#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/10/13 旅から戻りました。プラハよりアヴァンギャルドを2冊だけ。

■ウィーンとプラハへの旅を終えて、本日10月13日(土)より店の営業を再開いたします
旅行中はお陰さまで天候にも恵まれ、連日1万5千歩から2万5千歩を歩き倒しました。
仕事の本命はウィーンで毎週土曜日に開かれる蚤の市。規模はパリのヴァンプ1.5倍ほどありそうな大規模なものでしたが、買えたのは傘・ステッキ専用の壁面設置型のスタンド(珍品ですがそれにしても) ひとつきり。ここまで何も買うものがない蚤の市はパリのモントルイユ以来のことです。30年前に一度訪ねた折には、手の込んだ仕事が残る古い民俗衣装、アール・デコ当時のカップ&ソーサー、ガラス器、銀器などからデッドストックの手芸用品、テディベア専門店まで、見ているだけでそれはもう楽しい蚤の市だったのが、その時何点か買ったものはいまも大事にとってあるというのに、いやはや何ともここまで何もなくなるものか……と がっくりきたのが旅のまだ2日目のこと。今回、ここ一ヶ所狙いだっただけに仕事運はないものと腹をくくった次第です。
ウィーンでは蚤の市におけるかくなる大誤算をはじめ、ブランド街へと様変わりしたシュテファン寺院周辺の変貌に驚き、プラハでは、分離派から19世紀末建築を経てアール・ヌーヴォー、アール・デコへ、或いはキュビズムへ、モダニズムへと連なる建築物が、ここ数百年そう大きな変化はなかったのではないかと思われる古い古い街並みのそこここに紛れてあるさまに瞠目しました。
結果、撮りに撮ったりほぼ全て建築物の画像ばかり484点。旅の成果はどこをどう振ってもそれだけ。折角なので今後InstagramとFacebookにアップしていく予定です。ご興味あればご笑覧下さい。
長らくの休みでご不便をおかけいたしましたが、ここからは来年1月の即売会の用意も始まり店に腰を据えての仕事となります。みなさまへは、またのご来店をよろしくお願い申し上げます。

ウィーンの蚤の市のあまりの空振りにすっかり戦意喪失、「仕事より旅」「古本屋は立ち寄りはするも長居はせず」を基本方針に過ごした結果、古書店で買ってきたのは僅かに3点。
ひとつはBrnoで開催された博覧会の絵葉書1枚、そして下記の本2冊。渡航して買ってきた数がここまで少ないのも帰りのスーツケースが20kgを切ってたったの16kgだったのも、古本屋になって以来初めてですが、これは、日本では入手困難なもの、二度と入手が叶わないと思われるものに厳選した結果でもある……はずなのですがすが さて ?


■前置きが長くなりました。実は時差ボケで突然襲ってくる猛烈な眠気と戦いながらの作業になっており、ご紹介のためのリサーチにあたまが追いついていない証左でもあります。
いや待てよ。少なくとも小店HPを必ずチェックして下さっている方であれば自力で、私なんぞを遥かに凌ぎ重要な情報にたどり着いてしまわれるのに。つまりは悪あがきとしか思えない作業を延々続けているのだということに今になって気づきました。噫、もっと早く気がついていれば… 。
それはさておき。どちらも1920年代のチェコ・アヴァンギャルドを代表する潮流のひとつ「ポエティズム」に関わる書籍と見られます。

1点目は、『s lodi jez dovazi caja a kavu』(=『お茶とコーヒーを運ぶ船とともに』)。1920年代、チェコで独自の展開を見せていた前衛芸術運動「ポエティズム」に参加していたコンスタンティン・ビエブルの詩集で1928年に発行されました。
ご覧のような装丁ですので、一見して「ややや!これは!?」 と思うのは当然として、頁を開いて唸りました。後で調べてみると(もっとも海外の同業者の売文句ではありますが) この時代のチェコを代表する本のひとつとされているようです。
それも当然、やはり同グループに加わっていたカレル・タイゲが表紙、扉から1P大の挿画的なものまで、色面構成による視覚表現全てと、組版など書籍のトータルデザインを手掛けたもの。1頁大の図版5点、全体及び各章扉6点、全てモノクロとピンク色の2色で構成されており、図版部分はリトグラフのようにも見えます。中面極美。もちろんのこと、小店としては初めての扱いとなります。

■もう1冊はラインナップにブルノやヴィーチェスラフ・ネズヴァルの名前も並ぶ「EDICE OLYMP」と題された前衛芸術系の叢書の第6冊目として出版されたもので、E.F.ブリアンの詩集『IDIOTEON』。1926年に限定550部発行した内の1冊
E.F.ブリアン=エミル・フランチシェク・ブリアンはプラハの音楽院に進みながらダダと未来派の影響を受け、卒業後は主に演劇を主軸に活動。戦中はダッハウの収容所に収容されたり、客船に乗れば沈没したりしながら戦後まで永らえ、チェコの現代演劇に強い影響を与えたと云われます。がしかし、テキストが読めない限り、この本についていえば肝は全てこの表紙にあり ! ARCHITEKTA HALVACKA (アルヒテクチ・ハルヴァチェク?)による書籍設計はカレル・タイゲのようにはいかなかったようで中面は単調かつ少々泥臭い印象も。仕事が残り、名前が轟く作家にはちゃんとワケがあるのだなと、この2冊を並べてそんなことを思いました。

正真正銘買ってきた本はこの2冊だけ。時差ボケだし。午前3時を過ぎる頃にすっかり眠気は失せてしまうし。明日からの営業再開しても居眠りしてそうだし。正直、旅よりスリリングな日常がまた小店店主を待っているのでした。(いやでも つづく)

 

18/09/29 戸田正三 留学時代ノ絵葉書出現ス ! 日月堂店主 暫シ渡航ニ就キ …。


■詳細は先週の更新冒頭部分をご覧いただくとして、来週の資料会大市~1年ぶりの渡航~帰国直後の市場復帰で少々長めのお休みをいただきます。
本日9月29日(土)は通常営業。10月2日(火)と10月13日(土)は未定のため、ご来店に際しては必ずお電話で在席をご確認下さい。
9月30日(日)、10月1日(月)、10月3日(水)~12日(金)は休業となります。
複雑怪奇なスケジュールですが、どうかくれぐれもご注意下さい。
尚、旅の経過を、Facebook「古書 日月堂」とInstagram「nichigetsudo」で時々お知らせできるかも知れません。ご興味の向きにはフォローいただければ幸いです。
ここのところの気温の乱高下に体が追いつかず、この数日、少々体調不良でありまして、来週、資料会大市連日二日参戦の足で羽田? というのが我ながら信じがたくなってきております。いや、這ってでも行くんですけれどね。
にしても、寄る年波には勝てない。この言葉の意味を噛み締めながら今週の新着品のご紹介へとまいりましょう。ただいま深夜の1時45分。それでも意地で続けるようなことを「年寄りの冷や水」と云います。お陰さまで自覚だけはある。

絵葉書を絵柄で買ったのは先週の高橋春佳が久方ぶりのことで、近年はもっぱら渡航中の日本人が出した絵葉書専門となっております。入札する段階で どういう人だっか しかと分かるケースは稀で、落札した後、差出人・受取人の名前や年代、住所、渡航先や研究機関名などからどこのどなたの旧蔵品か確定していく、というのが通例。
なかには全く名前の残っていない人も居て当てがはずれることも間々あるので困ったものですが、今回は当たりだったようでほっと安心。
日本軍の歴史に興味のある人であれば知らないはずのない731部隊との関係が近年明らかになりつつある戸田正三が、大正2(1913)年・28歳~大正4(1915)年・30歳の頃、留学先のロンドン、パリ、ベルリン、上海などから兵庫県朝来郡中川村にあった夫人と思われる女性に宛てて投函した絵葉書73通を落手しました。
ポストカード専用のアルバムには、絵葉書の他、ロンドン大学生理化学研究室やボン大学、週末を過ごしたロンドン郊外で撮影したものなど、簡単ながら本人の手でメモ書きを加えた写真の貼り込みもあり、日本帰国後に本人が整理、大切にしていたものと見られます。

戸田正三は京都帝大卒後4年間の留学を経て、京都帝国大学衛生学教授に就任。出身大学を同じくする731部隊の石井四郎と親交があり、多くの軍医を731部隊に送り込んだほか、731部隊から現在の金額に換算して2億円を超える研究資金を受け取っていたとされています。また、1939年(昭和14)京都帝国大学内に興亜民族生活科学研究所が設立されると所長に就任、自身が731部隊の実験に携わったかどうかは不明とされていますが、満洲・中国に度々渡航、国策に積極的に協力した人物と見て間違いはありません。731部隊への人材派遣や資金流用については、NHKのドキュメンタリー番組の中でも詳しく取り上げられていたかと思います。
今回落手した絵葉書は留学や遊興に関する至って穏当な身辺報告が主な内容ではありますが、留学先での日本の同僚や友人の名前が比較的多く散見される他、遊興先に同行した日本人が加筆したものや、戸田の行く先々での風土・社会等への感想、芸術に対する理解や国家観をうかがわせるものもあり、戸田の交友関係や人物を探る上で何かしらのヒントを与えてくれるのではないか……? と思うのですが、なかなか読み辛い部類の手蹟と現段階ではたかだか数時間向き合った程度なものですので、そのあたりの保証については6~7割程度とお見積りいただければ幸いであります。

こちらは簡単に。芸艸堂の木版刷のテキスタイルデザイン集『染織大鑑 染之部』の一と三の2冊。大正3年の発行で片面刷で1冊につき見開き16面。図版にとったのは見開き縦位置で1面という変則的なとりかたをしたページで、横使いで3~4図を収めたページもあり、紙面構成は変則的。明治期の芸艸堂の図案集と比べると、むしろ少々大人しく保守的な図案のようにも見えますが、「籠目に罌粟」「櫻繋き青海波」など、組み合わせの妙やネーミングの冴えなど、芸艸堂の名に恥じないぬかりのなさであります。 







18/09/22 日本の図案二題 … 約20年を隔てた津田青楓と高橋春佳の作品

■今週は仕分けと出品2件に加え、パリから一時帰国していた知人と彼の地のアンティークショップに置いてもらえそうな商品を選び、これ以上望むべくもない方に時間を割いていただいて英仏文書翻訳整理の作業を一気呵成に片づけ、合間に新調の必要に迫られていたスーツケースを調達し …… と、ガチガチのスケジュールで少々疲労困憊。新着品はできるだけ説明不要なものを、点数も2点に絞ってのご案内です。

■あ ! お知らせがひとつ。10月3日(水)・4日(木)は資料会大市のためお休みをいただき、4日(木)は市場から帰宅するとその足で羽田にまわって5日(金)に日付が変わった直後、昨年7時間の足止めをくらったのと同じエミレーツ航空でドバイへ。さらにエミレーツを乗り継いでウィーンへと向かい、5日(金)から10日(水)をウィーンとプラハで過ごして11日(木)帰国。12日(金)には帰国早々市場二か所あって直ちに仕事に復帰する予定です。
長くなりましたが一体何が云いたいのかといいますと、要は10月3日(水)より少なくとも12日(金)までお休みをいただきます。ということでありまして、例によってご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦のほど お願い申し上げます。

高橋春佳の名前は、古書周辺の方たちより、絵葉書コレクターの間での方が圧倒的に有名。何しろ絵葉書ばかりか絵葉書の袋の図案もあまた手掛けたイラストレーターにしてグラフィックデザイナーであり、どうやらディズニーのキャラクターものから非水風のデザインまで、作風的にも非常に守備範囲の広い人だったようです。
今回入荷したのは全て未使用の年賀状9枚で京都の青旭堂が版元。 
ご参考まで、青旭堂さん=現在は京都・山口青旭堂さん=のウェブサイトでは、ギャラリーのページを設け「大正末期から昭和初期にかけて、山口青旭堂で製造しておりました製品を」紹介する中で、春佳の作品を紹介しています。アドレスはこの下。
http://seikyokudo.co.jp/gallery201804/

今回入荷した年賀状の春佳デザインは、ロシア・アヴァンギャルドとアール・デコとが相半ばするもので、大向こうから「これぞニッポンのモダニズム ! 」と声をかけたくなる出来、とでも云いましょうか。ミッ〇ーマ〇スのデザインにしても、キャラクターをいきいきと描いて達者な人という印象でしたが、今回のこのシリーズでその印象はますます強くなりました。
同じような分野で云えば小林かいち がすでに充分高値がつくようになった現在、それと比べて春佳の評価はまだまだ全然それほどではなく、かてて加えて作風の点でも守備範囲が広かった分 仕事の量も多かったようで、春佳もの、どこに転がっているか分からないというところを含め、いまからでも蒐め甲斐のある作家ではなかろーかと思います。

現代人にとっては少々読み辛い文字でタイトルとして『華紋譜 花之巻』と表紙に書かれておりますこちらはと云えば、明治32(1899)年に京都で発行された津田青楓による木版刷の図案集。和綴じ40ページに、48図を収めています。
津田青楓の図案集についてはこれまでも何度か扱ってきましたが、この作品集は関西美術院に入学し、浅井忠と鹿子木孟郎に日本画と洋画を師事しはじめた頃、フランス留学以前の作品であり、全体にまだまだ古臭くかつ生硬な印象はあるものの、中に時々フランスのアール・ヌーヴォーを思わせる優れた作品が現れ、その豊かな才能の片鱗をうかがわせています。

■今週はこの他、昭和45~50年頃に横浜方面で撮影された鉄道・路面電車の写真ベタ焼きファイル5冊大工仕事の基礎を図版で教えた明治期の和本類5冊が入荷。また、昨日店に入った大量の背革装の古い洋書については、目黒のアンティークショップに入れるべく値付けに入る予定。目黒に運び出す前に小店店頭でご覧になりたい方は、少々急ぎ気味にご来店いただければ幸いです。 

注意!!!  来月より「銀座 古書の市」の目録作成作業に入ります。現時点ですでに数か月お取り置きになっている商品で、今月中にお支払いが確認できない商品、もしくは今月中にお支払いの目途をお知らせいただけなかった商品についてはキャンセル扱いとし、目録への掲載或いは店頭へ再リリースさせていただくことがあります。予めご承知おきいただけますようお願い申し上げます。

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...