#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

19/05/18 桑原甲子雄のパリと伊藤藤七のアメリカと。

■お約束した今週水曜日の更新が滞り、結局1回休んだ格好となりましたが、今日こそは新着品のご案内を。
新着品の1点目は、遡ること3ヵ月、今年2月の市場に突如として一挙に現れた桑原甲子雄旧蔵品の中から落札した品物。
パリの街と人とをモチーフとした、桑原甲子雄によるスナップ写真の紙焼き18点です。
全点マット装が施されているものの、タイトル、撮影時期、署名などの手掛かりは一切なし。戦前戦後60年にわたり写真を通じて東京をスケッチし続けた桑原に、パリという素材は大変似つかわしいように思われ、つい手を出してしまったものの、はて、桑原はいつパリに行ったんだろう? 
G先生にお尋ねすればたちまち解決するかと思われたこの点について、意外なことに電脳空間ではいまだほとんど記述が見当たらず、ひとつ見つけたキーワード「人間都市パリ」を手掛かりにしてたどりついたのが展覧会「桑原甲子雄の写真 トーキョー・スケッチ60年」(2014年 世田谷美術館)の図録でした。
ちなみに画像中の右下に置いた縦位置の写真中央に写っているのが桑原甲子雄その人です。
図録によれば、桑原は1978(昭和53)年の9月、パリに11日間滞在し、その成果は主に1979年と2002年の個展で発表。また、1997年に札幌で開催された桑原の写真展にも出品されたようですが、これについては図録制作の段階では「詳細な情報を得られていない」とされています。
世田谷美術館の図録に収録されたパリの写真図版は12点。一方、世田谷美術館が収蔵するパリの写真は全部で32点あり、2002年の個展に出品されたプリントと見られる、との記述も見られます。
世田谷美術館が収蔵している32点全点との突合せができないため、いま手元にある18点については、いつ・どの段階で・誰の手によってプリントされたものなのか、残念ながらひとつも断定することができないまま、この3ヵ月が過ぎたという次第です。
あくまで感覚的な判断で云えば、紙焼きの状態と質感から、残念ながら1979年の渡仏直後のものと見るには新しすぎる印象が強いのは事実。桑原甲子雄没後の後焼きと見るべきかと考えています。
写真はどれも、都市と都市に生きる人の何気ないありようを写しとった桑原らしい作品ですが、東京のスナップに比べるといささか予定調和的とでっもいった印象も。それだけクセがないので、例えば贈り物にしても嫌う人はまずいないだろうと思います。 

作品は「桑原没後の後焼き」を前提とした価格で、来週火曜日より一斉に店頭で販売する予定です。
あ。Air PayでもPayPayでもお支払いはキャッシュスで !(笑)
 
次の写真についてははG先生が懇切に説明してくれました。曰く、“東京府立第五中学校(現・小石川中等教育学校)の初代校長として大正自由教育運動を担い、当時としては画期的な教育を次々と打ち出した型破りの教育者”伊藤長七の、1921年から約13ヵ月にわたった初の欧米視察中のスナップ写真73枚と、帰国直後に郵送した挨拶状です。
未使用の挨拶状がまとまって残されていること、撮影地の地名をペン書きした紙にはさんで写真を分類していることなどから、伊藤長七その人の旧蔵品と見ています
破格の人物に相応しく、なかなかに華々しい各地での交流がありながら、いま小店にある73枚の写真の多くは各地の風景と長七その人の写真がほとんど。ほとほと物語性に欠ける内容ではありますが、しかし、日本の教育史を語る上で欠くべからざる人物の写真が、無用の品としてひとつ間違えれば捨てられかねない状況にあったのであろうことに少なからず不安を感じます。
お役所でさえロクに記録を残さない我がうるわしきニッポン国のこと、この程度で嘆くに値しないと云えばそれまでですが、過去のないところに未来なし、令和の時代、「記録」に対する意識が少しはまともに戻ってくれと願うばかりなのでした。
 
 
■うかうかと生きてきたがその証拠に、昭和も平成も矢の勢いでとびすさり、この度めでたく元号ふたつ向こうの人となりました。
と云ったところで本体(=店主=店員)の機能能力がアップデートされるわけでもなく、むしろ定期更新をサボるなど経年劣化ばかりが目立つ中での新着品のご案内と相成りました。
この劣化、これから先、進むことはあっても修復される可能性は絶無に等しい小店店主ですが、惰性に流れず眠気に負けず、どうにか精進してまいりたく思っております。どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
 

 

19/05/11 新着品の更新は15日に! 店の営業日にご注意下さい。

■空前の10連休も明け、店は相変わらず週三日で営業を再開いたしました。
今朝までには新着品の案内も再開! … のつもりでいたのですが、眠気に負けて断念。こちらは来週15日の水曜日に更新の予定です。いま少しお待ち下さい。
来週の店の営業ですが、14日(火)は洋書会大市のため店の営業は市場が終わり次第となります。この日のご来店をご希望の場合は、先ずはお電話で在席をご確認いただければ幸いです。16日(木)と18日(土)は12時~20時で営業いたします。何卒よろしくお願い申し上げます。
 
画像は今日のところの仮置きで、次回更新分の予告です。向かって左はパリの桑原甲子雄。向かって右はアメリカでの伊藤長七。いずれも真ん中にご本人がおわします。 

■本日より、クレジットカードとQRコード決済をご利用いただけるようになりました。対応遅くて申し訳ございません。これまで随分ご不便をおかけしてまいりましたが、今後はお気軽にご利用下さい。

 

 

19/03/30 明治と昭和のデザインで 平成年間の更新打ち上げ !

■平成最後の更新です。

 * 業務繁忙につき4月は更新をお休みする可能性が高くなってきております。
店の営業も一部不定期に。営業日程については確実になり次第、「営業日のご案内」でお知らせいたします。

大岡山で日月堂を開店したのは1996年、平成で云えば8年。連日NHKのニュース番組で昭和天皇の容体が読み上げられるのを眺めていた日々が、まだそう遠くはない頃のことでした。
このHPを立ち上げたのが表参道に移転したのとほぼ同じ2002年=平成14年の初夏のこと。そして、それまで不定期だった新着品のご案内を週に一度、定期的に更新し始めた日が2006年=平成18年の3月27日。13年前の、奇しくも今日とほとんど同じ日付のことでした。
平成31年間のほぼ半分の年月を、このHPとともに歩んできたことになります。
平成時代と云ったところでまだスマホやらタブレットやら普及する以前の時間の方がずっと長く、どうやって当HPにたどり着かれたのか、苦労の末にたどり着き、場合によっては土曜日の朝だと云うのにわざわざPCを立ち上げてご覧下さった方たちも多かったのではないでしょうか。小店は、未だ不便をかこつ時代をともにした方たちなしには到底やってこられませんでした。ここに改めて深く御礼申し上げます。
激動の (とりわけ本、古本をめぐる環境は実に激しく変わりました) 平成年間、開店から今日まで小店を支えて下さいましたみなさま、本当に、有難うございました !
 

さてさて。ここからはいつもと同様、力を抜いて。
平成最後の更新に何を選ぼうかと、考えた結果、明治の図案集と昭和のデザイン画を選びました。
先ずは前者。『図案百題』布装の帙入り、折帖仕立ての3冊本で、全て木版多色刷の全78見開き、1面に1図~3図を配しています。明治43(1910)年、木版刷の図案集の版元としては最も高名かつお馴染みの芸艸堂から刊行されました。当書はその初版です。
著者の荻野一水は以前『応用漫画』の著者として当HPでもさらりとご紹介したことがありますが、明治の後期、もっぱら芸艸堂または山田芸艸堂から木版刷の図案集を刊行していた人。但し、その出版点数は決して多くなく、また当人に関する情報も非常に乏しく詳細は不明。
がしかし、この人のセンスは明治の図案家の中でも際立って現代的なのか、画像検索するとやたらに現代=21世紀初頭キモノの画像が出てくるのに驚きました。知名度を遥かに超えるデザインの再利用率です。
とはいえ、あくまでレトロなデザインとして受容されているのであって、新着品2点目の「Shin」という署名だけに僅かに作者の痕跡を残したデザイン原画 (便箋の表紙、舞台装置などの習作・原画等) は、デザインの根本からして違っていることが分かります。サインの横には小さく年月日が書かれており、ほとんどが1929年か1930年に描かれたものと分かります。
Shin氏による時代の尖端を目指して行われたデザインの試行の背景には、例えば具象から抽象化への転換や、情感から理性へ、曲線から幾何学へ、装飾から構成へ或いは機能へ等々、明治とは大きく異なる時代の要求や流行があったはずです。 

明治43年=1910年と昭和4年=1929年と。
約20年という歳月の間に生まれたこの違いは、元号で二つ前の時代の人にとって、果たして簡単に受け入れられる程度のものだったのだろうかと、いま改めてそんなことを明治の人に聞いてみたくなりました。
元号ふたつ。実はここが気になっておりまして。 
 

■元号での記載が強制される一部の文書を除けば、領収証から印刷物まで、小みせから出ていくものについては全て西暦で通してきたこともあり、実のところ、新しい元号が何になったところで影響はありませんし、さしたる興味もありません。
思うことはただひとつ。
これから生まれてくる人からすると、自分は「元号ふたつ前のヒト」ということになるんだなという少なからず驚異的な事実です。お客様から指摘されて仰天したことです。
私にとって元号ふたつ前と云えば明治のことで、明治の人と云うのがちょうど祖父祖母にあたったわけですが、祖父祖母の世代となるとそれはもう「びっくりするほど遠い遠い昔の人」という印象でした。育った環境はもう別次元だったと思います。
これから十数年もすれば、私も「びっくりするほど遠い遠い昔の人」になるのでしょうか!?
はい。そうです。
おそらくは。なるんですよね。
びっくりです。
小店店主、昭和36年・西暦1961年生まれですから列島各地が焦土となった敗戦から数えてわずか16年後、依然堂々たる“戦後”の風景をとどめる日本に誕生した計算となります。押しも押されぬ昭和世代であります。思えばいまでも充分、昔の人ではあるのでした。
友達にも孫が生まれて続々祖父祖母になってるし。古本屋は歳とってからが勝負らしいし。ちょっと動揺してしまいましたが。
年寄りが動じてどうする。
どんとこい新元号。

ですね。

繰り返しますが、平成最後の更新です。
いいのかこれで。

新たな時代も どうかよろしくお願いいたします!

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...