#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

22/02/05 1960~70年代 アメリカで ヨーロッパで アートは ……

■一週間の早いことといったら。ひと月なんてのも瞬く間で。2022年も2月に入りました。オミクロン株の感染拡大終息をみず、当面アポイント制での営業を継続させていただきます。ご理解ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

新着品は先週に続いてFLUXUSの系譜に連なる印刷物を。
1点目はナム・ジュン・パイク(Nam June Paik)とジョン・ゴドフリーによる映像作品で、1974年10月にニューヨークのWNET TVでオン・エアされた「Global Groove」のためのポスター約48×33cmと小ぶりなサイズで、画像ではよくみえないと思いますが、背景に英文や漢字が薄く浮かぶ、ちょっと二重露光のようにも見える凝ったデザインです。
世界中のテレビが受信でき、テレビガイドは電話帳のような厚さになる未来のビデオの映像 -「グローバル・グルーヴ」は、そうした未来のビデオ(映像)としてナム・ジュン・パイクが制作した初期の代表作であり、今日に至るまで最も影響力のあるマルチメディア作品のひとつとされています。
その理論はマーシャル・マクルーハンの「地球村」理論に依拠しているとも云われますが、2022年のいま、テレビの電波ではなくデジタル技術を通じてという違いと、テレビガイドどころか電話帳までもういらないという点とを除けば、ナム・ジュン・パイクがアートの上で思い描いた未来は、約半世紀を経て見事に社会に実現されており、ナム・ジュン・パイクとその作品に対する評価が急激に高まっていることにも頷けます。 

オン・エアされた作品は、テレビ番組からの抜粋、ジョン・ケージ、アレン・ギンズバーグ、シャーロット・ムーアマン、ジュッド・ヤルクトなど他のアーティストによるフィルムやビデオテープ、インタビューやナレーション、ポップミュージック、コマーシャル、ブロードキャストブレイクなどが織り込まれているそうで、いまでは動画配信でみることができます。
ナム・ジュン・パイクが亡くなったのは2006年。オンライン動画共有プラットフォームYouTubeが設立された翌年のことでした。

■画像2点目、ご紹介する商品は左側の縦に長い印刷物で、1962年にJudson Hallで行われたラ・モンテ・ヤングの作品の演奏会のためのフライヤー
ヤングとの共作で知られるようになるマリアン・ザジーラによるデザインで、表裏両面印刷の裏側(画像に入れるのを失念しました…)はよく見るともつれにもつれた唐草模様で、一見しただけではほとんど毛虫の集合体に近い図案とタイポグラフィとで構成されています。だからって気味悪がらないで下さいね。
マリアン・ザジーラはヤングが創立した実験音楽集団「シアター・オブ・エターナル・ミュージック」にヴォーカリストとして参加、あのアンディー・ウォーホルにインスピレーションを与えたといわれる女性であり、最初期のレーザーショーのプロデュースを手掛けた人物なのだそうで。1962年はヤングとザジーラが出会った年であり、もしかしたらこの1枚、二人の共作の第一歩として記念すべき印刷物 …… かどうかまでは残念ながら分かりませんでしたが、日本国内での入手チャンスは僅かなものだと思います。
ところでシアター・オブ・エターナルですが、ちょっと調べてみようかと思ったらちゃんとWikiで出てきました。で、そのWiki曰く「このグループは、フルクサスによるネオダダの美学と、ジョン・ケージ以後のノイズミュージックの連続体としてスタイル的に結びついている」。Wikiで出てきたからといって理解できるものばかりではないことを痛感しております。やれやれまだまだ勉強だ。
あ! 画像右上のはジョージ・ブレクトの作品集『Water Yam』の1枚です。
 

3点目はフルクサスとは少し離れますが1970年代初めのユニークな試みのひとつとして。
『ALEA ENCUENTROS 1972 PANPLONA』→英訳→日本語に置きかえると「パンプローナ・アート・エンカウンターズ」と題された厚冊は、1972年6月26日より7月3日にかけてスペインのパンプローナの街で展開された文化イヴェントのカタログです。
ナバラ出身の建築家一家で、音楽と造形美術の分野で社会文化活動を推進するフアルテ家が支援し、音楽グループ「アレア」が主催したこのイベントは、8日間にわたって世界中のアーティストと市民が共に生活し、街を大きく変貌させることに成功したとされています。
招聘された前衛芸術家は実にその数350人! ボルタンスキー、ルイス・ブニュエル、ジョン・ケージ、オーギュスト・デ・カンポス、フェルナン・レジェ、マン・レイ、マンゾーニ、ブルース・ナウマン、ウォルフ・ヴォステル、ヤニス・クセナキス、荒川修作、河原温などが街の中でハプニング、映画、音楽、朗読などを繰り広げました。
カタログもまたこのユニークなイヴェントに相応しく、袖折込みページと本体の二分の一サイズのページを存分に綴じ込んだユニークかつ贅沢なつくり。それぞれのアーティストによる作品のコンセプトや構想、設計やシステムなどをビジュアライズした誌面はどのページも素晴らしい出来です。

■今週はこの他、戦前内外雑誌スクラップ帖5冊入荷! 全て女性しか出てこない徹底したコレクター魂に小店店主脱帽したところで分売いたします。

今週の斜め読みから。
「イメージです」と描かれたイラストのまんまヒトたちまんまな?
https://note.com/sasaootako57/n/ncc837c3ce143
久々にお目にかかりました。
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=syaIXbVp0mo&feature=share&fbclid=IwAR2hQDaOFPz8BK9-k1-owa_IxMJtj6IUjw2FOVBRga9akEPcEOJXmlufyMg
そして座布団をさしあげたい。
https://mobile.twitter.com/Dgoutokuji/status/1488720781173399559?t=SJiNzbWkXxFKDF-6lqOzjA&s=04&fbclid=IwAR38j_jtNevH956OZnSs9cuSYzAYPjQ3qPsl6AI96Cgar7enLrcNIs_UxVY
 

22/01/28 Fluxus! フルクサス!! ふるくさす!!!

■オミクロン株の感染急拡大、とどまるところを知らないかのようです。濃厚感染者認定による自宅待機の話しもちらほら。どうぞみなさまいま一層のご注意を! 店は引き続きアポイント制をとらせていただきます。ご面倒かとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

先週から一転、と云うより、昨年12月初めの更新以来久しぶりの、と云うべき、久々の戦後美術関係の入荷と相成りました。フルクサス関係で、来週も続きを予定しています。
今週の1点目は …… と、商品のご紹介に入る前に。
先ずはタイトルである「FLUXSHOE」とは何かという説明から始めますと、イギリスの7カ所を巡回したフルクサスの本格的な展覧会であり、ジョージ・マチューナス、ヨーゼフ・ボイス、ウォルフ・ヴォステル、ジョージ・ブレクト、ディック・ヒギンズ、アレン・フィッシャー、ベン・ボーティエ、靉嘔、小杉武久、タージマハル旅団、オノ・ヨーコ、塩見允枝子、高橋昭八郎、斉藤陽子その他100人近いメンバーが参加したと云われます。
これだけ多くのアーティストの多彩な活動を一堂に会して行われてフルクサスの紹介はイギリスではかつてなかったことであり、イギリスの一般市民がフルクサスの作品を鑑賞できるようになった初の試みとなりました。
というわけで、今週の1点目はこの記念すべき展覧会「FIUXSHOE」のカタログ『FLUXSHOE』と、その附録として刊行されたエフェメラ集『FLUXSHOE ADD END A 72~73』の2点セットです。
『FLUXSHOE』はA4・144P。参加アーティストを個別に紹介したものですが、それぞれのページが作品であるかのような視覚的な表現がとられています。
『FLUXSHOE ADD END A 72~73』はポスター1点、ポストカード1点、1ドル札1点と、活動や作品を記録した両面刷のシート26枚の合計29点所収。
実はこの附録に収められたシートの点数が難題でした。 

うらわ美術館の図録『FLUXUS - Art into Life』(2004年)によれば27枚とされている一方、某サイトでは「オリジナルフォルダーに入ったサイズ違いのルーズシート29枚」の記載があり
https://libreriaelastillero.com/libros/fluxshoe-fluxshoe-add-end-a-72-73.html
別の某サイトでは39点とみられる記載と画像が見られます。
http://www.arengario.it/opera/fluxshoe-add-end-a-72-73/
一体どれが正解なんだ …… ?
長期の巡回展だったために、会期後半になるほどシートの数が増えて行ったというようなことも考えられないわけではないし、「オリジナルフォルダー」と呼ぶ紙袋にも他に赤や黄色の色違いがあるし、といった調子で附録の形成については不明点が残り、その最終的な内容については確定が難しい 。 最終的に、現状"ママ"での販売とさせていただきます。
前記うらわ美術館の図録によれば、ある作品(細かな作品を組み合わせてケースに収めたマルチプル)は「分売も可能な設定となって」おり、「実は当該作品には収蔵当初、半分程度の作品しか残っていなかった」ため、「フルクサスのレゾネともいえるFluxus Codexを参照しつつ徐々に付け加えていったもの」だと云います。2004年以来18年。この図録刊行以降に判明した情報などもあるかとは思いますが、フルクサスを紙モノから追いかけるのはつくづく難儀なことだと思いました。フルクサス奥深し! しかしそれを網羅的に勉強するには、小店店主、もう年をとり過ぎちゃった気がします。

■そういえば、久保田成子もこの人も「FLUXSHOE」には入っていませんでしたが、なるほどこんなことをやっていたのね。というのが今週の2点目。
1973年ナム・ジュン・パイクによるビデオアート作品『A TRIBUTE to JOHN CAGE』のポスター赤色のサインペンを使ったナム・ジュン・パイクの署名入りで、アクリルによる額装済みです。額込みのサイズが34×50cmと小ぶりなので、飾るにも保管するにも扱いやすいサイズだと思います。
『A TRIBUTE to JOHN CAGE』はパイク自身が大きな影響を受け、また、友人であり協働相手でもあるジョン・ケージに対して、ナム・ジュン・パイが捧げたオマージュ作品です。
作品解説によれば、ケージの代表作のひとつ「4分33秒」などの演奏や、易経を投げて演奏場所を決めるなどの行為を通じ、「ケージのラディカルな音楽美学を支える方法論や哲学」を明らかにしていると云います。また、パイクの『Zen for TV』の一部、パイクとシャーロット・ムーアマンによる『TV Bra』を含む初期のパフォーマンス、作曲家アルヴィン・ルシエの逸話などのコラージュも(https://www.eai.org/titles/a-tribute-to-john-cage)。
このアーティスティックで実験的なビデオ作品はYoubeで、ポスターは小店でご覧いただけます (笑) 


こちらもフルクサス。ジョージ・マチューナスによる『18 Original Fluxus Monogram Cards』の内の8点。但し、この商品名で出てくるのはロンドンの古書店の在庫データだけで、うらわ美術館の図録にはこの名称による作品の掲載はなく、ジョージ・マチューナスが編んだ1964年のマルチプル『FlUXUS 1』『Fluxuskit』のプラスチック・ケース用の題箋に使われていることが分かる図版が掲載されています。
これもまた、フルクサス特有の作品特定の難しさによるものと思われ、小店店主の目の黒いうちに正解にだどりつく自信はなく、こちらも現状"ママ"での販売です。
念のため、カードは全て6×6cm、フルクサスの参加アーティストの名前をデザイン化したもので、ディック・ヒギンズ、ジュナス・メカス、ベン・パターソン、ロバート・ワッツ、小杉(武久)、トーマス・シュミット、エメット・ウィリアムズ、ジョー・ジョーンズというラインナップです。

■今週の斜め読みから
いいのか? いしん。で?
https://mobile.twitter.com/nobuyoyagi/status/1484497272725712898?t=4bf_wKERA6iwVKsHWpLdMA&s=04&fbclid=IwAR0-5kQIyD7mBaaSSnMktJBJeWdcmcWIWkQAPCkouHypxosHDAP-qkMJHro

こういう人で? 
http://www.magazine9.jp/hacham/111111/index.php?fbclid=IwAR0N7uFeppeOAAgT3Kz8GyCow_hvtLQq0GzGjNex954pgLWYdGM170gOCsU

こういうことになったとしても? 
https://mobile.twitter.com/knakano1970/status/1486325821275262977?fbclid=IwAR3_hsR6H0sPaOdjSqmYhE67GJBGItHGc97DogEFTr5tUZ8JGMMu_y3rDPA

すでにしてこういうことにはなってますけど。
https://www.asahi.com/articles/ASQ1V5WQVQ1VUHBI03H.html?fbclid=IwAR2CWat36sAM4QtfK3JQhyG-VaFzDsc6WylthBCOibzbnULA41k3fE8O7hw

そして驚異の感染力・オミクロンの脅威にさらされる日々。みなさまどうぞくれぐれもご自愛下さい。
 

22/01/22 描キ人シラズの「明治風俗小景」(仮) /ハシモト ヒサシと「松岡洋右」?

■例年、今頃は銀座の百貨店の即売会に出店していて、1月はまるまるひと月、息つく間もなく過ぎていったものです。その即売会は昨年に続いて今年も休止。寂しさは拭えぬものの、この間のオミクロン株の感染急拡大を考えると、休止が決まっていて本当に良かったと思います。
小店では、昨年来続けているアポイント制を継続するとともに、店内消毒と定期的な換気など、これまで以上に心掛けつつお客様をお迎えいたしております。
アポイントに加え、不織布マスクの着用や入店時の手指の消毒など、お客様にはご不便をおかいたしますが、いま一度ご協力をお願いし、ご来店をお待ちいたしております。
何卒よろしくお願い申し上げます。

今週の新着品、1点目はタイトルも画工も年記も一切不明の画稿。明治時代の市井風景の肉筆スケッチばかりで構成されていることから、仮に「明治風俗小景」と題しました
縦17cm・幅28cm前後の和紙を75枚プラスアルファ継ぎあわせた総延長20m超の一大絵巻、と云うには少々語弊はあるものの、わざわざ丁寧に巻子に仕立てられています。
筆を使い、墨一色で描かれたスケッチの多くは、世間の片隅、路上に生きる人々を描いたもので、それぞれに添えられた詞書の多くには、貧しい人、薄情な世間、そこに生きる人々の悲哀が語られています。
また、明治中期頃までに描かれたと思われる絵の中には、当時まだ残っていた江戸の風情と、都会の紳士や帰省する若い男子の洋装など、この後、大正時代に花開くモダニズムの萌芽が、違和感なく同居している点も面白いところ。
スケッチの対象となったのは、釜山浦、堀切ノ菖蒲、筑波ノ暮色、利根川河辺、入谷朝顔など自然や名所・行事、書生転寓、品川駅、鉄道工、撒水、大磯(海水浴)など、明治になってよく目にするようになった都市とその周辺での営み、そして、牛乳配達夫、売花翁、売花童、水売り、団扇売り、風鈴売り、秋虫売り、運米車(関西・米を載せた大八車とそれを曳く牛)など、路上を行きかい路上で働く人たちの姿。なかにはコオロギの楽隊を描いた「野末之奏楽」という楽しい絵も。
画像にとったのは右から「パンヤ」「紙屑拾ヒ」「紙製ノ胡蝶」「栄螺壺焼」「猿廻シ」の5図
「猿廻シ」には「舞ヘヨ躍レヨ浮世ノ様ヲ 来レヨ看ラシヨ子猿ノ遊ビ 猿ニ似タル人 人ニ似タル猿 実ニヤ造化ノ猿舞シ」という一文が、「紙製ノ胡蝶」は「人情ハ吉野紙ノ薄キヨリモ薄ク」という詞書で始まり「てふてふの果敢なき夢を手で製り」の句で〆られています。
興味深いのは「パンヤ」に添えられた説明で、警視庁を免職になった役人某が、栄華を極める夢から覚め、「独学力作尊トキヲ知リテ発明シタル商業トナリ」とあります。詰襟の上着に側章入りのズボンなど、確かにそれらしいと云えばそれらしいいで立ちです。太鼓をたたいているのもまたそれらしい。

調べてみると、正岡子規に「パン売の太鼓も鳴らず日の永き」という句があり、さらに、森銑三の『明治東京逸聞史』(明治33年の部)には「暁夢の『辻商人』の中に、パン売りの一項がある。楽隊の服を着け、ブリキ製の大太鼓の中にパンを入れたのを胸に吊るして反(そ)り身になり、調子を取って叩きながら(中略)、面白く売歩く。しかし今はこのパン売りも見なくなった、としてある。パンを大道で売歩く時代は、既にして過ぎようとしていた」と書かれているのを紹介したブログを見つけました。
「伊予歴史文化探訪-伊予三津浜から発信する歴史文化系ブログ」
http://yomodado.blog46.fc2.com/blog-entry-1296.html
先に明治中期頃までに描かれたものと書きましたが、どうやら間違ってはいなかったようです。
ちなみに明治33年は西暦で1900年。120年以上前に描かれた巻子本ですが、シミも傷みもなく状態は良好です。

■市場には時々「謎」が出品されます。例えば今日の1点目も書誌に相当するような情報はひとつもなく、描かれていることから推量しながら調べていくことになるわけですが、こちらはそれより手強い謎。
要は、世界各国の切手蒐集用につくられた比較的よく見る1冊の専用アルバムなのですが、問題は挟み込まれていた1名の名刺サイズのカード
カードは使用済み切手2枚を貼った下に、「I've finished the arrangement of this album on the 30th June,1943. Hisashi Hashimoto」と筆記体で書き込みがあるもの。アルバムの成立と旧蔵者の氏名を示しています。いつも通り一応裏側を確認すると、「御礼 内閣参議 松岡洋右」と印刷されていました。
「内閣参議」とは日中戦争に関する政治方針を諮る目的で近衛文麿が1937(昭和12)年に設立した内閣の諮問機関で、存在したのは1943(昭和18)年まで。
なるほど時期的には矛盾はありません。しかも「御礼」のカードです。旧蔵者と松岡のには何かしら関係があるのではないかと思われます。
さて、問題はハシモト ヒサシです。ですが、いま現在まで情報にたどり着けず。「明治風俗小景(仮)」のようにはいきませんでした…。
カードに書き込まれた欧文の筆跡と、アルバムの見返しに書き込まれている筆跡は同一で、カードとアルバムの旧蔵者はハシモト氏に違いありません。
ハシモト氏について、今後何者かを探るのは困難なことのように思え、残念ながら調べはこれまで。カードとアルバムは別売いたします。

1月23日(月) 21時~ NHK・BS1で「山本五十六と"開戦"」という番組が放映されます。第二次世界大戦の話題になると、いまだに「あの番組、観た?」と聞いたり聞かれたりする「NHKスペシャル 日本海軍400時間の証言」の制作スタッフの方たちの多くが関わっていると仄聞する100分番組です。ご興味ある方は是非! 

 

recent catalogue C by image