#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/06/23 戦前外国向け英文観光案内とキモノのデザインにまつわるあれやこれや

■いやはやまいりました。こちらは先を急ぐのだというのにそんなことにはお構いなく、PCを立ち上げた途端に自動的に再起動がかかってそのたび10分近くも待たされ、何だか知らないけれどもM社とかウイルス対策ソフト〇×スキーの更新プログラムが実行される度に何かしら不具合が出て鬱陶しいことこの上ないところにもってきて、今日は「更新プログラムが構成されました」という誠にもってご親切なメッセージが出てからというもの、あろうことかPhotoshopが使えなくなってしまいました。6月22日午後7時からほぼ5時間、仮想メモリとやらをカスタマイズし、再起動をかけ、画像サイズを変えて撮影し直し、各種サイズで試してみるもPhotoshopから書き出しができない…のでまた仮想メモリをカスタマイズし直し …… という無限ループが続くなか、本日6月23日の土曜日に入りました。
ダ、ダメだフォトショも私も。 
幸い、先週作り込んだものの使わなかった画像1点と、スマホ上で拡大縮小回転トリミングなど施した画像で今週はお茶を濁すことになりました。
ネタは良いのに。なんでまたこんな時に。ああ゛~~っ!!!!

そんなこともあって今週はかっ飛ばしていきます。
画像1点目は戦前の外国向け交通・観光関係のパンフレット。それぞれ英文です。
上段左端から時計周りに ……
①京都・都ホテルの『Map OF KYOTO』。アールデコ調の洒落た表紙は見開きサイズで約18×19.5cm。そのサイズの縦3倍、横2倍誌面の片面に京都中心部のカラー地図を、もう一方の面に英文商店広告を掲載しています。無刊期 (大正時代か?)
②Japanese Government Railways=鉄道省発行の『THE INLAND SEA』は1932(昭和7)年発行の冊子で表紙はご存知、杉浦非水。瀬戸内地方の刊行ガイドでアート紙30Pに写真も多数。巻末には鉄道と航路の地図あり。

③『CENTRAL CHINA CALLS』CENTRAL CHINA RAILWAYS=華中鉄道が1942 (昭和7)年に上海で印刷・発行した観光ガイド。アート紙75P、名勝と風俗を写した写真多数。
④日本郵船=N.Y.K.LINEの『JAPAN-BOMBEY』は1928年2月~1929年3月の客船運行案内。小さいものの写真・航路図あり。
⑤大阪商船=O.S.K.LINEの『AFRICA LINE』は1930~1931年の客船運行案内。横浜からケープ・タウンまでの航路にどれほどの需要があったのか、是非知りたいところではあります。
日本のツーリスト・ビューロー、鉄道省、日本ホテル協会が共同で出版した『NAGOYA』はアート紙16P・写真入りの冊子。名古屋周辺観光地情報も。
⑦『VISIT JAPAN』鉄道省の発行。見開きの表紙の6倍サイズの1枚もので、中面は中国・台湾・韓国・朝鮮等植民地含むカラーの鉄道路線図と写真図版。
⑧大阪商船の『A UNIQUE ROUND THE WORLD SERVICE』は同社が運営していた日本-南米路線のガイド。日本人離れした表紙は外国人デザイナーを起用した可能性あり。寄港地と日本の主要都市の観光案内。
①と⑦はどちらもカラー印刷された地図側の色味・デザインも美しく、お目にいれられないが残念。同じ日本人が所有していたと思われる一口ですが、販売は個別に。

■画像2点目は純粋和モノ枠より。
上段は『登録商標ニコニコ意気絣』というブランド名もふるっているキモノ生地見本帖。このタイトル、そして、ニコニコ笑ってはいるもののどこか不気味な少年キャラクターも非常に魅力的ですが、こちらの主役はあくまで、渋いけれど大胆なデザインが特徴の29点の生地現物であります。折帖仕立てのこの製本装丁センスも楽しくてよろしいかと。無刊期ですが、大正頃のものではないかと見ています。   

下段左は『織文類纂 巻七』。全10巻中9冊の入荷、しかも状態にイタミの度合いのバラツキが大きく、1冊毎の販売を考えています。雪佳を待つまでもなく、日本のデザインはモダンでした。
下段右側は『小袖 京都・北村支店染物部』とある色見本帖。色見本の部分はもちろん生地現物ですが、衣紋掛けにかけたキモノを模して“窓”を開け、そこから覗かせる凝ったつくり - ノンブルは衣紋掛けの端にかけた赤い房に ! - は初めて見るものでした。画像ではよく分からないかも知れませんが、見開きで窓の型が異なる他、衣紋掛けには部分的に金彩色を、また、余白部には銀色で装飾をあしらう念の入れようです。
全体にこじんまりまとまっていて細部に凝るこのつくり、明治~大正初めころのものではないかと見ています。

すでに申し上げました通りネタは良いのでもうひとつ ! 染物の型紙の台帳2冊。上段のには『紅板締 新模様 清印』、下段のには『紅板新柄 巴印』と表題あり。いずれも京都の染屋さん (下段は北村又治郎さんのところ)の旧蔵品。
デザインは大柄で大胆なものが多く、なかには未来派を思うようなものが見られる一方、『巴印』巻末に貼り付けられた肉筆図案原画「八景」は大変繊細な絵だったり、時代を絞り込むのが難しいのですが、おそらくは大正~昭和初期までのものと思われます。
Photoshopに不具合なければ、画像2点目にしても3点目にしても、もう少し画像点数を増やしてお伝えできたはず …… なのが、かえすがえすも残念無念。同じく残念と思われた方は店頭で是非 !
また、これらとは別に、キモノの染に関する見本帖、襖紙の見本帖、古いジャンクもののカメラなどダンボールひと箱とひと縛り、土曜日夕方までには店に入ります。 

18/06/16 発見!? グラフィック集団!!! / 1919年の死の舞踏

■市場で手にして頁を繰った段階で、“これは並ではないな” と思ったものの、落札した後ようやく詳細改めて見て驚いたのが『お歳暮のしおり 1958』。「東京日本橋 高島屋」のお歳暮カタログでした。
B4・28P、未だ全頁カラーとはいかないものの、1頁おきに縦2/3頁分のスペースに配置されるカラー写真が強い印象を与えます。モードや繊維など関連記事も充実、写真に合わせたイメージカットの効果もあって、単なる商品カタログではなく、むしろ雑誌に近い仕上がりになっています。
「製作 高島屋宣伝部」のクレジットがありますが、縦2/3頁の写真には資生堂石鹸、サントリー、ヤシカ、東レ、味の素、森永製菓など各界一流の企業名が打ち出されており、タイアップ企画だったものと推測されるのですが、驚いたのはこの写真部分。全体の統一感から見て、各社より ありもの素材 の提供を受けるのではなく、当カタログのためにつくり込まれたものと見て間違いなさそうなのですが、それぞれの写真に - 見落とすのが普通だろうと思われる極々小さな文字で - 「グラフィック集団」というクレジットがあるゾ ! ……というのに驚いたというわけです。
「グラフィック集団」は、1953年に写真とデザインの綜合を目指して大辻清司、浜田浜雄などによって結成されたグループで、商業美術の分野で多くの足跡を残しているはず…なのですが、常にぼぉーっとしている小店店主、はっきり「グラフィック集団」と記載された例をあまり目にしたことがなかったもので。はい。
さて。そのクレジットを見ていくと、大辻、浜田の他、杵島隆、北代省三、村越襄、八木治、大塚享、中村誠、樋口忠雄、増田正の名前があり、「東レ テトロン」の広告では田中一光と早崎治が組むなど、グラフィック集団オールスター・キャストといった感があります。グラフィック集団のメンバーついて、最も多くの関係者氏名をまとめているのが下記アドレスにある山口勝弘のアーカイヴですが、当品の記載に間違いがなければ、このサイトでは挙げられていない田子恒男が、この時期グラフィック集団に参加していた可能性も出てくるものと思われます。
http://yamaguchikatsuhiro.musabi.ac.jp/category/3-0-global_art/3-1-jikken-kobo-1951-1957/3-1-3-jikkenkobo-1955-1956/ 

グラフィック集団については資料によって結成が1952年だったり1953年だったり、メンバーも膨らんだりしぼんだりと、まだ情報の整理が十分だとはいえないだけに、戦後デザイン・写真史資料としての意味をもつものではありますが、しかし、老舗名門百貨店がいかに戦後、新しい時代に相応しくあろう、新しい時代をリードしようと模索し挑戦を続けていたかを物語る一つの証拠物件として、非常に面白いものだと思います。

戦後百貨店のお歳暮カタログとは対照的な2点目。あらゆるところに潜んでおり、誰彼の差なく無へと回収してしまう普遍的で非情な死を骸骨の姿で表現する「死の舞踊」。この「死の舞踏」をモチーフに画家 のエドモンド・バイル(エドマン・ビィーユ?) 作品を多色刷りの木版画で作品集に仕立てたタイトルもそのものずばりの『Une Danse macabre』1919年に限定500部が発行された内、当品はNo.73で、ポートフォリオにタイトル、目次、テキスト等を収めた4Pと木版19葉が収められているもの。完本は20葉ですが、今回小店入荷分は、残念ながら1葉欠けということになります。
エドモンド・ビルは1878年スイス生まれ。パリのアカデミー・ジュリアンなどで学んだ後、スイスの芸術家・建築家の組織「SPSAS」のメンバーとなり、第一次大戦当時は反戦のためのメディアに深く関わっていたようです。
1919年に出版されたこの作品集は、彼の代表作のひとつとされており、こちらの画像ではとりませんでしたが、とくに力強く描かれた反戦的な表現は、日本の柳瀬正夢にも似た印象を残しますが、それを通り越した21世紀現在、何故だかクロムハーあたりと並べたくなる作風なのでした。
セットで売るべきか(できればそうしたい)、プレートバラ売りか、只今思案中。
 

 

18/06/09 バレエ・リュス! ロラン・バルトとデュラス!! ポール・ポワレ!!! パリ週間!?

■先週、6月2日の営業時間変更のお知らせついでにアップしたウィリアム・モリスのファブリック&壁紙の見本帖が思いがけず うけが良くて (良く「うれ」てるわけではないのであれですが)、「やはり有名なモノを買わないとダメなのである。」と痛感。ならば今週も新着品はその路線で、と選ぼうとしたものの実のところそうとは選びようがないのが小店なのでした。
1点目はこれまでも散々売るのに苦労した、がしかしそれでも欲しいという思いの方が遥かにまさるディアギレフのバレエ・リュス 公式プログラム『PROGRAMME OFFICIEL DES BALLETS RUSSES』。かの「牧神の午後」の初演を見た1912年5月~6月、パリ・シャトレ劇場での公演時のものです(Septième Saison des Ballets Russes / Théâtre du Châtelet / Mai-Juin 1912)
画像上右端、レオン・バクスト描くところの「『牧神』を踊るワツラフ・ニジンスキーのための衣装デザイン」が表紙を飾るこのプログラムは、1909年から1929年まで続いたディアギレフのバレエ・リュスの公式プログラムの中でも最も有名な - つまりは最もよく引用される - プログラムのひとつですが、今回入手叶ったものには、さらにその上に薄紙のカヴァーがかっています
このカヴァー、ヴェラム革のような質感と色味のわりに上質紙程度の厚さしかなく、背や袖の折の入る部分などから断裂しやすいこともあってかカヴァーの残っているものは少ないもよう。もちろん、小店も初見でした。カヴァーばご覧の通りブルーと金の2色刷りですが、金色の部分はかなりの圧をかけての印刷と見え、立体感のある面白い仕上がりになっています。 

作品としてこのシーズンで最も注目すべきはもちろん、初演を見た「牧神の午後」と云うことになりますが、このシーズンの全プログラムによれば「牧神」上演が組まれていたのは5月29日、31日、6月1日、3日の4日間。この4日は全て、前年に初演された「薔薇の精」「火の鳥」、このシーズンで初演にこぎ着けた「青い神」との4演目での構成で、当品に挟み込まれた当日パンフレットに記載されているのがまさしくこの4演目。従って、正真正銘 牧神初演日のもだった可能性もあるわけですが、残念ながらそれ以上絞り込むことはできませんでした。
古本屋稼業も23年半となりますが、それでもまだこんなふうに見たこともなかったものが目の前に現れ、しかもそれが時代を画したものだったりするのですから、思えば古本屋というのは贅沢な仕事だなと思います。
あ! 贅沢と云えばこのプログラム、ジャンヌ・パキャンなど当時の有名メゾンのイブニングドレス、帽子専門店や香水などモード系の広告写真 (美人モデル起用 !) や自動車など贅沢品の広告も多数所収。それぞれ金色の飾り罫をあしらって、これまた何とも贅沢なことで。

古本屋は贅沢な仕事とだなんて云ってますが、一時的とはいえ、こんなものを持っていていいのか!? と少々恐縮ぎみの商品が今週の2点目。ロラン・バルトのハガキとマルグリット・デュラスの書簡。それぞれ自筆。画像検索でも確認しましたが、間違いないものと見ています。
中央公論社の文芸誌『海』創刊当時の編集長 近藤信行旧蔵の書類・書簡のうち、欧文の書類・書簡類だけをまとめて出品していたのを落札。その中から出てきたのがこれ。入札する段階ではドナルド・キーンの自筆手紙、ミシェル・ビュトールのタイプ打ち書簡などを確認したものの時間なく、ええいままよと買ったダンボール1箱からまさかこのようなものが出てくるとは…。

このダンボール箱についてはまだまだ何が出てくるか分からず、デュラス、バルトの価格等含め、商品として店頭に出すまでにはいま少しお時間をいただくことになります。悪しからずご理解の程お願いいします。
サロートか? シモンも? ベケットが? マンディアルグも? ロブ=グリエで? ル・クレジオを? さて誰がどんにふうに出てきてくれるものやら。なんて云うのを昔の人は「とらぬ狸の皮算用」と呼んでいたようで。

■この本についてはポール・ポワレの署名で買いました。『107 RECENTTES OU CURIOSITECULINAIRES』。副題に「RECUEILLIES PAR PAUL POIRET」とあり、20世紀初頭、女性をコルセットから解放したファッション界の革命児 ポール・ポワレがレストラン「マキシム」のシェフなどから集めた107の料理のレシピを書籍化したもの。背革装丁バンド入・タイトル金箔押、天金、見返しマーブル紙使用 …… 等々、堂々たる製本。他に限定100部本があるようですが、当書は普及版。発行は1928年。ポアレのファッションはすでにはっきりと下り坂にあり、翌1929年には自身のメゾンも完全閉鎖に追い込まれるので、この本はぎりぎりのところでの出版だったようです。
見返しに「Raymond Oliver」と書かれた小革片が貼られているので気になって調べてみると、どうやら第二次世界大戦終結後数年でパリのレストランを三ツ星に引っ張り上げた有名シェフらしい。ポール・ポワレのファッションの凋落とは別に、ここに集められたレシピには依然として意味が認められていたということになりましょうか。少々皮肉めいたお話しです。
ポール・ポワレからフランスの三ツ星レストランのシェフへ。パリの有名シェフから今度は誰の手に渡せるのか、ここはひとつ古本屋の腕の振るいどころのようで。それにしても美食と最も縁遠い古本屋に何故 …… ?

追記 : 『107 RECENTTES OU CURIOSITECULINAIRES』の旧蔵者 レイモン・オリビエについて情報をいただきました。
レイモン・オリビエはパリの有名老舗レストランで、パレ・ロワイヤに現存する「グラン・ヴェフール」のオーナーシェフだった人。戦後、東京会館と契約し現代フランス料理を伝え、また、日本におけるフランス料理の基礎を築きその発展に尽力した“日本のフランス料理の父”、ホテル・オークラ初代総料理長小野正吉と深いつながりをもつなど、日本のフランス料理に大きな影響を与えた人物であり、日本の料理史を語る上で欠くべからざる最重要人物のひとりだとのこと。この本が日本にあることの意味まで兼ね備えているものであることが分かりました。ご教示に多謝 !

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...