#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

19/07/13 七夕古書大入札会からの新着品内 自店用から3点!

■先週金曜日から昨日までの8日間のうち、5日間を市場に居続けて過ごしました。「七夕」では、扱うのは生涯一度きりとしか思えない吉原治良以下「具体」諸作家による寄せ書き実作1額、小店での扱いはまだ2度目の恩地孝四郎装・北園克衛著『サボテン島』、戦中の映画雑誌61冊一括その他お客さまからご注文をいただいた商品以外に自店用の商品を落札。「七夕」終わってさらに打ち続いた市場での落札品はとりあえず措いておいて、今週は蛮勇振り絞って小店入荷にこぎつけた「七夕」の成果から3点をピックアップします。
 
1点目は小店にとっては本筋の商材と云えるフランスの図案集『COLLECTION Decors et Couleurs. ALBUM No.1』。ジョルジュ・バルビエならぬジョルジュ・ヴァルミエという人の作品をポショワールで複製、オリジナルのポートフォリオに45×35cmと比較的大ぶりの未綴じプレート20葉を収めたものです。
奥付にあたる情報が見当たらず、タイトルと作家名とで調べてみたところ、1930年に限定100部がつくられたといわれます。小店初入荷ですが、限定100部となると、これもまた、生涯に1度扱えること、それだけでもう充分な僥倖ではないかと思いました。
しかも。当書のポショワールは全てジャン・ソデ(Jean Saudé)の仕事。ジャン・ソデはご存知の通り、20世紀初頭のフランスでポショワール(ステンシル)の技法を確立した名匠であり、アール・デコ期フランスで起こった挿画本流行の立役者のひとりとでもいうべき人物です。 

そして、著者であるジョルジュ・ヴァルミエ(Georges Valmier)は日本でこそあまり知られていませんが、20世紀はじめのフランスで前衛芸術に一定の役割を果たした画家であり、英語版wikiではその生涯と業績とが詳しく紹介されています。
曰く …… はじめセザンヌの作品に触発されて印象派に傾倒、エコール・デ・ボザールで学ぶ。25歳を過ぎた頃よりキュビスムに移行、1921年からはさらに抽象絵画へと転じ、「アブストラクション・クレアシオン」に参加。画家としての活動の他、演劇・バレエの舞台美術や衣裳を手掛け、音楽家としてドビュッシー、ラヴェル、フォーレ、サティなどのコンサートや教会での演奏にも関わり、1937年の万博では装飾を手掛ける …… とあり、周辺人物としてポール・コラン、フローラン・シュミット、ジャン・アルプ、クプカなどの名前も散見されます。
20世紀初頭のリトグラフ刷の図案集から1930年代頃まで、フランスを中心にヨーロッパ各国の図案集を比較的多く扱ってきた小店ですが、ハイ・アートの世界に身をおく作家の作品であること、ジャン・ソデという名前そのものがはっきりクレジットされているなど、これまでの図案集より数ランク上、まさに白眉とでも云うべきものではないかと考えています。
買えて良かった! … と思う一方、タナバタで買ったもの悉く、思い返せばどれも売れるまで10年近くかかったことを思うにつけ、果たしてこれを僥倖と呼ぶべきなんだかどうなんだか分からなくなるのでした。
 
■「アンリ・ミショーの肉筆ドローインク入り」だけであったら果たして入札していたかどうか。1979年に英訳で限定300部が発行された『Henri Michaux : A Selection』にはフランス語でSeiji Tsutsumi=堤清二宛ての献呈識語が入っていることに惹かれ、少々粘ってパドルを上げ続けた結果、落札できた1冊。
社会人生活を当時セゾングループの一角を占めたPARCOからスタートできたことは、小店店主にとって何よりの恩恵だったという思いはこのところとくに強くなってきているだけに、堤清二を取りこぼすわけにはいきません。
フランス語の識語は達筆すぎてまだ解読できていませんが5行あり、また、ドローイングはミショー得意のアンフォルメル。人の動きをとらえたかのような不定形の描線は、フランシス・ベーコンが「ポロックより優れている」と評価したという一連の作品に通じるものです。

西武美術館でアンリ・ミショー展が開催されたのは1983年のこと。堤清二とアンリ・ミショーがいつ、どこで顔を合わせたのかは分かりませんが、この展覧会に関係した受贈書と見て間違いないものと思われます。
画像は表紙側遊び紙に添付された署名入りのドローイングとタイトルページに書かれた仏文識語署名部分。外装については左上「営業日案内」のページをご参照下さい。美本です。
 
「七夕」目録で最初から気になっていたもののひとつが「武満徹原稿」でした。市場のガラスケースに収まっていたそれは、2006年に小店が落札し、一度はお客さまの手にお渡ししたものでした。小店が落札した直後に2度ほど、比較的短い武満の自筆原稿が市場に出たものの、しかしそれ以降というもの、ハガキや書簡は出てきても原稿が出てくることはほぼなかった武満の直筆です。迷わず買い戻すことにしました。
2006年、最初に落札した際には、ウェブサイトだけで公開した特集目録を通じて販売したのですが、この時の解説を改めて読んでみると我ながら感心するような出来。以下、その時のクレジットと解説を再録します。
 
武満徹・直筆原稿 「闇のなかの夢の時2」200字詰め原稿用紙22枚完
アイテム:ボールペン書き直筆原稿/版型:20字×10行(=1枚)/ページ数:22枚・ホチキス肩一ヶ所留め /状態:1P目少傷少汚、22P目下方余白部折跡
□主に、1930年代の映画の世界で起こった事象を考察する原稿。武満が生まれた1930年製作の『嘆きの天使』から書き起こし、サイレントからトーキーへの移行とその影響、’30年代における各国の検閲事情や日本戦時下の検閲状況へと書き継ぎ、映画の“他の芸術分野とは異なる新しさ”を指摘するとともに、「トーキー映画=映画における音声の獲得」こそがむしろ、“映像のエスペラントとして、あらゆる言語の障壁を打破”し“究極的には国家間の誤解を一掃する”希望なのだとする。多数の映画音楽を手掛けた武満の心願がこめらたかのようなこの原稿は、“世界が暗い夜に覆われたとき、映画館の暗闇では、希望の灯は燃え続けていた。”と結ばれている。」
 
思えばこの頃の仕事が、ニチゲツドウの仕事のピークでした。
13年を経て、もはや向上心のかけけらもなく、引き返す道もなし。
やばい。
でもいまは「七夕」のお支払いが一番やばい。
 
 

19/06/29 1939年 日本・広東・香港 -「策」としてのメディア

■2019年も半分が過ぎてしまって、来週はもう7月。7月と云えば「明治古典会 七夕古書大入札会」。今年は7月5日(金)・6日(土)の両日業者の入札に先立って一般の方にも無料で開放、いずれの商品も実際に手にとってご覧いただけるプレビューの日となっております。
小店含め古書業者にご依頼いただければ、代理入札する運びとなるわけなのですが、そのあたりの詳細につきましては、下記の特設サイトでご確認下さい。http://meijikotenkai.com/2019/system.php
また、出品される全点について、目録が掲載されております。アドレスは下記。http://meijikotenkai.com/2019/catalog.php
加えて今年は目録原稿締め切り後に寄せられた「これは!」と云う新蒐品が会場の一角を占めるのだとか。
ディープで不思議な古書の世界のさらにディープなところへちょっと足を踏み入れるには良い機会です。ご興味ある方は是非会場までお運び下さい。
会場はこちら。http://www.kosho.ne.jp/honbumap/kaikan.html
 
■毎度のことではありますが、この「七夕大入札会」のため、来週店は7月2日(火)、4日(木)の2日間のみの営業となります。7月5日(金)・6日(土)は会場に居りますので、お急ぎとご用の向きには東京古書会館 03-3293-0161 までお電話の上、日月堂をお呼び出し下さい。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
 

■久しぶりに日本工房の仕事が1冊、手に入りました。ご存知『CANTON』の1939年8月発行・第1巻第4号。
『名取洋之助と日本工房』の図録によれば、『CANTON』は「広東の同盟通信社内に設けられた発行所から、南支派遣軍報道部の出資により刊行の英文グラフ誌で、日本工房が編集・制作した」ものであり、戦中日本を代表する対外広報誌のひとつです。河野鷹思、藤本四八等が現地で取材、東京本社の除村一学が編集にあたったとされています。
現在までのところ、1939年の「6号で途絶か?」とされており、全容把握までにはまだわからないことも多いようです。
新着品=1巻4号は表紙写真を名取洋之助が撮り、構成は板坂勇が担当。現在確認できる6冊の中でも表紙と裏表紙の写真とレイアウトでは他の巻を圧倒する完成度を見せています。
本文55P、テキストは全て英文。当号には長谷川春子による絵入りの広東・海南島スケッチ、奥野信太郎による現代中国人女性に関する記事、瀧遼一による中国音楽の詳解など。
英文で、中国の風土風俗文化を深く理解している日本人が、中国のことを紹介する ……『CANTON』は、支那事変以降の日本の対外広報戦略がどのような性格のものだったのかを、いまに伝えてくれるものです。
 
■いまならトランプによるつぶやきがそうであるように、新たな大衆メディアは常に政治に利用されるもののようで。『国策と映画』。いまならさしずめ『〇倍政権とViVi』といったところでしょうか。冗談です。
『国策と映画』は昭和14(1939)年2月に発行された東宝映画株式会社 文化映画部のパンフレットで、B5中綴じ16P全アート紙・グラビアを主軸とした編集で、表紙まわりフルカラーの他、中面は全ページ2色刷り。入荷した1冊はコンディションも完璧です。
前半8Pを使い、映画の役割 - 記録報告、教育教化、紹介普及、宣伝広告、科学技術、時局国策 - 別に、同社の制作した代表作をスチール写真多数を通じて紹介。 

後半残り8Pには、沿革、役員、株主、営業案内等企業概要と、委託映画製作費の概略や東宝系統映画館、そして昭和13年度現在までの「作品目録」をスポンサー企業・組織名を付して掲載しています。
データを視覚的にデザイン化した裏表紙には、「Art cannot non-political」というメイエルホリドの言葉が。当時、日本の国家戦略の主柱の一つだった共産主義革命を背景に登場した演劇確信運動の旗手・メイエルホリドの言葉を、そこだけ突然英文で、何の説明もなく「国策」を掲げたパンフレットに潜ませているところに、当時の映画人=教養人の精一杯の矜持を思います。
ちなみにこの当時、メイエルホリドはすでに弾圧にあって何度も投獄されており、このパンフレットが発行された翌年=1940年には死刑判決を受け銃殺されました。
 
■珍しい中国語版のグラビア誌が入荷しました。『総合図画月刊 大路』第2号(1939年3月号)。香港にあった正興公司が経営し、上海にあったアメリカ企業が印刷を担い、上海まで逃げ果せたユダヤ人の記事を写真とともに掲載し、「日本侵略者的傍徨與孤立」という論説や「抗戦中三大演出」と題した政治的演劇の役者や舞台の写真、ソ連の教育機関に取材した「蘇聯列寧格勒少年先鋒宮」の写真と記事など、1939年当時、中国都市部を舞台に複雑に交錯した各国の思惑が詰まった(と思われる)1冊です。
 
■今週はこの他、1960年代の海外のパンフレット類、戦後比較的古い時代のマッチ箱、タバコのピースの古いバッケージなど手間暇かかるあれこれが入荷、店頭に出すまでには少々お時間をいただきますが、ご興味あればお声をおかけ下さい。
 
■今週も色々ありましたが、もうはや怒りの持続もしんどくなってくる空模様です。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201906/CK2019062202000154.html?fbclid=IwAR0k-JuY_bAWJp2hNx_ULXdnJD19QLKhhv1nL8X4uO7FKdU9E3edzfGJatg 

19/06/22 ベルクグリュンまたはベルグリュアンの図録と非水×カルピスの木版刷書簡箋

■2014年以来ということは5年ぶりの入荷ということになりました。パリの画廊BERGGRUENが展覧会のカタログとして発行した小冊子縦22cm×幅11.5cmと小兵ながら、表紙は毎度、往時のムルロー工房に刷らせたリトグラフという贅沢品です。
BERGGRUENはナチス政権当時、アメリカに亡命していたユダヤ系のドイツ人 Hainz Berggruenが戦後、パリで開いた画廊です。画廊主の出自か画廊の所在地か、どちらの言語をとるかによって、日本語表記はベルクグリュンもしくはベルクグリューン、そしてベルグリュアン等々、さまざまな発音による読みが混在しています。ハインツさんのコレクションを公開しているベルリンの美術館の表記がベルクグリュンなので、いま現在、日本語で調べようすると、「ベルクグリュン」が一番便利なのだということに日付が変わった頃に気付きました。
さて、カタログのそのもののお話しに戻ると、今回入荷したのは1955年から1963年頃にかけて発行された14冊。画像の一番高いところにあるレジェから時計回りに見ていくと……
LEGER(中面カラーリト16図有) / KLEE lui-meme(同7図) / L'univers de Klee(同9図) / Klee & Kandinsky(同8図) /MIRO(同17図) /HENRI LAURENS papiers colles(同12図) / Robert Motherwell Collages(同12図) / PIERRE COURTIN(写真図版のみ) / BAJ Meubles BERGGRUEN(同12図) / Pierre Soulages(同19図) / Pierre Courtin(同12図) / Max Ernst Histoire Naturelle(2色刷のみ19図) / PICASSO Dessins d'un demi-siecle(同4図) / Catalogue 1963(オフセットのみ208図)
…… といった具合。
その多くに巻頭にテキストを置く形式がとられており、署名文にはポール・エデュアール、ジャック・プレヴェール、ダグラス・クーパといった名前も見られます。 

大戦間期にパリで花開き、第二次大戦でいったん凍結されていた芸術の尖端が、再びパリの地で拓かれていくさまを刻々と写しとったようなこのカタログ。表紙から中面までリトグラフ入を多用したことによる価値は当然として、その存在そのものに大きな意味があるのだと思うのですが、さて如何なものでしょう。
販売はバラ売りで、価格については本日以降順につけていく予定ですので、いま少しお時間をいただけますようお願いいたします。
 
今年、国立近代美術館で前期後期と入れ替えて長期間開催されていた杉浦非水展。うっかり忘れていたかと思えば、行く予定を入れた日に限って野暮用が生じたりで、見逃してしまったのは今年の痛恨事のひとつになってしまいました。
画像2点目は、小店では2度めの入荷となった杉浦非水デザインによる「カルピス書簡箋」1月から12月まで、季節の草花や行事・風景など意匠化し、木版刷にした便箋1年分の入荷です。この書簡箋、果たして展覧会にも出品されていたのでしょうか…。
三越の冊子・ポスター等のデザインで知られる非水ですが、1921(昭和6)年にはカルピス社の顧問に就任、この書簡箋も顧問時代の仕事でしょうか。お正月の1枚を除く11枚には、図案との組み合わせがどれも実に洒落ている「ひすゐ」の署名入り(木版刷込)です。
サイズは縦18cm、横54cmと明らかに縦書きを意図した形式。お正月の鶴や春の桜、藤棚や百合、夕空に枯枝と鳥の群れ、波紋に紅葉など1枚1図。今回もまた12枚12図の揃いで入荷。結果、12枚一括での販売とさせていただきます。
非水の手になる仕事としては、へたをすると同時期の『百花譜』や『一般応用図案集』より残っているものの少ない珍品ではあります。
 
■今週はこれ。思えば宣伝の政治利用やPRはナチスの発明品と云っても過言ではないのですから。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00116/00026/?n_cid=nbpnb_mled_mpu&fbclid=IwAR0S4ujbmmrEZXxohnbpPfAiKp1pmTkFMjvwCG8Rhv02U6MLh0rL3Ztkyjs
 
一方で、香港に一筋の明かりを見た一週間でした。例えばこういうシーンも含めて。https://www.youtube.com/watch?v=v1_2bpIKqV4
 
 

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...