#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/09/08 プレスアルトのパクリ元? 和本の袋のパクリ先?

■平成最後の夏は、猛暑と台風に加え、地震とともに記憶されることになってしまったようです。
被災された方、つらい日々をお過ごし方には心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
日本全土いつどこで何が起こってもおかしくない時代に入ったように思います。日々の安寧を祈るばかりです。
 
■今週の新着品から、1点目は1926年にニューヨークで出版された『MODERN POSTER ANNUAL Vol.3 1926-1927』。小型シールを黒い台紙に並べて貼り付けたリーフなど、バラでは何葉か見たことがあるように思うのですが、まさか海の向こうにもこんな雑誌(年鑑)があろうとは。つまり、まとまった刊行物として眼にしたのも、従って入荷したのも今回が初めてです。
「海の向こうにも」と書いたのは、日本には、日本国内で刊行された優秀広告印刷物の現物を集め、簡潔なデータを加刷しながら定期刊行(月刊)していた『プレスアルト』という広告専門誌があったから。この『MODERN POSTER ANNUAL』はそのアメリカ版とでも云うべきものです。『プレスアルト』収録の印刷物同様、裏面や中面まで印刷がおよんでいることなどから見て、こちらもあくまで「現物」を集めたものだと思われます。
紙製のポートフォリオに、A4よりひとまわり大きい黒い台紙として、収集した印刷物=サンプルを貼り付けた35葉を所収。
タイトルにはポスターと謳っていますが、実際には車内広告や店頭広告用に用意された小型ポスターを中心に、ポスターのデザインを流用したパンフレット類、ポスタとは関係なくデザイン的に優れたカタログ、冊子、絵葉書などを含んでいるもので、目次には「Over 100 Color Posters」という記載が見られます。 

さて。冒頭、徹底した現物主義の広告専門誌としては、まるで『プレスアルト』が先行していたかのような書き方になりましたが、『プレスアルト』は昭和12年の創刊。昭和12年=1937年なので、先行誌は明らかに『MODERN POSTER ANNUAL』ということになります。残念ながら、おそらくアイディアをいただいたのであろう前者ですが、月刊ペースでありながら毎号批評をまとめた小冊子を添付していた点、年鑑でありながら20行にも満たない雑駁な文章を添えただけの『MODERN POSTER ANNUAL』と比べ、大いに誉められてしかるべきかと思う次第です。
因みに。『プレスアルト』小店在庫はあと1号分を残すのみとなりました (まだ残っていたとは … )。
 
『都紋百華』明治24年に発行された全て木版刷の図案集上下巻2冊で揃い、各50図・計100図を所収。京都の文石堂というところから出たもので、著者は安達真速と云う人ですが、細部の詰めが少々甘く、和本の袋や古裂、名物など、何か下敷きがあるように感じさせる(実際にあったりもする)意匠=ありていな発想は、残念ながら雪佳・紅麟・青楓クラスには遠く及ばないのでした。
名前が残るのにはちゃんと理由がある。そう気づかせてくれた反面教師的図案集です (…… く、くるしい …) 。
 
今週はこの他、戦前の建築関係の和書・洋書計10数点が明日入荷。但し、この口、落丁やイタミの確認必須で、もしや面倒苦労を抱え込んでしまっただけなんではなかろーかと疑うことしかできない午前4時であります。 

 

18/09/01 1895-1902 欧化政策真っただ中の帝国ホテルの晩餐メニューと1930年代~日本化を強いた植民地への観光案内

■一週間が矢鱈に早い! またまた新着品ご紹介の日がきてしまいました。いや。それより何より。もう9月だというのにビックリ。しかも9月の声を聞こうというその日のこの暑さ。かててくわえて週明けにはまた「今年最強レベル」を更新しそうな台風までやってくるとか。平成最後の夏は、文字通り時代を画する夏として記憶することになりそうです。
さて、HP閲覧の際のフォーマットが崩れないための、ただただそのための文章増量はこれくらいにして。今週も新着品のご案内です。やれやれ。
 
1点目は1895(明治28)年から1902(明治35)年までに帝国ホテルで供されたディナー料理のメニュー61枚。ほとんどが日付の異なるメニューですが、一部、年月日が重複していながら内容の異なるメニューが含まれています。
当初コースメニューと思っていたのですが、よく見てみると肉料理が複数並んでいたり、カリー&ライス、マカロニグラタンなどが顔を出していることなどから、コースではなくアラカルトで提供するメニューであったことが分かります。
また、オムレット・オ・フロマージュのようなフランス語による料理名と、グラタン、ビーフステーキなど英語表記の料理とが並列されており、いまで云う「洋食」の原型を思わせる内容です。
とはいえ、外交の主要舞台としての役割を担うべく、欧化政策の象徴・鹿鳴館に隣接して建てられたホテルだっただけに、メニューを具に見ていくと、牛肉、鳩、トマト、ジャガイモ、チーズなど、明治以降、国内で生産が本格化した食材が頻繁にメニューに登場する他、例えばテッド・ド・ボー(仔牛の頭の煮込み)のような本格的なフランス料理も出てきて、食材の調達が一体どうなっていたのか、驚くようなものも散見されます。 

日本の洋食黎明期の記録は、日本人が自分たちの食卓へと何を受け入れ、何を受け付けなかったを明らかにする資料であるとともに、世界と肩を並べるべく日本がどんなところでどんなふうに“背伸び”していたかを読み取るためのユニークな資料と云えそうです。
1895年は1月に樋口一葉「たけくらべ」の連載が開始、12月に牧野省三がリュミエール兄弟製作の短篇映画「汽車の到達」を有料公開、日本初の映画興行が始まった年。前世紀の名残と新世紀の世界の尖端とが日本という国、東京という都市の中でどのように混じり合っていたのか、61枚のメニューの向こうに広がる風景に興味は尽きません。
 
■欧化政策の後、日清日露で勢いづき、調子にのってよそさまの土地をいいようにした時代の忘れ形見が今週の2点目。画像にある3点ですが、大きいもので長辺約15cmほどの小ぶりの冊子です。
『新京』は昭和17(1942)年、新京特別市の南里洋行が発行したフルカラーの写真集。おみやげ用に販売していたものと見られます。新京駅、満洲国国務院、経済部等政府機関や百貨店や電信電話会社などの建物から、吉野町銀座通、新発路寶山百貨店、公園など繁華街の賑わいや緑の風景まで29図所収。
『新京の栞』は康徳5(昭和13・1938)年、新京観光協会が発行した新京観光のための便利帳。読物「伸びゆく大新京」に始まり視察便覧、観光コース、おみやげ、旅館から、食道楽、撞球、カフエー、花柳街、夜の新京 まで住所入りで紹介。カフェーでは女給さんの顔写真まで載せていて、遊興関係情報が充実。表紙もモダンです。
アジア号のイラストが表紙を飾る『ビューロー案内』は奉天にあったジャパン・ツーリスト・ビューローが昭和14(1939)年に発行した非売品。ビューローの沿革、組織から業務全般について簡潔にまとめられています。
 
 

 

18/08/25 昨年、イタリアから。昨日、堀口捨己の旧蔵書より。

■夏休みが終わって日月堂もいつも通りの営業に戻りました。休み中、何をやっていたかと云いますと、年をまたいで行った自宅の片づけのその続き。これは重要である、というヤマ勘一点を根拠に落札した後、自宅に積み置いたまんまでいた有象無象をいま少し詳しく点検してみました。
してみると、例えば南満医学堂の椎野銬太郎宛絵葉書数百枚(医療関係者多数)、おそらくあの「佐竹本三十六歌仙絵巻」の売り立てを企画した佐竹家家令大綱久雄の娘と見られる大縄久子宛絵葉書がこちらも数百枚(住所は"佐竹様邸内"! 在パリ・山内禎子自筆分十数通ほか女学生の文通ハガキ多数!!!)、山本鼎による美術教育書『描かざる図案』(実は副題がすごく長い…)、未使用の水貼シールファイル1冊だとか、甘粕正彦の名前がある乗船名簿他の一括、何故か巻物仕立てにされていた明治初期・韓国中国方面旅行日記などなと、確かにややこしいことこのうえなく思わず放置したくなる品物ばかり ……
ですが、これらについても11月入稿の合同目録に掲載する方向で道筋がつきました。
*但し 店に運び入れるのは9月上旬とまだ少し先のことになります。この点、ご注意いただければ幸いです。
こうした次第で休み明け早々ですが何だかもうヨレヨレしておりましてまずいゾこれは…。

今週の1点目はかくして眠っていた品物のなかから、昨年のイタリア旅行で仕入れたほとんど"唯一の"と云える古書を。昨年10月、帰国するなり生じたドタバタ劇もあってこれまた買ったままになっていました。
かなりの大判で『SCUOLA di TESSITURA (織物学校) 1926-1927』のvol.1~2に、織物生地現物とその設計図にあたる図版をまとめたバラのプレートが厚さにして約5cmほど。実は上製本のように見える2冊もプレートもいずれも全編手書きのノートで、生地現物の貼り込みは『vol.1』『vol.2』にも多数認められます。微細な枡の目をベースとして糸の運びを設計図風に書き留めた図解から、そこに添えられているテキストに至るまで、どのページもとても美しいのに驚嘆します。この他、織機の構造やしくみに関する精緻な図解も多数。精魂こめてまとめられた実用的な記録が、いまはそのまま見事な美術書の体を備えるようになったとでも云えばお分かりやすいでしょうか。

表紙には他に「ISTITUTO INDUSTRIALE di GALLARATE」とあり、ガララート産業研究所といった意味合いかと思われます。ここに顔を出す「ガララート」というのはイタリア北西部の都市の名前。調べてみると、19世紀から20世紀にかけてイタリアの繊維産業の重要拠点だったとのこと。21世紀の今日はハイテク産業で知られているようで、ここに書き留められた技術もいまはもうす捨てられていると思われます。実用の時代を超えて生き残ったこれらは、しかし世界に1冊しかないとても美しい書物となって、いまも存在してくれています。

■休み明け早々の市場に出てきたのは堀口捨己の旧蔵書でした。堀口の蔵書印のある書物は落札できなかったために、根拠は小店店主の言しかないのが心細い限りですが、堀口の旧蔵書と出どころを同じくするものを3口ほど落札。続く2点はそのなかから。
最初はご存知『建築工芸 アイシーオール』。15冊の入荷です。これだけまとまって出てくるのはとくに近年珍しくなってきています。
川喜多煉七郎という奇才 (だと思う)が「責任構成」に携わったこの雑誌、“戦前期の建築・デザイン関係雑誌のなかでも、そのアヴァンギャルディズムにおいて尖端をなすもののひとつ”と云われるなど、非常に面白い雑誌です。
*“”の内引用元は下記。当誌の性格・位置づけ等詳細について下記のサイトを是非ご参照下さい。
http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336058331/#memo4
建築から芸術各分野、商店や教育に至るまで、内容が多岐にわたるのも当誌の特徴で、例えば今回画像をとった5冊にしても、映画の特集号、ソ連演劇界からメイエルホリドに注目した号、グラフィックデザインの特集号など、対象の広さが伺えるかと思います。
川喜多の著作には一体どこから画像をとってきたのか分からないものがつきものですが、『アイシーオール』でしか見たことのない図版の引用も多く、実に興味の尽きない雑誌です。

■続いてこちらの2点…といきたいところではありますが、かなり眠たくなってきました。今日のところは画像だけアップして、詳細は近日中に! こちらも堀口旧蔵書!! いま少しお待ち下さいますように悪しからずお願い申し上げます。

はい! 続き、いきます。こちらも堀口捨己の旧蔵書より。2冊ともファサードのデザインとショーウィンドーの優秀プランを紹介したもの。モダニズムとは、都市の風景が商業主義によって生み出される流行によって次々と姿を変えていく時代のはじまりでもありました。堀口のような建築家がこうした情報を必要としていた所以ではないかと思います。
『店頭及陳列棚意匠集』は大正15(1926)年に洪洋社が発行。ちなみにポートフォリオのグレーの部分には、よく見ると「1925巴博覧」の文字がデザイン化されていて洒落のめしてます。50プレート全て1925年のパリ万博=アール・デコ博の“仏国西側各商店の長い棟割陳列館”やパリの百貨店のパビリオン内外の写真。後に朝香宮邸=現・東京都庭園美術館設計にも加わることになったアンリ・ラパンをはじめ、アンリ・ソヴァージュなどによるアール・デコのオンパレード。「漆喰」「木製・彫刻設色」「模造革張り・アルミニューム適用」など、実際に使われた素材までクレジットしているところが当品の特徴。この手の情報は珍しいと思います。
さらにもう1冊、『素人に出来る商店窓飾標準図案』は装飾部分のデザイン画と優秀例の写真とで構成されたお手本集。渡邊素舟が編者をつとめました。プレート欠けはあるものの、ポートフォリオと扉は木版多色刷、収録された作品もなかなかです。現品では確認できず、書誌データにあたってみたところ、昭和2(1927)年の発行。こちらもまた、アール・デコの影響著しいデザイン集です。





recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...