうど中くらいのサイズですが、表紙から裏表紙に続く見開きでみるとかなりの迫力。この当時、玉村は版画の制作にも精力的に取り組んでいたと云いますので、この表紙にも版画の技法 - おそらくリトグラフ - がとられたものと見られます。
創刊号に寄せた玉村の原稿は「破壊芸術として」。未来派も立体派も表現主義もダダイズムも、新しい芸術を打ち立てようとしているように見えて実は破壊を志向するか、または結果として破壊に向けて突進しているとするもので、論調もまた前のめり。
前衛芸術誌としては美術にとどまらず、巻頭は「英吉利文学研究」だし、巻末はウイリアム・モリスの「世に知られざる教会の物語」の翻訳、途中に「印象派芸術と表現派芸術」を訳文で紹介、多彩な絵画作品図版を引用した「独逸通信(和田氏から)」は山内神斧の寄稿で、「アンナ・パブロア来る」や「海外消息」など短信にも目配りが効いています。
画像にとった図版は無題ながらロシア革命当時の影響色濃い木版画に「芸術革命」の文字まで添えた象徴的な見開き。これもまた玉村の作かと推測しますが、記名も署名もなく断定はできません。
玉村は当誌のあと、やはり前衛芸術誌『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』の創刊に関わっており、この『GGPG』がまたバカ高い雑誌なのですが、『エポック』はいまのところ格段にお値段控えめ。戦前前衛芸術関係一次資料は年々出現頻度が低くなる一方で、この傾向にはここ数年でますます顕著に。『エポック』あたりもいまのうちかと。

■今週の斜め読みから。
ニッポンのコロナウイルス対策がどうにもこうにも後手後手でからしき半端なのは全て「オリンピックありき」によるものではないかと勘繰りたくなる点多々あり、「正気」になれば当然この論調にいきつくのではないかと思う次第です。https://courrier.jp/news/archives/235687/?fbclid=IwAR1yp6gcSlZ7R-ZYLXcNbf0JEgREi-JRiHhWOuOAMGNKh4mzFDG-SFlwEDA


 

 

21/02/26 司修の挿画原画としてのコラージュ作品一挙入荷!

■今週は22日(月)にカーゴ9台分のご蔵書やポスターをお客様宅の書庫より搬出、昨日29日(金)の市場に出品すべく火曜日以降、金曜午前中いっぱいまで、連日仕分けに明け暮れました。いまはまだ店内に来週出品分が残っており混乱の極みといった体ではありますが、明日土曜日は通常営業に。そして来週はまた週3日で営業いたします。
久方ぶりに連日肉体労働に明け暮れてみるともはやヘロヘロ。さすがは還暦目前。
色々とご紹介したい商品はあるものの気力はもはや時間の問題 … というわけで今週の新着品はひとつだけに。
推理小説で知られる作家・三好徹のエッセイの挿絵の原画=司修によるコラージュ作品が相当量まとまって入荷しました。
エッセイのタイトルは「真夜中の散歩」。調べて下さった方からの情報によれば、昭和56(1981)年10月から翌年12月まで『週刊宝石』に連載された作品で、後に書籍化されています。
書籍のあとがきには、
「雑誌を手にとるたびに、司さんのすばらしいイラストを楽しませていただいた。この前衛的なイラストはこういうコラムとしては従来になかった型破りなもので読者も目をみはったことであろう。」
とのコメントがあるとのこと。 

今回入荷したのは、いかにも挿画(=コマ絵)風の小ぶりな作品二十数点と、雑誌の扉や書籍に使えそうな大き目の作品7点。書籍化に際しての装丁プランのスケッチ2点と「カッパの本 光文社」と印刷され「司修 生原」と書き込みのある専用封筒1点がついてきました。
司修と云えば暗い印象の版画作品が思い出され、コラージュというのは意外でしたが、よくよく考えてみれば、どこか幻想的な作風とコラージュという技法とでは、そもそも相性が悪くないはずがなく、作品はご覧の通り。
素材はいずれも雑誌や新聞等、19世紀末~20世紀初頭の印刷物の現物を利用したようですが、なかには拡大倍率や画質をこまやかに考慮してか、古い銅版画を写真の印画紙にプリントして、その上にコラージュを施したものなども。
版下として入稿した原画なので、指定を書き込んだトレーシングペーパーがついており、紙モノ好きにはポイント追加もできそうですが、レイアウト用紙に多用されたアラビアゴムが茶色のシミとなってしみ出しているのは返す返すも惜しまれます。
手作業で切り貼りしたレイアウト用紙というのが消滅した21世紀、それも含めて往時の痕跡ではありますが。
数え直す必要はあるものの、多分、連載中の全作品がそろっていそうな勢いの点数ですが、バラ売りいたします。
よい作品は早い者勝ちということでご理解いただければ幸甚に存じます。
このあとまだ気力があればFacebookにもう少しよく分かるような画像でアップしよう…したい…と思いますが、年寄りの気力がどこまでもつものやら。
あ! もうひとつ云っておきますが、この手のコラージュの素材に事欠かないのもエフェメラ専門店としての小店のささやかな強みではあります。

今週は斜め読みの時間もなく、かわって店主本人がいまにも斜めになっちゃいそうです。
* 左斜め上の図版参照。斜め尽くしの2021年2月末となりました。
 

 

recent catalogue C by image