#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

19/01/12 2019年、いだてんで始まる!

寒中お見舞い申し上げます。
 
新しい年を迎えてはや十数日。今年は年賀状も例年の三割程度しかお出しできずに放棄(本当に失礼いたしました)、野暮用と所用とであれよあれよと一週間が過ぎ、今週7日からは連日店で即売会の準備作業に明け暮れております。
さて、今年の更新1回目は、その即売会のご案内です。
 
「第35回 銀座古書の市」
2019年1月16日(水)より1月21日(月) 10時~20時(最終日17時閉場)
松屋銀座8階イベントスクエア
 
今年は新しいメンバー2店を迎えた総勢16店が参加。浮世絵・和本から書画・自筆もの、古書と古い印刷物はもちろん、記録写真、スクラップ帖などまで、バラエティに富んだ商品とともにお客様をお迎えいたします。
詳細並びに参加各店の情報については下記の松屋さんのウェブサイトをご覧いただければ幸いです。
http://www.matsuya.com/m_ginza/event/details/20190116_kosho_8es.html
 
若手の古本屋さんたちの活躍目覚ましいユニークな即売会です。
合同目録掲載品だけでなく、会場で販売するために各店が用意している商品などについては、参加店が随時投稿している下記のブログで是非ご覧下さい。
http://ginzakosho.hatenablog.com/
 
もはやロートルの域にある不肖・日月堂も会期中は連日会場で仕事に励む所存。
みなさま是非ご来場のほど、心よりお願い申し上げます! 


この即売会への参加により、店の営業は13日(日)より25日(金)までお休みをいただきます。この間のご連絡は日月堂(佐藤)の携帯電話または会場 03-3567-1211 までお願いいたします。
携帯電話の番号については、店の電話 03-3400-0327 の留守番メッセージでご確認下さい。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
尚、1月26日(土)より、店は通常営業に戻ります。
 
■2019年は小店も「いだてん」で始まりました。NHKと並んだぞ。というのは冗談ですが。流行りもの・有名どころとはとんと縁なくやる気もない小店としては入荷することが珍しい筋。
古い写真アルバム4冊の内、1冊の表紙に手書きで「駅伝」と記された記録写真です。旧蔵者の書き込みに走者の名前があったり、履物が足袋ではなく運動靴だったり、残されている情報を拾って調べてみたところ、駅伝の記録写真は昭和8(1933)年1月7日~8日に行われた「箱根駅伝 第14回大会」に参加した東京文理科大学の選手の健闘ぶりを追いかけたものであること、旧蔵者は駅伝選手と同じ陸上部に所属していた人物であることが分かってきました。
この当時、カメラの性能が動的な対象にも対応できるようになっていたにせよ、がしかし、走るランナーと追うバイク、さらにそれらを追いかけ前に出たり横に並んだり、撮影したカメラ担当者には相当の苦労があったものと思われます。
大河ドラマでの金栗四三の爆走よりひとあしさきに、昭和8年の いだてんたちの力走を、早速松屋銀座の即売会会場にてお目にいれます。
 
次回更新は25日の予定。それまでの間、ひとりでも多くの方にお目にかかれますよう、松屋銀座でお待ちいたしております!
 
 

 

18/12/22 20世紀初めの日本を覗いてみる 双眼写真&ステレオスコープ/短い楽譜も添えられた武満徹署名本

■いやはや何と! 2018年も残すところ10日を切りました。「平成最後」と称されるお正月も目前です。
来週も市場は続きますが、新着品のご案内は年内これで打ち止めとさせていただくかと思います。
なので。先ずは年末年始の営業のご案内を。
年内の営業は来週25日(火)・27日(木)のそれぞれ12時~20時、29日(土)の12時~17時までとさせていただきます。
年明けはイレギュラーながら7日(月)に開店、8日(火)、10日(木)、12日(土)の各日12時より20時で営業いたします。
1月13日からの週は月曜日から松屋銀座で開催される「第35回 銀座 古書の市」の運送・陳列・会期スタートというスケジュールで、実質年明けすぐに即売会体制となります。
ご来店の方にはご不便をおかけいたしますが、店、即売会ともども何卒よろしくお願い申し上げます。

と。ここでようやく今週の新着品のご案内。
1点目は 双眼写真とかステレオ写真、立体写真などと呼ばれる左右に同じ画像がプリントされた写真種51点と、この写真を装填して覗くと、写真が浮き出て立体的に見える非常にシンプル、がしかしとてもよく出来た専用の覗き眼鏡・ステレオスコープとのセットです。
この簡単な仕掛けで写真が何故立体的に見えるのかと云うと「わずかに異なるアングルから撮影した2枚の写真を左右の目で別々に見ることによって、立体感と奥行きを伴ったイリュージョンが得られる」(「アートワード」より)ということだそうで、詳しくは引用元の「アートワード」など専門のサイトに掲載されている解説をご参照いただくのが良さそうです。
ステレオスコープは、木製のものが多いようですが、今回入荷したものは一見双眼鏡を思わせる鉄製
このセット、双眼写真は3社の製品からなるものですが、驚いたのはどの社のものも、立体感が素晴らしいこと、そしてモチーフが絶妙で面白いこと。覗いて見ると、とくに桐生の最新かつ大規模な絹織物工場やロシア戦争の戦地に送るビスケットの包装をしている女工さんの仕事風景などは、写真自体が遠近法を強調した撮り方をしているせいか、どこまでも果てしなく続くように見えて眩暈を覚えるほど。まるで精巧につくられたジオラマを見ているような、不思議な感覚に襲われます。 

写真には他に、浅草観音、京都の目抜き通り、箱根で荷物を担ぐ人、履物屋、大阪の旅館、横浜の歌舞伎劇場、神戸の海岸通り、伊香保の温泉街、金閣寺、大根を運ぶ農夫、猿回しの少女と猿、アイヌの人と家屋、芸者ガール、花札遊び等々があり、いずれも明治初期から明治末頃までのものと見られます。
覗けば19世紀末~20世紀の日本が立ち上がってくる。
ちょっとした感動を覚えずには居られません。

■こちらはおそらく3度目になる入荷。ですが、今回は、武満徹の献呈署名と短いながらも楽譜が自筆でそえられているのが肝。さらに、何故だか図形楽譜2枚1組もついています。
武満徹の初の随筆集で、1964年に草月アートセンターから自費出版した『武満徹 ← 1930………∞』限定500部の内の73番。
画像には入れませんでしたが函付きの完本です。
昨日の市場には武満のハガキも出品されていましたが、志賀直哉のハガキを凌駕する価格に。もちろん私は不首尾に終わり。武満の自筆原稿を落札したのは一体何年前のことだったか、あれをいまもっていればという後悔しきりの年末です。

この他、こんな忙しい時に何故またこんなにでかいものを買ってしまったのかと、思い出すと途端にピタっと思考停止状態に陥るカッサンドルの巨大ポスター1額を落札。リプリントですがリトグラフ。それにしても、そもそも店に入るサイズなのだろーか。あれは。それはさておき。
第一次世界大戦をまたいでフランスで発行されていた高級婦人誌、ご存知『ガゼット・デュ・ボントン』より、バルビエのファッション・プレート(ポショワール」も1額落札。こちらは手軽なサイズで額もなかなかよろしいかと。
赤瀬川原平がビジュアル部分を担当した『犯罪者解放紙兇徒』、イタリアの未来派のマニフェストから始まる紙モノ・冊子・雑誌の忠実なレプリカ集、1980年代のものではありますがフルクサス関係の冊子・印刷物5点などが、来週木曜日に店に入ります(入るのか!?カッサンドル…)。

■順当にいけばこれで年内の更新もお仕舞い。今年もまた、HPをご覧下さいまして本当に有難うございました。新しい年も尚一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
そして。ちょっと早い気もいたしますが。
みなさまどうぞよいお年をお迎え下さい!

 

 

18/12/15 キモノのカミモノ オフネのアンナイ

■年内更新もあと数回。その間には明年1月16日からスタートする「第35回 銀座 古書の市」(松屋銀座 2019年1月16日~21日)の目録も出来て、年内にはお客様それぞれのもとへと届けられます。ぼちぼちお問合せ下さるお客様もいらして本当に有難い限りですが、目録到着まで、いま少しお待ち下さいますようお願い申し上げます。
小店もアルバイトの方たちの力をお借りしながら、会場用の商品の準備が進んでいるのは喜ばしいことながら、ここのところの市場で 買いたい・買うぞと思うようなものを見つけられずにいるのは、懐具合に加えて おつむのスイッチが早くも「買う」から「売る」へと切り替わっていることによるものかとも思われますが、そうしてみると、市場より店内でほったらかしにしていた落札品のヤマのなかから、何故これまでほったらかしにしていたのか、ここの店の責任者の胸倉でも掴んで問い詰めておこうかしらと思う商品の発掘が続いておりまして、今週の更新は はっきり!きっぱり!!新着品ならぬ旧着品から選びます。

1点目は呉服店の商標類の一括。縫い付けてあった痕跡(針穴と糸付きなど)が残っているものが多いわりに全体に状態がとてもよく、これまで一体誰が (呉服屋さん? 印刷屋さん? )、どのようにして保存してきたのか先ずもって不思議な一群です。
日常からよそ行きまでキモノで過ごしていた時代、キモノはモードを流行を競う最尖端の商品でした。従って、ネーミング、商標のデザインは時代を色濃く反映することになり非常に面白い反面、流行の変化とともに真っ先に捨てられてしまうものでもあったはず。
発掘した小さな箱ひとつに収まる商標類は、明らかにアール・デコを基調とする1920年代のものであり、時代色のよく出たものだけに、これだけまとまって残っていること自体、稀なことと思われます。
曰く、「登録商標トーキー」「バレー着尺」「最新柄レビュー友仙」といったネーミングがあるかと思えば、杉浦非水の三越のポスターをお借りしたかのような「蝶美人友仙」のタグ、まるでグリコのキャラメルのような「オリンピック」の意匠など、自在と云うのかあまりに自由とでも云うのか、この融通無碍(?)な発想は戦前ならでは。
もっと早く発掘していれば、目録に掲載していても不思議はない、粒ぞろいの紙モノです。

■これまた何故かバックヤードに積んだきりになっていた戦前の豪華客船旅行関係のパンフレット類。以下に紹介する3点は全て英語表記となっています。
最も立派なのが小店初見、イタリアン・ライン社の大洋航路船「SS REX(レックス)」のもので、1932年の発行。wikiによれば、地中海を航行するこの船は「海上の避寒地」と呼ばれ、この年の9月、ジェノヴァを出港する際には「ベニート・ムッソリーニ参加セレモニーが催され、乗客のほとんどは国際的な有名人ばかりであった」と云います。
当時のファッション紙を思わせるイラストはEdina Altaraとその夫Vittorio Accorneroの共作によるもの。
「レックス」についてはwikiを、当パンフレットについては下記のアドレスが多くの図版入りで詳しく解説していますのでご参照下さい。
http://www.italianways.com/edina-altara-first-class-luxury-on-the-rex/
実はイラスト以外、タイポグラフィだけで構成されたページが素晴らしいのですが、ご興味をお持ちの向きはこちらも店頭でご覧いただければ幸いです。
 
「レックス」と同じ画像に収めたその他の2点は、北ドイツ・ロイド・ラインが1935年に発行した1936年世界一周航海のパンフレット。中面はモノクロの写真図版と寄港地の寄港予定日と観光案内で構成されています。東洋趣味の表紙は、同時代の雑誌『ASIA』を思わせます。
横に長い冊子は日本郵船の姉妹船、浅間丸と龍田丸のフロアガイド。AデッキとDデッキ! Eデッキ!! の階級差に愕然とすること請け合い。
 
■新着品には、昭和40年代の目黒、世田谷、大田区区境にある駅・幹線道路周辺の風景を写真に収めたアルバム5冊(目黒、中目黒、渋谷、二子玉川、自由ヶ丘、緑が丘、奥沢、五本木、柿の木坂、蛇崩川等)なども。いずれこのページでご紹介できればと思います。
 
そろそろ2018年を振り返る時期となりました。今年色々な意味でとても考えさせられた記事を二つ、備忘を兼ねてあげておきます。
https://globe.asahi.com/article/11530020
http://www.labornetjp.org/news/2018/1207pari?fbclid=IwAR2-K6SSt2JlpFL73R14i1s2U0w4I6AVrxJ9HQQMU-9SJA-IN11oWkcg1q4
さて、来年は?  あ。年内まだ更新は続きます!

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...