#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

21/04/17 1967-1968 ハブニングとエンバイロメント 未だ知られざる百貨店での前衛!?

来週24日(土)より目黒のアンティークショップGEOGRAPHICAさんが第17回アニヴァーサリーを記念して開催する『TRAVER NOTES-旅の記録 旅の記憶』に小店も参加いたします。ただいま納品締切日を目指して準備の最中。
来週には直前情報として詳しくご案内いたしますが、先ずは下記のサイトで催事についてご確認いただければ幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。
https://ec.geographica.jp/news/IF000300

■今週の新着品2点は戦後美術史上にいまのところ爪の先ほどの痕跡も残していないのではないかと思われる超トリビアルな紙もの。共通点は1960年代後半に百貨店の付帯施設で開催された、ということでしょうか、アート史的にも商業施設史的にもちょっと面白いかも知れません。
1点目は12月28日(木)、渋谷の東横劇場で開催された『身体障害者のチャリティ ショートショートハプニング集 モザイク』のプログラムとプレスリリースの2点。年記がありませんでしたが複数の点から見て1967年に開催されたものとみられます。
ショートショートハプニングとは何ぞや? ですが、プログラムとリリースを総合すると、二段に組まれた6つの箱が舞台に組まれていて、そのひとつひとつの部屋でハプニングを行っていくというもの。1部屋に照明が当たるのは3分間で、時間が切れると有無を言わさずスポットは次の部屋へ移動、ハプニングが終わっていようがいまいが3分経つと闇に沈みますからね、という趣向。この短いハプニングを全体としては40回分組んでいて、3分毎に氏名された主宰者はどのような表現方法を採用しても良いし、ゲストや協力者を招いて共演しても良いという自由も担保されています。いずれにしてもかかる費用は参加者の自己負担らしく、それと引き換えの自由とも云えそうではありますが。
驚くべきはスタッフから参加者まで、綺羅星の如き参加者のメンツです。
舞台構成・田中一光、音楽監督・秋山邦晴、一柳慧。1~40の出演者=3分間の企画者=責任者=制作者として田中一光、伊坂芳太郎、石本泰博、高梨豊、木村恒久、中村誠、奈良原一高、勝井三雄、宇野亜喜良、大辻清司、横尾忠則+石岡瑛子、永井一正、粟津潔、福田繁雄、中村正也、横須賀功光、細江英公、篠山紀信、立木義治、大倉瞬二、音楽に武満徹、協力に竹邑類、出演に矢崎泰久、番外(!)に丸山明宏 … と枚挙に暇がありません。
しかもこのパンフレットには、旧蔵者・宮澤壮佳氏=美術専門のジャーナリストが実際に観た内容を細かく書き付けているという(番外丸山なんてメモってなければ知る由もないわけで)、資料として申し分のない物件となっております。
ちなみに、全体の予算と寄付金額の走り書きも! 完璧ですね。
*宮澤壮佳氏旧蔵品に関しては当文末の追記をご参照下さい。 

■こちらも資料はほとんどないようで、確かに現品支持体はわら半紙。半世紀を超えたいまま、なるほどこの体裁では、残っているのはごく僅かだろうと推察しています。
1968年、神戸新聞創刊70周年記念事業として三の宮のそごう百貨店で開催された『現代の空間'68 《光と環境》』のパンフレット。こちらも宮澤壮佳氏の旧蔵品です。
オルガナイザーは当時、気鋭の美術評論家だった中原佑介。オーガナイザーとして寄稿した巻頭文は私程度のオツムでは理解するには至らず、がしかし、当時、アメリカを中心に科学技術と芸術との協働が美術界の尖端潮流だったことを思えば、ロジックとしては未だ充分に練れてはいないものの、とにかく同じようなことをやってみたかったのだろうと、その気持ちは分かる気はします。
中原先生のお声がけによるものか、こちらもまた、この後、めきめき評価を上げるアーティストが多数参加。
吉村益信、田中不二、山口勝弘、多々美波、宮脇愛子、野中ユリ、田中信太郎、篠原有司男、河口龍夫など。清水晃は小さなドットを30点描いてあとは略歴だけ。東松照明に至っては略歴を含め白紙という具合で、作品ができなかったか、あるいは何かしら衝突したことへの抗議の表明か、このページが結局もっともたくさんのことを語り始めるのではないかと妄想が暴走し始めそうなのでそろそろやめておきます。
この展示企画の副題は「ENVIRONMENT IN LIGHT」。これを見て大阪万博に関わることになっていく「エンバイラメントの会」を想起する方も多いかと思います。お分かりの通り、山口勝弘など重なっている例もあります。
中原祐介の言葉だけでは私にはよく分からなかった美術史上の「エンバイロメント」ですが、1960年代半ばから~70年代初頭にかけて確実に注目されていたキーワードだったことは確かなようです。

■追記 : 宮澤壮佳氏の旧蔵品については、年内にリストか目録を作成しようかとただいま思案中です。このため、ここのところしばらくご紹介してきた宮澤氏旧蔵品については少しの間、売却しない方向です。どうか悪しからずご理解を賜りますようお願い申し上げます。
長年、戦後の美術・音楽界の第一線で時流を眺めてきた方が、最期まで何を基準として手元に残していたのか、21世紀の焦点をどこに定めようとしていたのか。興味は尽きません。

今週の斜め読みから。
海洋放水が決まった汚染水の管理状態のまずさによる健康被害の可能性について。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=148818590124288&id=100049884435544まあ当然ですよね、という勧告も出ました。重い内容だと思います。
https://www.asahi.com/articles/ASP4J35ZDP4HUHBI03L.html?fbclid=IwAR0itdnqeGuruuGH_4XBsFB4KACQb5SSnLbxvF-2kGrgF3FSa6Maj7m7D44 ワクチン戦争にやぶれた日本です。ここで本土決戦とばかりオリンピックを開催しては都心部が焦土と化すことも充分想定されますので https://www.jacom.or.jp/column/2021/04/210414-50699.php オリンピック開催の暁には、小店は会期中を通じて臨時休業する予定です。

 

21/04/10 珍品2種! 横尾忠則? ピーター・マックス!

■今週の新着品1点目は珍品です。がしかしいささか剣呑。以下、いま現在の社会常識や良識、精神医学の進展に照らして、いささか不適切な用語が出てくるかも知れませんが、時代背景をお伝えするために、そのまま使わせていただきます。少しでも不快に思われる可能性のある方は、お読みになりませんようにお願いいたします。
…といったお断りを要するこの珍品、タイトルを『精神異常の世界』と云います。大日本製薬という製薬会社が発行した宣伝材料で、精神科医・徳田良仁「妄想と創造性」という雑誌の抜き刷り14P(小冊子)、Y.T.のイニシャルによる一文「精神異常の世界に寄せて」1枚、「アルコール精神病」「意識障害」「躁病」「不安神経症」など14の精神疾患によって現れ(てい)るであろう精神世界の情景(Y.T.氏によれば「いくつかの異常心理の世界」)をグラフィックで表現した14枚の無綴のリーフが、画像中左上に置いた白いポートフォリオに収められています。
Y.T.氏の「精神異常の世界に寄せて」に添えられた刊期は「昭和46年5月」。つまり、1971年と、いまからちょうど半世紀前の刊行物であることが分かります。
14点のリーフのとてもアシッドなデザイン(?)に、これはただものものではなかろうと思いよくみると、リーフについている袖の下の方に小さく「AD:Y.T./T.N.」とのクレジットがありました。
となると、俄然、気になってくるのが、アート・ディレクションを担当し、わざわざこの表現上の狙いについて一文を付加したY.T.なる人です。
一体誰のデザインなのか? なぜ、イニシャル表現なのか?
なんてもったいぶらなくても、70年当時すでに名前が知られていて(薬物に直接的に関係づけられたくなかったためあえてのイニシャルか?)、サイケで知られるグラフィック・デザイナーと云えばあの方、ヨコオ・タダノリ氏ではないかと思うのですが、さていかに?
サイケな精神世界の中に埋め込まれた「花札」、口の中に顔を象嵌した「唇」、突撃する「兵隊さん」、「目」だけを切り抜いたコラージュなど、Y.T.氏得意のモチーフも多々みてとることもできるのですが。 

ヨコオ氏と断定するもうひとつの要素が宮澤壮佳氏の旧蔵品であったということで。宮澤氏の書斎には、MOMAの展覧会や署名入りの国際版画展のポスターなど、横尾忠則に関するあれこれが非常に良い状態で保存されており、交流の深さが伺われました。
小店でY.T.氏=横尾忠則氏と推定する論拠としてはせいぜいここまでどまり。
もしもっとよくご存じのことがある方には、是非小店までご一報・ご教示を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。
尚、宮澤壮佳氏の旧蔵書・旧蔵品については、年内に目録を作成できないかと考え始めております。

今週は、小店では珍しく2点目もサイケでポップ。最近、戦後のものも多く扱うようになってきたとは言え、多分、ポッブやサイケなラインナップになるのはさすがに数年に一度のことだと思います。
と云ったわけでピーター・マックスの登場です。
ピーター・マックス・エンタープライズのエージェントで、東京セントラル表参道アパートメントにあった「コスミック」という会社が開催したピーター・マックスによるレクチャーの配布資料。時は1970年5月19日。ピーター・マックスにとって初めての日本でのレクチャーでした。
コスミック社の封筒ピーター・マックスのポートレート3点と、藤本潔によるレクチャーのための序文、マックスの履歴書、アメリカメディアによる批評、マックスへのインタビューなど未綴じのリーフ7枚、これらを収めた専用のポートフォリオという構成です。
日本でも一世を風靡したサイケポップの巨匠、ピーター・マックスが1970年代初頭に来日していてレクチャーを開催していたとは!
がしがしケンサクしてみても、これまでのところレクチャーが開催されたというデザイン史的事実も、コスミック社の存在や活動についても、一切情報が出てこない。出てこないところを見ると、このレクチャー用キットを糸口にして歴史的事実が発掘される可能性があるということで、これまたどなたかのご探求の成果に頼みたいと期待しております。
その前に。売れるかどうかが問題ですが。

■今週の斜め読みから。
"厚労省による3月8日から26日までの接種実績発表によれば、1日平均5万回くらいだ。1億人が2回接種するとしたら2億回必要なので、4000日かかることになる。土日などはお休みなので、年250日接種するとして接種完了は16年後か。"  冗談?
https://www.facebook.com/makoto.naruke/posts/3789072397796515

"「子ども庁」で検討本部 自民、トップに二階氏"  冗談???
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE020RK0S1A400C2000000/?fbclid=IwAR2ikCyfwixtRmzQB7qiBkfVdaYlIW0kKgbOyvuMyCX6kDXUYHMDLeUTUq0

 

21/04/03 1968年 英語圏のコンテンポラリー - リビング・シアターとICA

■またしても全然知らなかった戦後のアート・シーンにまつわる物件を落札しました。THE LIVING THEATER(リビング・シアター)の舞台写真。『精神生理学研究所』のあたりから、ここのところ何度かご紹介した戦後の前衛芸術関係資料と同じ旧蔵者の書斎から出現し、市場を通過して小店が落手したものです。
リビング・シアターとは何ぞや? と調べると …
1947年演出家で俳優のジュリア・ベック(Julian Beckと)とジュディス・マリーナ(Judith Malina)夫妻を中心に結成された前衛劇団(wikiの和訳によれば「米国で最も古い実験劇場グループ」)。色々と目を通せば通すほど、重要なんですね。それもかなり。いまのいままで知らなかったとは。いくら何でもアメリカの美術史に疎すぎるだろ。と深く反省しております。
このリビング・シアター、「最大のポイントは、芸術と日常の間に境界線の存在を前提する伝統芸術観を否定して、芸術と日常が同じ地平にあることを主張した点」にあるそうで、どこかで聞いたような…と思われた方はさすがです。「すでに絵画や彫刻など美術界で、ハプニングという形式として実践されていた新しい美学」の方法を演劇に応用したのがリビング・シアターだったと云います。この辺りは 一之瀬和夫「もうひとつの演劇 - アメリカ・オルタナディヴ演劇の系譜」が詳しく、187-188Pあたりにリビング・シアターの説明にあてられています。面白いので是非ご参照下さい。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjstr/41/0/41_183/_pdf/-char/en
今回入荷した写真はA4を一回り小さくしたくらいの大きさのモノクロ紙焼5点。裏面には5枚とも赤色のスタンプで写真家名「PETER MOOR」と「SEP 27 1968」の日付け、手書きで「Paradise Now」と演目のの書き込みがあり、必要情報がほぼ全て特定できる写真です。
「パラダイス・ナウ」(1968)は、「観客を演技領域に誘い込むことで肉体的参加をも引き出そうとする上演」方式をとり、リビング・シアターのもっとも有名な演目のひとつとなります。
写真を撮影したのは前衛芸術・前衛舞踊、パフォーマンスなどの撮影で知られ、とくにフルクサスのジョージ・マチューナス、アラン・カプロー、ナム・ジュン・パイク、その他メンバーの活動に関し膨大な写真を残したピーター・ムーア。裏面に著作権に関する但し書きのスタンプも押されており、ムーアによるオリジナル・プリントとみられます。 

宮澤氏にこれらの写真と、リビング・シアターに関するタイプ打ち原稿とを送ったのはやはりニューヨークで実験的な映画・ビデオを制作、ナム・ジュン・パイクとのコラボレーションでも知られるインター・メディア・アーティストのJud Yalkut。そして、旧蔵者は画像中の黄色い封筒の宛名にもなっている美術出版社・宮澤壮佳氏。見事に役者がそろっていたのでした。
おそらくは、書斎に残されていた蔵書や膨大な数の一次資料の何倍も捨ててきたであろう宮澤氏が、最後まで残していたエフェメラには、21世紀へとつながるメディア・アートに関する一次資料が意図して多く残されていたように思います。
1968年。N.Y.のJud YalkutからTokyoのTakeyoshi Miyazawa氏へ。Peter Mooreが撮影したliving Theaterの「Paradise Now」の写真はフルクサスのメーリング・アートを思わせる封筒込み、一括での販売となります。

こちらも宮澤壮佳氏の旧蔵品。リビング・シアター「パラダイス・ナウ」上演と同じ1968年、近年、時代の転換点とみられてクローズアップされる機会の多いこの年にロンドンで発行された『The Magazine of the institute of contemporaly arts』3冊が入荷しました。
ICA発行の芸術系の機関誌でコテンポリー・アートと云ってはいますが、取り上げられるのは美術だけではありません。視覚詩やアポリネールなど文学から革命まで、記事からは芸術フィールドの広さに照準をあてた編集方針がうかがえます。
ひときわ惹き付けられるのは、表紙から本文、裏表紙まで、大変に優れたデザイン。どの程度かは店頭で手にとってご確認いただければ幸いです。

■今週の斜め読みから。
正気?
https://www.facebook.com/satoshi.shirai.18/posts/5251582051583903
正気???
https://www.facebook.com/shigenori.kanehira/posts/3836018676480061
正気!
https://news.yahoo.co.jp/articles/60409c59a1f64510a8bb6e1120527137119ed4f1 

 

recent catalogue C by image