#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/07/21 1954年 吾妻徳穂アメリカ公演に関する記録ほか

■暑中お見舞い申し上げます。
西日本の豪雨から一転、日本列島隈なく猛暑に見舞われているようですが、みなさまご無事でしょうか。大げさでも何でもなく、安否を尋ねたくなる今夏のこの状況を見るにつけ、1日を大過なく過ごせたことの有難さを思います。
実は今週17日は、体調不良により臨時休業いたしました。早くも夏バテ到来であります。がしかし、一日寝て回復、来週は週3日店番に務めたいと思います。
画像1点目はせめてもの涼をお届できればと、日本茶の商標の入った団扇の木版刷の図案です。
みなさまもどうかくれぐれもご自愛くださいますように ! 

なぜ吾妻徳穂に関するファイルを買ってしまったのか。答えは簡単。武原はんとか井上八千代とかそうした人たちと混同したまま勢いで入札してしまったから、なのでした。
吾妻徳穂が地唄舞のヒトではないと分かっていたら買わなかったのになあー取り返しがつかないよなあーとずしりと持ち重りのするのを持ち帰ってきたのが今週の2点目です。思えばこうした賑々しいファイルの存在自体が、地唄舞的ではなくいかにも「アヅマカブキ」的。
ファイルの内容は、1954年のアメリカ公演への出発時から帰国後まで、渡米に関する私信と書類をまとめたもの。
何しろ吾妻流日本舞踊の家元だけに、高弟による激励の手紙が多いのに閉口しつつも仔細に追っていくと、日本が、戦争によって途絶されていた世界との関係を取り戻すべく活動していた時期ということもあってか、国際文化振興会がロックフェラー夫妻との面会をアレンジしていたり、「アメリカ合衆国のロビイスト」で「日系二世の中では、最も著名な指導者として知られている」マイク・正岡の署名の入ったレターや米重要人物宛ての大映・永田雅一の署名入り英文書類複数他、これを機としてアメリカの中枢と関係を結ぼうとする動きの一端がうかがえます。
また、ラジオシティのマネージャー、そしてロイ・オリヴァー・ディズニーの署名入りレター有力興行師ソル・ヒューロックからの電報ニューヨーク・タイムズの舞踊評論家ジョン・マーティンの署名入りレター等、興行・舞踊関係者の文書が散見される点も興味深いところ。アメリカ滞在中の手紙には、次男・元靖のメッセージが添えられていたり、凱旋帰国の際の祝電には、鏑木清方の名前があったりと、内容的にはそれなりに充実していてひと安心。
一番驚いたのは、帰国後に吾妻が出したアメリカ向けの手紙の控えのなかに、1954年当時、アメリカ副大統領だったリチャード・ニクソンの夫人、そしてホワイトハウスのアイゼンハワー大統領その人宛てのものが残されていること。徳穂も、夫である藤間万三哉もアイゼンハワーの握手が「決して形式的なものではなく、心情溢れるあたたかなものだった」と綴っているのが印象的です。吾妻徳穂、藤間万三哉、アイゼンハワーと握手です。ううむ。
政治的・社会的和解の季節に歌舞音曲が利用されるという点では、いまの北朝鮮のことをちょっと思い出したりもするのでした。 


■このひと月、日本画の下絵を軸装に出そうかどうしようか迷っていたところに出てきたのがこちら表装用の裂地の見本帖 (画像中右端に置いた「国印 笑楽白絣」だけがキモノの生地のサンプル帖)。
『裂地標本』が「松」と「竹」の2点、『表装裂地絹桟見本』が「松」「竹」「梅」に「芳」「佳」の5点。いずれも戦前の古いもので、1点につき12点または24点の生地現物が貼り込まれています。
洒落た地模様を織り込んだシルク地、渋い色の無地の絹布、多彩な縞柄など見ていると、その組み合わせを考えるのはキモノのおしゃれに通じるものがあり、経師屋さんというのは何とも楽しい仕事だろうかと思うのでした。がしかし隣の芝生は多分、とぉーっても青く見えているに違いないのでした。

■店のPCはようやく復旧。来週には、自宅PCのフォトショップも何とか復旧できそうです。それにしても、不具合を抱えて困っているユーザーはどれほどの規模になるのか。にもかかわらず製造元が公に何の情報出していないのというこの状況が何故許されているのか、当国現政府の支持率の高さと並んで とてもとても不思議です。
 




18/07/14 ロシア構成主義の精神を継ぐ ナタリー・パランの絵本ほか

■西日本を襲った豪雨、そして列島全体に及ぶ猛暑。概ね穏やかだと思われてきた日本の自然環境も、いまや荒ぶる神の意のままとなってしまったかのようです。
被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。猛暑で参っている方にはご自愛を祈念申し上げます。
本日7月14日(土)からの三連休は、更なる暑さが予測され、気象庁が異例の注意を呼びかけています。
この夏、小店では「ご来店をお待ちいたしております」なんて云うのをやめることにしました。
何かお目に留まるものなど出てまいりました折には、お電話かメールでお問合せ下さい。
何卒よろしくお願いいたします。

8日(日)には「明治古典会 七夕古書大入札会」を無事打ち上げ、今週水曜日からは通常の市場にも復帰して、普段のスケジュールに戻りました。「七夕」でいささか力尽きた感あり、新着品は貧弱ながら、珍しいものからご紹介すべく、トップバッターとしてナタリー・パランが関係した1930年代の絵本4冊を選びました。
ナタリー・パランは1920年に創設され、アレクサンドル・ロトチェンコはじめポホーワ、メーリニコフなど、ロシア構成主義の一翼を担った芸術家が教えるモスクワの国立高等芸術技術工房=ブフテマスで芸術を学び、1926年に結婚によりパリに移住。移住先のパリで、子どもたちが遊びながら学べる絵本「ペール・カストール」シリーズを創刊したばかりだったポール・フォシェに見いだされ、絵本作家としての仕事をスタートすることになりました。
画像の内、中段に配した2冊 --- 1933年発行の『ALLONS VITE (早く行きましょう)』1932年発行のリトグラフ刷『RONDS ET CARRES (丸と四角)』 --- は、ブフテマスですべての学生が学ぶことを義務図けられていたと云う「平面における色彩、構成、形態など、造形に関する一般原理」を十二分に活用した“ロシア構成主義そのもの”のような絵本です。

『ALLONS VITE』には、実際に子どもがハサミをもって遊べるように色薄紙が綴じ込まれているのですが、“遊ぶ絵本”として生まれた絵本の宿命か、その一部に切り取りがあります。
『THE PICTURE PLAY BOOK (絵遊び) 』は1935年にアメリカで発行された英語版。フランスで発行された元版とは判型が異なるようですが、リトグラフ刷であるところは元版と同じ。
『BABA YAGA (バーバ・ヤーガ) 』は1932年の発行、ロシア民話再話にパランが挿絵をつけたもので、「見開きページを大胆に使った構図など、随所にロシア構成主義の影響が見られ」ます。この2冊、中面をご紹介できないのが残念でなりません。Photoshop復活 (…つまりまだ直っておりません)するその日まで、しばしお待ち下さい。
*当商品に関するタイトル和訳と「」内引用文は鹿島茂著 2017年青幻舎発行 『フランス絵本の世界』によります。

■市場の片隅に置かれていたダンボール箱のなかにラリックがデザインしたコティの白粉のパッケージをパクッたのがあるのに気が付いてよく見れば、知らないメーカー&ブランドのものが多く、つい買ってしまった化粧品パッケージ関係より5点をピックアップして画像にしました。アール・デコ調のデザインで、全て戦前。
順不同になりますが、5点の詳細はと云うと …… ①これは有名・桃谷順天館の“無鉛・純粋”「明色粉白粉」、②私は初見でしたが調べてみると結構言及が見られる宇野達之助商会の「コケイタンゴドーラン」、③ロゴを見た瞬間に「Paris」と読み違えそうな大阪・ナリス本舗の「ナリス粉白粉」、④米国のモンダイ企業と同じような商品名ですが、こちらは日本の朝日薬粧品製造所製「特殊粉白粉 ヨット モンサント」、そして⑤最初に気付いたラリックのパクリのピナン化学研究所の「ピナン固型白粉」は中のパフまで残っています。 

このうちとくに③~⑤はこれまでのところほとんど手掛かりがなく、つまりはその程度には珍しい?はず……?
この他、モンココのパッケージ、資生堂のブリキの箱など、来週木曜あたりに店に入る予定です。

驚くほど珍しいかどうかと云うと、白粉の③~⑤の方が勝っているのかも知れませんが、中国語版はやはりそうあるものではないので。東方社制作・発行の日本を代表するプロパガンダ誌FRONTの5-6号で満洲を特集した『偉大的建設 満洲国』。昭和18(1943)年発行。
発行前年の1942年の夏から秋にかけ、満洲国建国10周年式典の取材等のため木村伊兵衛、濱谷浩、菊池俊吉などが満洲に派遣され、最年長の木村(当時40歳)を除けばほとんど20代だった写真部員が「飛行機・戦車・潜水艦などに搭乗しての過酷な取材や、初めての外地撮影にもかかわらず優れた写真を撮って」きたその成果とも云うべき1冊です(多川精一『戦争のグラフィズム』より)。
企画編集委員会には林達夫、春山行夫、岡田桑三等の名前が並び、美術主任は原弘。『偉大的~』のタイトルは、その原の手になるもの。どの頁をめくってみても、これはやはり、尋常ならざるプロパガンダ誌に違いありません。

■暑気払いに それにしてもどこまでこんなおかしな話が続くのかというお話をふたつ。実に誠にお寒いばかりなのでした。
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2018/0709.html
https://note.mu/jun21101016/n/na37e1fa2f191 

18/06/30 M.デュラス、R.バルトに続いて バロウズ! シリトー! ユルスナール! モラヴィア! 雑誌『海』を彩った海外作家オートグラフについて/唄脩旧蔵スタンラン他洋書も棚に

■今日は来週の営業日程のご案内から。来週は「明治古典会七夕古書大入札会」が開催される関係で、7月7日(土)は開店時間が16時~17時頃となります。この日ご来店の場合は、できればお電話で在席をご確認いただくか、17時以降のご来店をお願いいたします。
3日(火)、5日(木)は普段同様 12時より20時で営業いたします。
また、来週は当ページの更新も一回お休みさせていただきます。
今年は昨日6月30日、観測始まって以来初めていう6月中の梅雨明けを見ました。それも十分頷ける暑さです。例年、昼日中から大雨に見舞われる印象が強い「メイコのタナバタ」。果たして今年の雲行きやいかに !?

明治古典会 七夕古書大入札会」についての詳細並びに出品目録については下記のサイトをご覧下さい。
http://meijikotenkai.com/2018/
漱石の「猫」上中下3冊全初版揃い、だとか、漱石や鴎外の草稿、だとか、宮沢賢治の自筆ハガキ、もあるし、向田邦子の手紙、もあったぞ、と思えば アンリ・リヴィエール『エッフェル塔三十六景』があり、バルビエとルパプが挿絵を描いた『アフロディテ』も出てきて、古書界スター選手の揃い踏み、で、しかも実際に手にとってご覧いただける年に一度だけのチャンス。この機会に是非 東京古書会館にお出かけ下さい !
ちなみに、旧知のお客様に限りますが、小店も代理入札を承っております。 

■昨日、店からPCを持ち帰り、こっちでなら何とかなるだろうと高をくくっていたフォトショップのトラブル。なななな ! なな、なんと ! こちらのPCでも同じトラブルに見舞われて使えないことが判明。今週もiPhoneで1点撮りした画像でお届します。撮影段階での手間暇だけはかけました。
それにしても、複数ページご紹介したい木版刷の図案集とか意匠控え、見本帖、スクラップ帖などはまたしても後回しとなることとなり。誠にもってモチベーションも低下する とほほ な気分なのであります。

中央公論社の文芸雑誌『海』の創刊当時の編集長・近藤信行氏の旧蔵品で、海外文学者に関するものがダンボールひと箱入荷したことは以前にもお伝えいたしましたが、この内、1通1通封筒に入れられたまま残されていた書簡・書類について、やっと一通り目を通すことができました。今週はその中間報告から。それにしても、こんなものが出てくるとはと半ばあきれるほどの粒揃いです。
先ず画像にとった作家ものから挙げていくと…(順不同・全て封筒付き。領収証は印税に対するもの)
〇ノートを切り取って便箋がわりにしている アラン・シリトーの自筆書簡。シリトーはもう一通、署名入りの領収証も。
ウィリアム・S・バロウズの自筆署名入り書簡は2通。
〇これが本人のだったらタイヘンなことになっていたサリンジャーは、彼の「キャリアを支え続けた」とされるエージェント、ドロシー・オルディングによる「Mr. Salinger has asked me」-そのまま映画のタイトルになりそう ! - で始まる自筆署名入りのお断りの手紙。オルディングは生涯でどのくらい同じような手紙をタイピングしたんだろう?
アルベルト・モラヴィアの自筆校正&署名入り書簡。
マルグリット・ユルスナールは3通 ! 独特の癖字が魅力で、ちゃんと署名が入った封筒付きで、タイプ打ちした書簡2通と領収証が1通。
クロード・シモンは署名入りの自筆書簡1通と署名入り領収書1通の計2通。
ル・クレジオからは自筆メッセージ入りのカードと署名入りの領収証。
ミシェル・ビュトールは署名入りの書簡1通と他に3通の計4通。 

さらに ! 署名入り自筆書簡にアーノルド・ウェスカー、ドナルド・キーン、タイプ打ちの書簡に自筆署名を入れたものがサルトル、ナタリー・サロート、ハロルド・ピンター、エドガー・スノー、エンツェンスベルガー、ナボコフ夫人、ノエル・カワード夫人、領収証ではベルコール、コールドウェル etc.
この他にまだ原稿類、書類がダンボール2分の1程残っており、こちらはまだこれから。
これから何が出てくるのだか出てこないのだか皆目見当がついていないものの、今年上半期、一番の当たりはこの一口と考えて間違いなさそうな内容です。

■2点目は1939年ニョーヨーク万国博覧会の絵葉書日本館の内部の様子が分かる絵葉書、なかでも写真壁画が部分的にでも写っているものはこれが初めて。旧蔵者は戦後、山下新汽船の副社長を務めた木村一郎で、木村と木村と姻戚関係にあったと思われる池田某氏宛ての海外来信を含む一括での販売。ニューヨーク万博については他に12枚、ヒトラーとムッソリーニが並ぶカラー絵葉書などもついています。

■店の棚には久しぶりに本が入ってます。洋書は全て唄脩氏旧蔵 アナトール・フランス関係著書。ミュシャが1冊(一緒に入ってきていた1冊はsold out)、モンヴェルの絵本2冊スタンランの挿画本2冊、この他ス手彩色入り、スイーツ付きの挿絵本多数。
そしてまた和書も漸く棚へ。左上の画像、棚に並んでいるのは 今泉篤彦宛て尾辻克彦または赤瀬川原平の署名本を中心に、気が付くと溜まっていた署名本たち。まだバックヤードに少し残っているものも近々に顔見世の予定です。
 











recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...