#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

17/10/14 珍しいロシア革命当時のポスター作品の本とスクラップブック

 ■眠い。眠たくて仕方ない。ただいま2時48分。やっと解説を書き始めたところですが、イタリアからの帰国後、時差ボケを解消するチャンスを逸し続けた結果、一向に眠気のやってこない夜と眠くて仕方のない昼が交互にやってくる繰り返しだったのが、昨日頃からはもう一日中眠たい。眠たくてもやらないことには店をやってる意味がなくなく新着品のご案内です。
などと、ご存知の方もおいでかと思いますが、要はスペースの関係で文章の引き延ばしにかかっているわけです。
なのに。こうして見ると、そう延びてない。書いてるつもりなのに。眠いのに。う。
無駄なてーこーはやめて行きます。新着品の1点目へ。

書誌を調べていたら出てきたのがチューリッヒの古書店によるもので、ドイツ語併記のタイトルをそのまま使いまわしさせていただきます。
『Russkij Revoljuzionnyj Plakat [Das Russische Revolutionsplakat]』
ロシア革命期の代表的なポスターに関する書籍で、1925年、モスクワで発行されました。
大判の上製本で、多くのモノクロの図版を挿入したテキスト192Pの間に、カラーリトグラフ片面刷によるポスター図版54Pが適宜とじ込まれるという構成。
革命の時代のプロパガンダを中心に取り上げられているため、日本人にも好きだという方の多い所謂“ロシア・アヴァンギャルド”風のものは数えるほどですが、そのためにかえって見たことのないポスターが多数を占める結果となっている他、柳瀬正夢や村山知義あたりのプロレタリア美術系の作品に、より近い表現が多くみられます。
用紙は決して良質とは云えませんが、かなり小さな刷面で構成されているものなど見ると、リトグラフの精度の高さに唸ること、受合います。

 彼のチューリッヒの古書店の評価額は なかなかのものですが、ロシア革命当時のポスターの入手がいかに困難かと云うことを考えると、首肯したくなるとはいえ、そこまでの思い切りのない小店は、そこから“ぐぐぐ”程度下げてのリリースを予定いたしております。
あ。この頃すでにロシアには「ラッピング・トレイン」があって写真が載っています。ちょっとびっくり。

■画像2点目は久しぶりのスクラップ・ブック。同じ人が持っていたと思われる3冊一括での販売となります。
内容は、1920年代後半から1930年代を中心に、モダン・デザイン、アール・デコに基軸をおいたセンスの良い西欧広告物を集めたもので、デザインの仕事に関わっていた人のものなのか、水彩によるデザイン原画と見られるものも多く散見されます。
また、デザインサンプルとして収集された端物印刷物には、石版刷やステンシル彩色、エンボス加工など、贅を凝らしたものが多く、中でも「SEEKONIG」「UNIVERSUM」とある客船デザインが一対をな見開きページは見事。他にもタイポグラフィ中心のページ構成など、見るべきところの多いスクラップ帖となっています。
「スクラップブックを買う買わないは、作った人のセンスで決まる」。どこのどなたが作ったものかは知りませんが、この確信をまたしても強くしたスクラップブックです。

今週、実は「訪独伊日本新聞使節団資料」ダンボール1箱と云うかなりの大物を落札しているのですが、イタリアで買ってきたもうひとつの大物とともに、詳細お知らせまでには少々時間を要します。
茶道関係の写本・記録・手製茶室起こしなどダンボール1箱花椿18冊毛沢東政権下に出版されていた『紅旗』12冊、古い『独乙単語カード』などが明日には店に入ります。
しかも! イタリア出発前に買ったエスペラントの山も、大瀧詠一・ナイアガラのデザイナー中山泰旧蔵洋雑誌も、荷ほどきしはじめるとこれがなかなか面白く、ただいま整理をしながら売り方検討中。お楽しみに …!

 

17/10/07 乱調に始まるイタリア旅行より帰国。10月7日営業再開!

 ■当初の出発時間から遅れること7時間。羽田空港に都合9時間ほどの足止めをくらい、フィレンツェの1泊分の宿泊費と時間をフイにするという不測の事態で始まったイタリア旅行は、フィレンツェで多くの宗教画を眺めるうちに古本屋開業以来初の「仕事をしない旅」を宣言したことへの罰のようにも思えて少々敬虔な気持ちになったものの、初のイタリアでは古本屋の勝手も分からず蚤の市もほぼスルーして、本業的にはごくごく僅かな-けれどなかなか面白い!-収穫をもって無事の帰国と相成りました。
フィレンツェでは2日半・美術館と街歩きで約6万歩を稼ぎました。ミラノでは地下鉄の切符の買い方を覚えました。トリノでは仕事を抜きにして蚤の市を見て歩く楽しみを思い出しました。ピエモンテ州の毛織物工場では生地見本帳の成り立ちを教えていただきました。お招きいただいた友人のお供でうかがったビエッラの山中のお宅では、窓外に広がる桃源郷のような風景のなかで、人間らしい生活とはどういうことなのか、実に多くのことを教えられた気がします。
旅の間に見たものについては、Instagramの下記アドレスでご覧いただくことができます。
https://www.instagram.com/nichigetsudo/
2017年10月6日現在まだ未完ですが、来週半ばまでには投稿を終える予定です。ご興味をお持ちの方にはご高覧いただければ幸いです。

 



■当ページ、1点目の画像は思いがけずトリノで出会ったアール・デコ様式の映画館。トリノの街は、どこかパリの面影に通じるところがあります。
画像2点目は今回の旅行中に買った数少ない古書の内のそのまた一部をちょい見せ。手前の2点はムッソリーニの時代の子供むけの教材で、日本の戦時中の教材に東条英機と帝国軍が出てくるのと同じく、あちらの教材にはムッソリーニとイタリアの兵隊が登場します。表現はロシア絵本風だったりして。これらの中面と旅で得た大物資料はまた別の機会に。

■店の営業は本日10月7日(土)より再開し、来週は火・木・土曜日の週3日の営業に戻ります。今週金曜日には市場にも復帰、復帰早々落札した洋雑誌の山-大瀧詠一・ナイアガラのデザイナー中山泰旧蔵!-他カーゴ1台分が来週木曜日には店に配達される予定。再びのご来店をよろしくお願いいたします。









 

17/09/23 久々の欧州行き 三十余年ぶり南回り 初めてのイタリア。なので。

 ■前回のパリから4年ぶりに、ここらで一度海外に出かけてくることにしました。頭のネジの巻き戻しに。

古本屋稼業二十数年、一度も「何も仕事をしない旅」をしたことがなかったので、今回の旅の目的は観光です。金輪際仕事をしない旅にしたい。つまりはホモ・ルーデンスの回復? ならば人間復興の都市へ!
と云うシャレにもならないロジックをひねり出し、出かけることにした先はイタリアです。人生初イタリア。と云ってもフィレンツェとミラノ、ミラノから足を延ばしてトリノ。この3都市。
何しろ遊んでるお金もないのに仕事をしない旅に出かけるのだから、できることならケチりたい。このあたり、実に小者であります。
エアラインを安く抑えた結果、ドバイ経由の南回りの旅となりました。
南回りでの欧州行きは20代半ばで出かけた時以来。あの時は香港でトランジット、バーレーンで給油して、ヨーロッパはとても遠かった。
まさか50代半ばでまたあの時の旅をなぞるようなことになろうとは。
なんてことを思いながら、ついつい ふぃれんつぇ のみのいち、とか、みらの ふるほんや とか ケンサク窓に入力しないではいられない自分の小者ぶりをまずはどうにかしたいものです。
海外に行く気配をちらとでも見せようものなら途端に買い控えの始まる小店。改めて申し上げておきますが、イタリアはあくまで観光。しかも ちょーびんぼー旅行。みなさま成果は期待せぬように。ひとつよろしくお願いいたします。
 
前振りがつい長くなりました。
こうした次第で 9月24日(日)より10月6日(金)まで、お休みをいただきます。店の営業再開は10月7日(土)となります。
少々長めの不在期間でご不便をおかけいたしますが、ご海容を賜りますようお願い申し上げます。
 
■画像は日本郵船が発行していた英文広報誌『Japan』。入荷したのは1932年発行分を中心とした16冊。表紙はいずれも「日本」をモチーフとしたものですが、外国人が描いた日本風と、日本人が描いた外国風とが混在する不思議な味わいのデザイン。本文は図版多数のビジュアル雑誌系で、日本文化の紹介、旧植民地を含む名所・景勝地の写真などで構成されています。
現今、南回りが遠いと云ったところで、この頃の船旅に比べれば雲泥の差。
つべこべいわずにとにかく行ってまいります!

 

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...