#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/07/14 ロシア構成主義の精神を継ぐ ナタリー・パランの絵本ほか

■西日本を襲った豪雨、そして列島全体に及ぶ猛暑。概ね穏やかだと思われてきた日本の自然環境も、いまや荒ぶる神の意のままとなってしまったかのようです。
被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。猛暑で参っている方にはご自愛を祈念申し上げます。
本日7月14日(土)からの三連休は、更なる暑さが予測され、気象庁が異例の注意を呼びかけています。
この夏、小店では「ご来店をお待ちいたしております」なんて云うのをやめることにしました。
何かお目に留まるものなど出てまいりました折には、お電話かメールでお問合せ下さい。
何卒よろしくお願いいたします。

8日(日)には「明治古典会 七夕古書大入札会」を無事打ち上げ、今週水曜日からは通常の市場にも復帰して、普段のスケジュールに戻りました。「七夕」でいささか力尽きた感あり、新着品は貧弱ながら、珍しいものからご紹介すべく、トップバッターとしてナタリー・パランが関係した1930年代の絵本4冊を選びました。
ナタリー・パランは1920年に創設され、アレクサンドル・ロトチェンコはじめポホーワ、メーリニコフなど、ロシア構成主義の一翼を担った芸術家が教えるモスクワの国立高等芸術技術工房=ブフテマスで芸術を学び、1926年に結婚によりパリに移住。移住先のパリで、子どもたちが遊びながら学べる絵本「ペール・カストール」シリーズを創刊したばかりだったポール・フォシェに見いだされ、絵本作家としての仕事をスタートすることになりました。
画像の内、中段に配した2冊 --- 1933年発行の『ALLONS VITE (早く行きましょう)』1932年発行のリトグラフ刷『RONDS ET CARRES (丸と四角)』 --- は、ブフテマスですべての学生が学ぶことを義務図けられていたと云う「平面における色彩、構成、形態など、造形に関する一般原理」を十二分に活用した“ロシア構成主義そのもの”のような絵本です。

『ALLONS VITE』には、実際に子どもがハサミをもって遊べるように色薄紙が綴じ込まれているのですが、“遊ぶ絵本”として生まれた絵本の宿命か、その一部に切り取りがあります。
『THE PICTURE PLAY BOOK (絵遊び) 』は1935年にアメリカで発行された英語版。フランスで発行された元版とは判型が異なるようですが、リトグラフ刷であるところは元版と同じ。
『BABA YAGA (バーバ・ヤーガ) 』は1932年の発行、ロシア民話再話にパランが挿絵をつけたもので、「見開きページを大胆に使った構図など、随所にロシア構成主義の影響が見られ」ます。この2冊、中面をご紹介できないのが残念でなりません。Photoshop復活 (…つまりまだ直っておりません)するその日まで、しばしお待ち下さい。
*当商品に関するタイトル和訳と「」内引用文は鹿島茂著 2017年青幻舎発行 『フランス絵本の世界』によります。

■市場の片隅に置かれていたダンボール箱のなかにラリックがデザインしたコティの白粉のパッケージをパクッたのがあるのに気が付いてよく見れば、知らないメーカー&ブランドのものが多く、つい買ってしまった化粧品パッケージ関係より5点をピックアップして画像にしました。アール・デコ調のデザインで、全て戦前。
順不同になりますが、5点の詳細はと云うと …… ①これは有名・桃谷順天館の“無鉛・純粋”「明色粉白粉」、②私は初見でしたが調べてみると結構言及が見られる宇野達之助商会の「コケイタンゴドーラン」、③ロゴを見た瞬間に「Paris」と読み違えそうな大阪・ナリス本舗の「ナリス粉白粉」、④米国のモンダイ企業と同じような商品名ですが、こちらは日本の朝日薬粧品製造所製「特殊粉白粉 ヨット モンサント」、そして⑤最初に気付いたラリックのパクリのピナン化学研究所の「ピナン固型白粉」は中のパフまで残っています。 

このうちとくに③~⑤はこれまでのところほとんど手掛かりがなく、つまりはその程度には珍しい?はず……?
この他、モンココのパッケージ、資生堂のブリキの箱など、来週木曜あたりに店に入る予定です。

驚くほど珍しいかどうかと云うと、白粉の③~⑤の方が勝っているのかも知れませんが、中国語版はやはりそうあるものではないので。東方社制作・発行の日本を代表するプロパガンダ誌FRONTの5-6号で満洲を特集した『偉大的建設 満洲国』。昭和18(1943)年発行。
発行前年の1942年の夏から秋にかけ、満洲国建国10周年式典の取材等のため木村伊兵衛、濱谷浩、菊池俊吉などが満洲に派遣され、最年長の木村(当時40歳)を除けばほとんど20代だった写真部員が「飛行機・戦車・潜水艦などに搭乗しての過酷な取材や、初めての外地撮影にもかかわらず優れた写真を撮って」きたその成果とも云うべき1冊です(多川精一『戦争のグラフィズム』より)。
企画編集委員会には林達夫、春山行夫、岡田桑三等の名前が並び、美術主任は原弘。『偉大的~』のタイトルは、その原の手になるもの。どの頁をめくってみても、これはやはり、尋常ならざるプロパガンダ誌に違いありません。

■暑気払いに それにしてもどこまでこんなおかしな話が続くのかというお話をふたつ。実に誠にお寒いばかりなのでした。
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2018/0709.html
https://note.mu/jun21101016/n/na37e1fa2f191 

18/06/30 M.デュラス、R.バルトに続いて バロウズ! シリトー! ユルスナール! モラヴィア! 雑誌『海』を彩った海外作家オートグラフについて/唄脩旧蔵スタンラン他洋書も棚に

■今日は来週の営業日程のご案内から。来週は「明治古典会七夕古書大入札会」が開催される関係で、7月7日(土)は開店時間が16時~17時頃となります。この日ご来店の場合は、できればお電話で在席をご確認いただくか、17時以降のご来店をお願いいたします。
3日(火)、5日(木)は普段同様 12時より20時で営業いたします。
また、来週は当ページの更新も一回お休みさせていただきます。
今年は昨日6月30日、観測始まって以来初めていう6月中の梅雨明けを見ました。それも十分頷ける暑さです。例年、昼日中から大雨に見舞われる印象が強い「メイコのタナバタ」。果たして今年の雲行きやいかに !?

明治古典会 七夕古書大入札会」についての詳細並びに出品目録については下記のサイトをご覧下さい。
http://meijikotenkai.com/2018/
漱石の「猫」上中下3冊全初版揃い、だとか、漱石や鴎外の草稿、だとか、宮沢賢治の自筆ハガキ、もあるし、向田邦子の手紙、もあったぞ、と思えば アンリ・リヴィエール『エッフェル塔三十六景』があり、バルビエとルパプが挿絵を描いた『アフロディテ』も出てきて、古書界スター選手の揃い踏み、で、しかも実際に手にとってご覧いただける年に一度だけのチャンス。この機会に是非 東京古書会館にお出かけ下さい !
ちなみに、旧知のお客様に限りますが、小店も代理入札を承っております。 

■昨日、店からPCを持ち帰り、こっちでなら何とかなるだろうと高をくくっていたフォトショップのトラブル。なななな ! なな、なんと ! こちらのPCでも同じトラブルに見舞われて使えないことが判明。今週もiPhoneで1点撮りした画像でお届します。撮影段階での手間暇だけはかけました。
それにしても、複数ページご紹介したい木版刷の図案集とか意匠控え、見本帖、スクラップ帖などはまたしても後回しとなることとなり。誠にもってモチベーションも低下する とほほ な気分なのであります。

中央公論社の文芸雑誌『海』の創刊当時の編集長・近藤信行氏の旧蔵品で、海外文学者に関するものがダンボールひと箱入荷したことは以前にもお伝えいたしましたが、この内、1通1通封筒に入れられたまま残されていた書簡・書類について、やっと一通り目を通すことができました。今週はその中間報告から。それにしても、こんなものが出てくるとはと半ばあきれるほどの粒揃いです。
先ず画像にとった作家ものから挙げていくと…(順不同・全て封筒付き。領収証は印税に対するもの)
〇ノートを切り取って便箋がわりにしている アラン・シリトーの自筆書簡。シリトーはもう一通、署名入りの領収証も。
ウィリアム・S・バロウズの自筆署名入り書簡は2通。
〇これが本人のだったらタイヘンなことになっていたサリンジャーは、彼の「キャリアを支え続けた」とされるエージェント、ドロシー・オルディングによる「Mr. Salinger has asked me」-そのまま映画のタイトルになりそう ! - で始まる自筆署名入りのお断りの手紙。オルディングは生涯でどのくらい同じような手紙をタイピングしたんだろう?
アルベルト・モラヴィアの自筆校正&署名入り書簡。
マルグリット・ユルスナールは3通 ! 独特の癖字が魅力で、ちゃんと署名が入った封筒付きで、タイプ打ちした書簡2通と領収証が1通。
クロード・シモンは署名入りの自筆書簡1通と署名入り領収書1通の計2通。
ル・クレジオからは自筆メッセージ入りのカードと署名入りの領収証。
ミシェル・ビュトールは署名入りの書簡1通と他に3通の計4通。 

さらに ! 署名入り自筆書簡にアーノルド・ウェスカー、ドナルド・キーン、タイプ打ちの書簡に自筆署名を入れたものがサルトル、ナタリー・サロート、ハロルド・ピンター、エドガー・スノー、エンツェンスベルガー、ナボコフ夫人、ノエル・カワード夫人、領収証ではベルコール、コールドウェル etc.
この他にまだ原稿類、書類がダンボール2分の1程残っており、こちらはまだこれから。
これから何が出てくるのだか出てこないのだか皆目見当がついていないものの、今年上半期、一番の当たりはこの一口と考えて間違いなさそうな内容です。

■2点目は1939年ニョーヨーク万国博覧会の絵葉書日本館の内部の様子が分かる絵葉書、なかでも写真壁画が部分的にでも写っているものはこれが初めて。旧蔵者は戦後、山下新汽船の副社長を務めた木村一郎で、木村と木村と姻戚関係にあったと思われる池田某氏宛ての海外来信を含む一括での販売。ニューヨーク万博については他に12枚、ヒトラーとムッソリーニが並ぶカラー絵葉書などもついています。

■店の棚には久しぶりに本が入ってます。洋書は全て唄脩氏旧蔵 アナトール・フランス関係著書。ミュシャが1冊(一緒に入ってきていた1冊はsold out)、モンヴェルの絵本2冊スタンランの挿画本2冊、この他ス手彩色入り、スイーツ付きの挿絵本多数。
そしてまた和書も漸く棚へ。左上の画像、棚に並んでいるのは 今泉篤彦宛て尾辻克彦または赤瀬川原平の署名本を中心に、気が付くと溜まっていた署名本たち。まだバックヤードに少し残っているものも近々に顔見世の予定です。
 











18/06/23 戦前外国向け英文観光案内とキモノのデザインにまつわるあれやこれや

■いやはやまいりました。こちらは先を急ぐのだというのにそんなことにはお構いなく、PCを立ち上げた途端に自動的に再起動がかかってそのたび10分近くも待たされ、何だか知らないけれどもM社とかウイルス対策ソフト〇×スキーの更新プログラムが実行される度に何かしら不具合が出て鬱陶しいことこの上ないところにもってきて、今日は「更新プログラムが構成されました」という誠にもってご親切なメッセージが出てからというもの、あろうことかPhotoshopが使えなくなってしまいました。6月22日午後7時からほぼ5時間、仮想メモリとやらをカスタマイズし、再起動をかけ、画像サイズを変えて撮影し直し、各種サイズで試してみるもPhotoshopから書き出しができない…のでまた仮想メモリをカスタマイズし直し …… という無限ループが続くなか、本日6月23日の土曜日に入りました。
ダ、ダメだフォトショも私も。 
幸い、先週作り込んだものの使わなかった画像1点と、スマホ上で拡大縮小回転トリミングなど施した画像で今週はお茶を濁すことになりました。
ネタは良いのに。なんでまたこんな時に。ああ゛~~っ!!!!

そんなこともあって今週はかっ飛ばしていきます。
画像1点目は戦前の外国向け交通・観光関係のパンフレット。それぞれ英文です。
上段左端から時計周りに ……
①京都・都ホテルの『Map OF KYOTO』。アールデコ調の洒落た表紙は見開きサイズで約18×19.5cm。そのサイズの縦3倍、横2倍誌面の片面に京都中心部のカラー地図を、もう一方の面に英文商店広告を掲載しています。無刊期 (大正時代か?)
②Japanese Government Railways=鉄道省発行の『THE INLAND SEA』は1932(昭和7)年発行の冊子で表紙はご存知、杉浦非水。瀬戸内地方の刊行ガイドでアート紙30Pに写真も多数。巻末には鉄道と航路の地図あり。

③『CENTRAL CHINA CALLS』CENTRAL CHINA RAILWAYS=華中鉄道が1942 (昭和7)年に上海で印刷・発行した観光ガイド。アート紙75P、名勝と風俗を写した写真多数。
④日本郵船=N.Y.K.LINEの『JAPAN-BOMBEY』は1928年2月~1929年3月の客船運行案内。小さいものの写真・航路図あり。
⑤大阪商船=O.S.K.LINEの『AFRICA LINE』は1930~1931年の客船運行案内。横浜からケープ・タウンまでの航路にどれほどの需要があったのか、是非知りたいところではあります。
日本のツーリスト・ビューロー、鉄道省、日本ホテル協会が共同で出版した『NAGOYA』はアート紙16P・写真入りの冊子。名古屋周辺観光地情報も。
⑦『VISIT JAPAN』鉄道省の発行。見開きの表紙の6倍サイズの1枚もので、中面は中国・台湾・韓国・朝鮮等植民地含むカラーの鉄道路線図と写真図版。
⑧大阪商船の『A UNIQUE ROUND THE WORLD SERVICE』は同社が運営していた日本-南米路線のガイド。日本人離れした表紙は外国人デザイナーを起用した可能性あり。寄港地と日本の主要都市の観光案内。
①と⑦はどちらもカラー印刷された地図側の色味・デザインも美しく、お目にいれられないが残念。同じ日本人が所有していたと思われる一口ですが、販売は個別に。

■画像2点目は純粋和モノ枠より。
上段は『登録商標ニコニコ意気絣』というブランド名もふるっているキモノ生地見本帖。このタイトル、そして、ニコニコ笑ってはいるもののどこか不気味な少年キャラクターも非常に魅力的ですが、こちらの主役はあくまで、渋いけれど大胆なデザインが特徴の29点の生地現物であります。折帖仕立てのこの製本装丁センスも楽しくてよろしいかと。無刊期ですが、大正頃のものではないかと見ています。   

下段左は『織文類纂 巻七』。全10巻中9冊の入荷、しかも状態にイタミの度合いのバラツキが大きく、1冊毎の販売を考えています。雪佳を待つまでもなく、日本のデザインはモダンでした。
下段右側は『小袖 京都・北村支店染物部』とある色見本帖。色見本の部分はもちろん生地現物ですが、衣紋掛けにかけたキモノを模して“窓”を開け、そこから覗かせる凝ったつくり - ノンブルは衣紋掛けの端にかけた赤い房に ! - は初めて見るものでした。画像ではよく分からないかも知れませんが、見開きで窓の型が異なる他、衣紋掛けには部分的に金彩色を、また、余白部には銀色で装飾をあしらう念の入れようです。
全体にこじんまりまとまっていて細部に凝るこのつくり、明治~大正初めころのものではないかと見ています。

すでに申し上げました通りネタは良いのでもうひとつ ! 染物の型紙の台帳2冊。上段のには『紅板締 新模様 清印』、下段のには『紅板新柄 巴印』と表題あり。いずれも京都の染屋さん (下段は北村又治郎さんのところ)の旧蔵品。
デザインは大柄で大胆なものが多く、なかには未来派を思うようなものが見られる一方、『巴印』巻末に貼り付けられた肉筆図案原画「八景」は大変繊細な絵だったり、時代を絞り込むのが難しいのですが、おそらくは大正~昭和初期までのものと思われます。
Photoshopに不具合なければ、画像2点目にしても3点目にしても、もう少し画像点数を増やしてお伝えできたはず …… なのが、かえすがえすも残念無念。同じく残念と思われた方は店頭で是非 !
また、これらとは別に、キモノの染に関する見本帖、襖紙の見本帖、古いジャンクもののカメラなどダンボールひと箱とひと縛り、土曜日夕方までには店に入ります。 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...