#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

21/01/23 戦前・戦後 個展をめぐるエフェメラ … 堀野正雄の宣言・工藤哲巳の檄

■大変申し訳ございません。ご好評をいただいております「古書目録福袋」全16冊セット組は払底いたしました。小店は控えの1セットを残すのみです。関西のご同業者の方もいらして、1店ごとに少店まで送っていただくというのも実際には難しいところがあります。
わざわざ書簡に切手を同封して送って下さり、発送を請われるケースがありますが、折角ご依頼いただいても、単に切手を送り返すということになってしまっております。
同人有志のなかには、ひょっとするとまだ数部残っているところがあるかも知れませんが、切手を送るその前に、是非、というよりも必ず、先ずは残部の有無をご確認下さいますようお願いいたします。
有難いご要望にお応えできず誠に申し訳ない次第ではございますが、何卒ご理解・ご容赦を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

今週の新着品より。『堀野正雄 第2回 個人写真展覧会 出品目録』と同じく第2回個人展の「パンフレット」の2点一組。1930(昭和5)年9月、銀座松屋の7階で開催された際の印刷物です。
「パンフレット」には「舞踊と機会美と女の顔」と副題が記載されており、「出品目録」にはその通り、「舞踊」「機械的構造物-優秀船に就いての研究」「女の顔-同一モデルによる研究」の3カテゴリー・全100点の作品名が並んでいます。
「出品目録」には1930年9月1日付の堀野の小文が添えられており、「舞台写真の専門家としての仕事から『新しきカメラへの途』へ精進すること」「機械的建造物を取り扱ふこと」こそが与えられた命題であり、「舞踊」と「女の顔」の作品群によって「私は過去の総決算をする」としています。
「機械的建造物」として展覧会に出品されたのは板垣鷹穂の著書『優秀船の芸術社会学的分析』にまとめられることになる浅間丸・秩父丸の写真23点。板垣の指導のもと、堀野が機械的建造物の撮影を始めたのが同じ年の4月。それから僅か5ヵ月の後、出品作品の四分の一を新たなテーマの作品で構成したことになります。
ここで問題。堀野の仕事をまとめた『幻のモダニスト 写真家 堀野正雄の世界』(2012年 東京都写真美術館編 国書刊行会)の年譜に記載されている「第二回 個人写真展覧会」の会期は6月2日から7日まで。いま手元にある目録・パンフレットと同じ構成・点数・会場です。年譜に基づけば板垣との試行開始から僅か2ヶ月後の展覧会ということになり、「将来への『不は束な研究』の一部分を発表することは、いささか性急の感はある」という目録掲載の堀野の言葉通りではあるものの、それにしても準備時間が短すぎるようにも思えます。開催は年譜に記載の6月だったのか、『目録』『パンフレット』に記された9月だったのか、エフェメラの上に謎がひとつ転がっていました。 

「パンフレット」の方は堀野と堀野の写真に寄せる関係者の寄稿で構成されていて、板垣はもちろん、「舞踊」の部で被写体となった石井獏、高田せい子等の名前が並びます。
目録の堀野の言葉は、次のように結ばれています。
「『新しきカメラへの途』へ! - 私は進行する。」
この年、堀野23歳。新しい人による高らかな宣言です。

■こちらも個展がらみのエフェメラ。実は、今回福袋用につくった目録に載せたかったものの、落とし所を見つけられず掲載を見送ったものです。入手は昨年のことですが、店頭に出すのは明日からが初めて。
壹番館画廊で1970年に開催された『三輪龍作の愛液展』図録。文庫本サイズの全24P。三輪龍作の作品は好みの分かれるところですが、何しろ巻頭5Pにわたり日英仏三か国語で工藤哲巳の文章が掲載されています。「我等の同志、龍作ゲリラよ! ブルジョワの寝室に侵入せよ!」といった調子で始まる工藤の文は推薦文や論考といった穏当なものではなくまさしく檄文。
1960年代半ば、活動の早い時期から主要な舞台を海外に置いていたためか、工藤の自筆文献数は非常に限られたもので、『あなたの肖像-工藤哲巳回顧展』(2013年)によれば約90点ほどで、しかも雑誌などへの寄稿がほとんど。『三輪龍作の愛液展』は数すくない独立した印刷物への寄稿例とみて差し支えなさそうです。
ブロックに組んだ文字組や色使い、写真、レイアウトなど、ただものならざる図録には、吉岡康弘(写真)、海上雅臣(編集)も関わっています。
三輪龍作は萩焼の窯元で後に12代休雪を襲名する名門の出。伝統的な焼物の世界にあって、奔放なオブジェを志向し、工藤哲巳や吉岡康弘といった前衛と交流するなど、1970年前後の美術界の動向を色濃く反映した図録です。

久しぶりに今週の斜め読みから。と思っていたのですが。そう遠くない知り合いのなかにQAnon信奉者がちらほらいるのに驚いて、さらに、いまもってバイデンの就任式は録画作成されたものだとか強弁しているのを見て愕然とするあまり他のことをすっかり忘れてしまいました……。来週こそはまともなネタが拾えますように。

 

21/01/16 「古書目録福袋」のお話しと『日月堂 目録第6号 メディア・芸術・20世紀』より

■先週土曜日、「銀座 古書の市」同人有志が集まって、16店分16冊の古書目録をひとつの袋に詰めるという作業を敢行いたしました。『古書目録福袋と銘打ったこの企画、全国約5,000名のお客さまに向けて古書目録の詰め合わせをお送りすることになっています。
16店舗×5,000部=総数8万冊に及ぶ古書目録を、16種を1セットとしてひとつの袋につめて5,000セットつくるというこのミッション、総勢14名で朝9時から夜7時までかかって何とか終えることができたのですが、なかなか過酷だった作業のレポートと各店目録の表紙の画像はこちらに!
「銀座 古書の市」ブログ http://ginzakosho.hatenablog.com/
ツィッターには動画もアップされておりまして、息をもつかない流麗な流れ作業の様子(?)がご覧いただけます。
https://twitter.com/ginzakoshoichi?lang=ja

当HP画像1点目も、明日以降、お客さまのお手元に届き始めるはずの『古書目録福袋』の内容で、下記は福袋の袋の表に刷り込んだ同人有志一同からのメッセージの一部です。

-複数店の古書目録をまとめた福袋-これは従来にない画期的な試みであり、皆様にお楽しみいただけるよう、各店がそれぞれに趣向を凝らした目録を作成いたしました。
この福袋は、新型コロナウイルス感染症流行の影響により、一月の開催が見送りとなった「銀座古書の市」参加店有志から、古書を愛する皆様への贈り物です。各店とも、「古書の市」のために蒐集した逸品を目録に掲載しております。どうか全冊にお目通しいただき、ご用命いただけますと幸甚です。……

これまで参加店各店とお付き合いのあるお客様には明日以降、1週間から10日程で順次配達されます。また、各店とも目録残部は僅少となっておりますが、ご興味のある方は懇意のお店に問い合せてみて下さい。尚、今回の参加店有志は下記の16店です。

《 古書目録福袋 参加店 》
赤尾照文堂/あがたの森書房/安土堂/古書 鎌田/古書 日月堂/五拾画廊/木挽堂書店/書苑よしむら/徳尾書店/中島古書店/日本書房/幕末屋/原書房/フロイス堂/文生書店/八木屋書店 

今週の新着品は福袋に詰め合わせた2021年1月発行の小店目録『日月堂 目録第6号 メディア・芸術・20世紀』より、このHPでご紹介しないまま、今回の目録に掲載した商品からいくつかを。目録掲載ページとともにご笑覧いただければ幸いです。あ! 目録は解説にまで付記などついて鬱陶しいことこの上なく、こちら=HPの方が余程慎み深いと白分でも思いますですはい。

▷No.1 学天則英文パンフレット『ON THE “MAN-MADE MAN” EXHIBITED at The Kyoto Grand Exposition』
【 発行年 】1928(昭和3)年【 著者/発行 】西村真琴/大阪毎日新聞・東京日日新聞
【 体裁・サイズ等 】B6 ・15P 【 概要 】東洋初のロボット「学天則」お披露目となった大礼記念京都大博覧会に際し用意された全文英語のパンフレット。「序文」「メカニズム」「人間と人造人間」「学天則のデザイン」の4章立てで学天則詳解。製造過程・メカニズム等の写真14カット入り。

▷No.6 金坂健二オリジナル・フォト ①Marcel Duchamp New York,1966 #1 ②Marcel Duchamp New York,1966 #2

【 制作年 】1966(昭和41)年 【 作家 】金坂健二 【 体裁・サイズ等】ゼラチンシルバープリント マジック自筆署名・タイトル・年度記載入 イメージサイズ21.5×21.5cm 【 概要 】アメリカ滞在中の金坂撮影によるマルセル・デュシャンの肖像写真

▷No.7 瀧口修造 ローズ・セ・ラ・ヴィのためのドローイング

【 制作年 】1968(昭和43)年 【 作家 】瀧口修造  【 体裁・サイズ等/状態 】A4スケッチブックから破り取った用紙に鉛筆  署名(「S.T」のイニシャル) 並びに「’68」の年度記載入/上方少傷有 署名近くに薄いシミ【 概要 】海藤日出男旧蔵。旧蔵者と記載年度から見て、『マルセル・デュシャン語録』制作の過程で描かれたエスキースのうちの一葉か。バラの花をモチーフとした同様のエスキースは他にも5~6枚が存在、いずれも同じ用紙-スパイラル綴じのスケッチブックから破りとった状態-に描かれたもので、中には着色されていたものもあったがすでに売却されており、当品は偶然に残っていた最後の1葉。 


▷No.10 北代省三『未来の花』油彩額

【 制作年 】1953~1954(昭和28~29)年 【 体裁・サイズ等 】板紙に油彩・署名入 誂え額・裏板にタイトル・年度・作家名ペン書き イメージサイズ26.5×20.5c 額込サイズ41×36cm 【 概要 】多角的に活動を展開していくことになる北代が、その活動の初期に志向していた前衛・抽象作品のひとつ。

▷No.12 日比谷美術館後援会主催 第一回洋画展覧会目録
【 発行年 】1915(大正4)年 【 著者/発行 】日比谷美術館後援会事務所 【 体裁・サイズ等 】B6・表紙含む16P【 概要 】日本の洋画画廊の草分け・日比谷美術館を支援するため発足した後援会の企画による展覧会の出品目録。開業後約1年半余りで経営難に陥っていた館主・佐藤久二の挨拶、発起人による後援会趣意書、出品作77点の目録の他、石井柏亭、黒田清輝等別刷図版9点貼込含む。発起人は柏亭、清輝、藤島武二、岡田三郎助、和田英作等13名。表紙に「平伊之助先生より給ふ」との書込有。五十殿利治著『改訂版 大正期新興芸術運動の研究』の第一章はこの美術館に関する記述に割かれている。

▷No.13 アンデパンダン・アート・フェスティバル(岐阜アンデパンダン展)公開シンポジューム 小冊子

【 発行年 】1965(昭和40)年 【 著者/発行 】アンデパンダン・アート・フェスティバル実行委員会 岐阜市 中日新聞 【 体裁・サイズ等】A5・18P+表紙・広告等6P 【 概要 】「現代に於ける芸術は可能か」をテーマに開催されたシンポジウム用印刷物。巻頭4Pにフェスティバル出品作品目録有。シンポジウム部分は松本俊夫、中原祐介、東野芳明、杉浦康平、一柳慧、針生一郎等登壇者14名に1Pずつ割り振り。多くは「MEMO」の白紙のままだが池田龍雄、木田日出夫、佐々木耕成、松沢宥、ヨシダ・ヨシエは寄稿。岐阜アンデパンダンには地元美術家グループVAVA主催、ゼロ次元、ジャックの会、グループ位、松沢、岩田信市等参加。“行政や企業の協力を伴う大がかりな企画、屋外でのアートワークやコンセプチュアルな実験、都市空間への浸出、日本全国のパフォーマンス系作家の出会いの場となったことなどにおいて、60年代美術の分水嶺といえるポスト読売アンデパンダン展の最重要イベント”(黒ダライ児『肉体のアナーキズム』より)とされる。

… といった具合。
小店目録は全20頁に商品20点を掲載したごくごくささやかなものですが、学天則や日比谷美術館、瀧口、ディック・ヒギンズ、岐阜アンデパンダンまで、今後二度とお目にかかることはあるまいと-小店店主としては非常に珍しく-少々手放し難い思いもある商品を軸に構成しております。
今月末までご注文を承り、注文重複の場合は抽選とさせていただきます。
受注期間中、商品は全点店でご覧いただけますが、遠方の方、外出を控えている方など、お気兼ねなくお問合せ下さい。何卒よろしくお願い申し上げます。

■2021年を迎えて二週間、僅かなこの間に、私はここ30年使い込んできた湯飲茶わんを割り、気に入っていた豆皿を割り、そして今日はロフトのお兄さんにとにかく丈夫な腕時計が欲しいと云ったら出してきた安ものだけれど頑丈自慢のはずのセイコーの腕時計のベルトが壊れました。昨年末には掃除機とテレビが壊れて買い換えてるし。次は一体何が崩壊するものやら。
コロナウイルスはもとよりこれ以上の波乱はご勘弁いただきたい。
コロナウイルスの感染拡大は世界中どちらを見ても、どうやら当分やむことはなさそうです。
みなさまもどうかくれぐれもご用心下さい。 
私はこの週末、近くのお不動さまで破魔矢を買ってきます

21/01/08 2021年も よろしくお願い申し上げます!

■松が明けるのとほぼ同時に緊急事態宣言が発出されるという波乱の年明けとなりました。
みなさまお変わりござませんでしょうか。
遅ればせながら…

あけましておめでとうございます!
本年も旧倍のご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます


早速ですが、店の営業についてのお知らせです。
1月12日(火)より毎週火・木・土曜日で営業いたしますが、緊急事態宣言をうけ、営業時間を当面12時より19時までと短縮させていただきます。
これまで以上に消毒と換気を心掛けて営業を続けます。
今後、感染の拡大や自粛要請など、状況の変化によっては営業日や時間を変更する可能性もございます。変更の場合は随時当HPやFacebookでお知らせいたしますので、ご来店に際しましてはご確認いただければ幸甚に存じます。
また、お客様には店内入り口での手指の消毒とマスクの着用をお願いいたします。
ご不便をおかけたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます

この不穏な2021年が夏の盛りを迎える頃、小店店主は還暦を、晩秋には日月堂が開業25周年を迎えます。
9.11、リーマンショック、3.11、そしてコロナウイルス …… さまざまな歴史をくぐりぬけ、時々古書界の正道を踏み外しながら、この四半世紀を大過なく過ごして来られたのは、いうまでもなくお客さまに支えられてのことです。
有難いことだと思っております。心より、御礼申し上げます。


画像は昨年のクリスマス大市での落札品より。小店入荷は10年ぶりくらいになるでしょうか。1991年、アントワープで開催されたマルセル・デュシャンの展覧会に際して刊行された『Chess Box』。限定850部で、展覧会カタログ、冊子、ポートフォリオ、デュシャンのインタビューカセットテープなどがチェスポードを模した箱の中にセットされています。デュシャンの主要作品を振り返ることができる楽しい詰め合わせは、いかにデジタル化が進もうとも、所有欲をくすぐり続けてくれることでしょう。

■1月9日、延期された「銀座 古書の市」の参加店有志による「古書目録福袋」の詰め合わせ作業が始まります。セットアップする福袋は5,000セット。ある書店の方の試算によれば参加店全店の目録を積み上げた高さは100メートルに相当するのだとか。東京古書会館で換気と手指の消毒など心掛けながら作業を進めます。到着まで、いましばらくお待ち下さい。
コロナウイルスは当面沈静化など望めそうにありません。
みなさまどうかくれぐれもご自愛下さますよう、ご健勝をお祈りいたしております。
小店にとっては節目となる2012年、また1年、どうかお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。















 

recent catalogue C by image